FC2ブログ
2020/09/21 Mon 09:15 野球
ブログのタイトルに尽きる昨日のMarinesとの試合…

あと1ストライクまで追い込みながら…もちろんそのプレーがなかった場合にどうなっていたのかは分かりませんが…

9回表2死1・2塁で代打:菅野に対して1-2から玉井が投じたチェンジアップ…ワンバウンド等の暴投ではなく単に真ん中低めのコースの球をまともにキャッチできず…

ミットから跳ねたボールを捕ったまではよかったがこのパスボールに反応した2人の走者の動きに翻弄され動揺。結果1塁に投じるもこれが暴投となって同点に…

ベンチに帰ってヘルメットを叩きつけて吠えてましたが…そう、清水さん。吠えたくなるのはこっちですよ。

腹立たしさというよりむしろ哀れみさえ感じる…指揮官なのかバッテリーコーチなのか、彼のためにも捕手を継続するかも含めて今後の彼のキャリアプランを本気で考えてあげた方がいいですよ。

それにしてもこの試合、清水の他に代わり映えのない「ダメダメ」ぶりが一堂に会して露呈しましたね…

3番手でマウンドに上がるも走者を背負って2ランを浴びた公文。その走者は相変わらずの拙守の石井のエラーで出塁。

先頭打者の代打:鳥谷にうまくヒットを打たれると一気に普通のサイドスローになり決勝点を奪われた鈴木健。

そして…初回こそ4連打で3点を奪うも、2回以降Eagles先発:美馬からあと一本が打てず8残塁の打線は相変わらずの日替わりメンバーでこの日は中田がお休みで西川がプロ入り初の4番。

初回こそ、タイムリーを放つもそれ以降はヒット出ず。またお休みの中田も8回にチャンスに代打で登場も遊飛で追加点は奪えず。

問題は何も解決されないまま、後半へのポイントとなる先週からの12戦は結局5勝7敗と負け越し…3位以下マジックも点灯して優勝はおろかCS進出もかなり絶望的な現状。

シーズンは80試合を終えて残り40試合…さぁ、もうお休みモードはよいでしょう。ここからはまさに残り40戦全勝を目指すべく出場メンバーも常にベストでガムシャラに勝ちにいかねば!

そもそも自力優勝消滅時に指揮官自ら「残り全部勝てばいいんでしょ?」と言ってたはず。

そうでないなら前述の「ダメダメ部隊」はいっそ降格さえ、ファームで結果を出している樋口や万波、北浦等のホープ達をどんどん使ってもらう方がマシです。



第80戦 千葉ロッテマリーンズ(9月20日 札幌ドーム)


  3-5(延長10回)  益田  鈴木健  沢村

                  佐藤

 鈴木健(-2)
 ルーキーにはあまりに重荷の場面ではあるがプロ初勝利のチャ
 ンスとも考え開き直って欲しかった…走者が出ると単なる不安
 定なサイドスローに成り下がっていては彼の存在価値はない…

 清水(-4)
 課題なのはもはや技術面ではなくメンタル面のケア/立て直し
 ではないか?リードだけでなく送球面でも無意識のうちに焦り
 が体の動きを御してしまっているのか?捕手として正念場に…



【マジック情報】

ソフトバンクロゴ   5位以上 M23 4位以上 M32 3位以上 M34
ロッテロゴ   5位以上 M24 4位以上 M33
楽天ロゴ 5位以上 M30
        
2位以上 M34

西武ロゴ   5位以上 M33
          2位以下 M32 3位以下 M34
日本ハムロゴ   2位以下 M32 3位以下 M33
オリックスロゴ   2位以下 M22 3位以下 M24 4位以下 M29
       
 5位以下 M32



スポンサーサイト



2020/09/20 Sun 08:44 野球
一昨日から昨日と旅行に行っていたため、一昨日からのMarines戦2試合まとめての投稿となります。

まずは一昨日の試合。久々の先発となったマルティネス、燃える男の気合が初回:先頭の角中に2ベースを打たれ暴発しそれが空回り過ぎたか初回から失点を許し、さらに3回には無駄な2四球も絡みさらに2点を失いここで降板…

一方、打線はそんなマルティネスの炎をいい形で点火させた!この日スタメンとなった清水→杉谷、そして松本と3連打で追撃開始、さらに近藤が同点タイムリー、そして大田に勝ち越しタイムリーで一挙5点を奪って試合をひっくり返した!

マルティネスの後を受けた加藤は走者を出しながら失点を許さず。そして翌4回裏、松本の2年ぶりの2ランでダメ押し!

加藤は3イニングを投げ、以降堀→玉井と走者を許しながらも無失点。そして最後はセーブシチュエーションではないなか宮西が投げパーフェクトリリーフで勝利です!

そして昨日の試合。Marines先発:石崎の制球が定まらない中、初回2四球と中田の犠飛でノーヒットで先制。

しかしあと一本…いやヒットは打てずようやく5回に初安打。そして翌6回に中田、渡邊の連打から杉谷がしっかり送り、ビヤヌエバはほぼ敬遠で1死満塁からこの日休養モードでスタメンから外れた大田が代打で登場!

ライト前への2点タイムリー(記録上、1点はマーティンのエラーですが)で貴重な追加点!

Fighters先発:有原は前回9失点の屈辱を魂で果たした!8回121球の力投で無失点で凌ぎ試合を作った!

で、この日はセーブシチュエーションで9回に登場した宮西…また失点を喫しましたが何とか抑えてゲームセット。

宮西はやはりクローザータイプではないような…とは言え玉井もやや調子を落としていて…残り試合での奇跡に向けてキーマンとなるのはファームで再調整中、順調に結果を出している秋吉になるのかもしれませんね。

さぁこれでチームは連勝で、先週からヤマ場と言われた上位チームとの4カードで初めて勝ち越しを決めました!

その4カードはここまで5勝6敗。せめてタイに持ち込み今後のかすかな希望に期待をつなぎましょう。

今日の先発はバギーではなく金子です!前回、同じMarines戦での5回途中での緊急降板の屈辱もある!そのリベンジ、しっかり果たしてくれるはずです!



第79戦 千葉ロッテマリーンズ(9月19日 札幌ドーム)


  3-1  有原  石崎  宮西

            なし

 有原(+4)
 三者凡退は3度のみ、走者も多く許すも結局は3塁を踏ませるこ
 と8回を121球で0封で流れは渡さず!前回3回途中9失点の屈
 辱を果たし5勝目!チーム唯一の規定投球回数越え、次は完投!

 大田(+3)
 前日の勝ち越しタイムリーに続き、この日は"休養日"ながら代打
 で登場し貴重なダメ押し2点タイムリーでチームの連勝に大きく
 貢献!13試合連安打で打率.299、あとはアーチをもっと欲しい!


第78戦 千葉ロッテマリーンズ(9月18日 札幌ドーム)

  7-3  加藤  中村稔  なし

            松本

 松本(+4)
 3回に追撃開始のタイムリー、そして4回には2年ぶりのダメ押
 し2ランと3打点の活躍!松本がヒットを打った試合は今季.786
 としっかり打線を繋ぐ!やはり彼を継続的に使い勢いを付けたい!

 加藤(-1)
 マルティネスの後、チームが逆転した後のマウンドへ。毎回走者
 は許しながらも3イニングを無失点に抑えシーソーゲームをしっ
 かり締めての白星!らしくない6奪三振は新たな境地が見えたか?



【マジック情報】

ソフトバンクロゴ  5位以上 M24 4位以上 M33 3位以上 M34
ロッテロゴ 5位以上 M26
楽天ロゴ 5位以上 M32
         2位以下 M34
日本ハムロゴ 2位以下 M33
西武ロゴ 5位以上 M35
        2位以下 M32 
3位以下 M35

オリックスロゴ 2位以下 M23 3位以下 M26 4位以下 M31
         5位以下 M34

2020/09/18 Fri 06:14 野球
昨日のHawksとの第3戦。

上原、東浜の両先発、奇しくも2人は沖縄県うるま市の出身とのことで、その2人が遠く離れた北海道で投げ合うっていうのも何とも言えぬところですね。そして地元の方も息を呑むような2人の投げ合いが見られました!

8回まで散発3安打で3塁を踏ませず無失点と快投を見せる上原。

一方、5度までスコアリングポジションに走者を許しながらあと一本を打たせぬ粘りの投球の東浜…裏を返せば相変わらずの拙攻のFighters打線。

そんな息のむ投手戦も9回、この日上原対策で1番に抜擢されここまで1安打1四球の川島がここでも先頭打者として四球を選ぶ。

で、続く中村晃は送りバントを試みるも失敗でバッティングに切り替え強めのサードゴロ、これをこの回から守備に入った石井がお家芸のエラー。明らかに併殺が取れていただけにこのワンプレーが明暗を分けた。

続くグラシアルがライト前へタイムリー、ここで2塁を狙ったグラシアルに対し2塁に送球した渡邊はそのグラシアルの背中にぶつけてその間に中村もホームに帰って万事休す。

その裏、中田に久々の一発が出るもそこまで…9回途中まで好投を見せた上原は投球内容もさることながら守備でも随所にファインプレーを見せるも打線が援護できなかった…

ってことでこのカードもまた負け越し…先週からの4カード、全カード勝ち越しはもちろんそれ以上の勝敗で逆襲を期するはずがここまでの3カード全て負け越して3勝6敗。

今日からのMarines戦、全勝でせめて五分に持っていかなければ完全に望みを絶たれる…今日先発は中継ぎ・クローザーで調整してきたマルティネス。

その気迫で自らの鼓舞はもちろん、打線にも気合を入れる投球を見せてくれ!



第77戦 福岡ソフトバンクホークス(9月17日 札幌ドーム)


  1-2  東浜  上原  

            中田

 石井(-4)
 同じ東京6大学で鎬を削った1年先輩の上原の脚を引っ張った
 元凶…9回の3塁への当たり、記録はヒットも明らかにエラー。
 どこを守っても必ずエラー…攻でも守でも成長は感じられず…

 渡邊(±0)
 自身から2年後のドラ1の上原を援護できず…守では9回の悪
 送球、打っても4タコで打率3割を切る…守備力は明らかに向
 上しているのは石井との違いも時折見られるポカの解消が課題。



【マジック情報】

ソフトバンクロゴ   5位以上 M25 4位以上 M34
ロッテロゴ   5位以上 M26
楽天ロゴ 5位以上 M33
西武ロゴ   5位以上 M35
          2位以下 M35
日本ハムロゴ   2位以下 M34
オリックスロゴ   2位以下 M24 3位以下 M26 4位以下 M32
       
 5位以下 M34



2020/09/17 Thu 06:46 野球
とうとう来るべき日を迎えました。自力優勝消滅です。

昨日のHawksとの第2戦。

初回から「拙守」です。先発:杉浦は四球病発症で先頭の周東を歩かせ、二盗を許した後中村を三振に打ち取りながらこれが暴投となり周東が一気に生還。ノーヒットで先制を許します。

Hawksの2点目も「拙守」。1死1塁から柳田の二ゴロで渡邊からの送球を平沼がエラー。この後タイムリーを打たれ失点。

それでも打線は2回に相手のミスも絡んで4安打を集めて3点を奪ってはいます。ただこのイニング以外は「残塁」の山…5回までは毎回先頭ランナーが出ながら、そして走者を出さなかったのは8回のみでありながら、あと一本が出ない拙攻で結局9残塁。

そしてここのところのトレンドの救援陣の「投壊」。ケガもあって2軍調整(したはず)から再昇格の公文が杉浦の後を受け7回登板。が、2安打1四球でただ満塁のピンチを作りに来ただけ。続く玉井はそのピンチを凌ぐことはできず押し出し、勝ち越しタイムリーを浴びこちらも崩壊。

宮西も前日2発被弾、そして玉井も崩壊…秋吉に続いて連鎖的に勝利の方程式が成り立っていない。そしてその予備軍は元々安定感・信頼感もなく…

ってことでこの日は逆転負けで、とうとう2位以下マジック36が点灯、Hawksにも4位以上マジック35が点灯でFightersの自力優勝消滅。

栗山監督曰く「残り試合全勝すりゃいい」とのこと…確かにその通り。その意気込みならばもう勝ちに拘る采配を見せて欲しい。

まずは打線の固定化…前日いい繋がりを見せていてもあっけなく入れ替える、いや壊しているとも見えている。

今日はどうなるのか、まぁ変わるでしょうね。そんな打線の援護にしっかり応えることができるのか、先発:上原と救援陣。

シーズン序盤とは逆にとりあえず点は取る打線に対し投手陣が好投で応えなければならない。

意地を見せろ、Fightersよ!



第76戦 福岡ソフトバンクホークス(9月16日 札幌ドーム)


  4-5  高橋礼  公文  

            なし

 公文(-2)
 復帰後初登板…しかし奪ったアウトは犠打のみ、実質アウトも
 取れず満塁のピンチを残し降板、敗戦投手となる。あの連続試
 合無敗記録も所詮数字だけ…そう言わざる得ない無残な内容。

 玉井(-4)
 1死満塁のピンチを受けマウンドへ…しかし押し出し四球に勝
 ち越し2点タイムリーを浴び試合を落とす…シーズン序盤の好
 調時に比べ明らかにキレがない…宮西共々崩壊してしまうか…



【マジック情報】

ソフトバンクロゴ   5位以上 M27 4位以上 M35
ロッテロゴ   5位以上 M28
西武ロゴ   5位以上 M36
          2位以下 M37
日本ハムロゴ   2位以下 M36
オリックスロゴ   2位以下 M26 3位以下 M28 4位以下 M35


2020/09/16 Wed 06:43 野球
昨日から首位Hawksとの対戦。私もチームを鼓舞すべく参戦!

スタメン! 

その初戦は上沢、そして相手は札幌ドーム負けなし7連勝中の超難敵:千賀。

ともに決して本調子とは言える内容ではなかったですが、そんな中でもMax159kmのストレートでねじ伏せる千賀に上沢も食らいついていった感がありました。

で、2回裏。平沼、清宮が連打、1死1・3塁で清水がスクイズをチラつかせながら四球を選び、西川がもう少しでグランドスラムになるフェンス直撃の2点タイムリー2ベースで先制です。

上沢はこの援護を受け3回から7回までノーヒット、うち4回から7回まではパーフェクトピッチングを見せた!

一方、打線は6回以外毎回走者を出すもあと一本が出ない展開、ちなみにこのゲームの残塁は11と相変わらずの拙攻…

8回マウンドにも両エースがあがり、上沢は走者を許すも後続を断ち結果無失点で133球の熱投!

一方、千賀に対し大田のヒット、平沼、清水が四球を選び、再び西川がライト前へタイムリー!結果148球を投げた千賀を攻略しました!

9回は宮西がマウンドへ…しかし先頭の柳田に「打った瞬間」の弾丸ライナーをスタンドイン(明らかに変化球にタイミングのあっていない柳田にストレートで勝負した清水のリードは不可解…)、さらに代打:川島にも初球をレフトスタンド中段へ運ばれあっという間に1点差…

最後は代打:松田を三振に仕留め難を逃れるも、やはりクローザーは向いてないのか?それとも慢性的な不調が続いているのか?

不調と言えば、この日4打席4三振の中田…全く千賀にはタイミングが合わず。ここ4試合で.打率118で打点1、ホームランはなし。ちょっと心配ではあります。

ってことでまずはこのカードの初戦をゲット!この日は上位3チームが破れ、3位:Eaglesとは1ゲーム差になりました!

ヒーロー 
勝利! 

当然、このカード3タテを目指すしかありません!今日の先発は杉浦。

とにかく四球を出さない、これだけです。主砲、そして守護神代理の不調もある中で多くの得点は望めず、そして如何に先発が長く投げるかがカギ。

采配もガムシャラに勝ちにこだわって欲しいです!



第75戦 福岡ソフトバンクホークス(9月15日 札幌ドーム)


  3-2  上沢  千賀  宮西

            柳田 川島

 上沢(+4)
 ストレート、変化球と序盤制御が効かない…1人当たり4.58球を
 要したようにおのずと球数も多い中でそれを逆に利用し狙い球を
 絞らせなかったのが奏功したか?いずれにせよ現状真のエース!

 西川(+3)
 二度の満塁のチャンスでいずれも結果を出し難敵&同級生の千賀
 攻略を果たした!打率も.311とリーグ5位に上がってきた!あと
 はいうまでもなく盗塁数も上げ奇跡に向けてチームを牽引するC!



【マジック情報】

ソフトバンクロゴ  5位以上 M28
ロッテロゴ 5位以上 M28
西武ロゴ 5位以上 M37
オリックスロゴ 2位以下 M27 3位以下 M28 4位以下 M34
         5位以下 M36