FC2ブログ
2020/02/28 Fri 06:04 カレー
2019年のGWも終わった翌週、穏やかな天気に恵まれた週末…私はあまり興味がないのですが嫁さん、娘たち、そして母親と庭いじり好きな皆様の心がうずく季節のようで、庭に植える花や野菜の苗を見たいとのこと。

で、3週前ほど前に上の娘と訪れた恵庭にある道の駅「花ロードえにわ」の苗コーナーが、いろんな野菜の苗があって素直に面白かったのでそれを伝えてやると興味津々!ぜひ見に行きたいとのことで皆連れ立って道の駅に向かいます。

札幌に近く元々が人気のある道の駅だけに駐車場も満車に近い状態、数分で何とか停めることができました。そして園芸コーナーもさすがに同じことを考える人が多く結構な混雑ぶり。

ただ在庫・ストックがかなり多いようで苗が急に売り切れるってことはなさそうなので、まずは先に昼食をとろうってことで道の駅の建物の中にある「フード工房 コンサバトリー」さんに向かいます。

2019年4月にリニューアルオープンしてカレー主体のメニューになりましたね。まだ時間が早いせいかフードコードはそんなに混んでいません。とりあえず6人分の席を確保して券売機へ。

色々とメニューがある中、今回は「ベーコン野菜カレー」を3辛、ライスはMサイズでオーダです(1,120+60=¥1,180)。

一気に6人分のカレーをオーダしたので15分ほどかかってオーダの品は登場となります。

花ロードえにわ フード工房 コンサバトリー 

ルーですがコクがある濃厚な味ですね。挽肉がふんだんに散りばめられていて多彩なトッピングの面々をしっかり統制してくれています。

3辛を注文しましたがほどよい辛さって感じでルーの味をしっかりと堪能できる辛さですね。

ライスは通常の白米になりますが地味に美味しいです!やはり若干固めの炊き加減となっているのは、カレーの味を引き立ててくれるためでしょうね。

トッピングは多彩です!ジャガイモ、ニンジン、ブロッコリー、玉ねぎ、カボチャとメニュー名通り、多くの野菜たちがそれぞれ素材の味が残しつつの絶妙な茹で加減で調理されています。

で、挽肉と大柄のベーコンが香ばしさとその肉汁の味でカレー全体を底上げしてくれていていい仕上がりです!

ってことで本気の拘りが伝わってくる味、気軽に足を運んで堪能しましょう!

★ 過去記事カレーなる旅<10> 花ロードえにわ フード工房 コンサバトリー
スポンサーサイト



2020/02/25 Tue 19:08 野球
久々の野球ネタになります。

2020年プロ野球シーズンはキャンプも終わりオープン戦も始まっていて、今週末は札幌ドームでも試合が予定されています。

コロナウィルスの猛威に対して開催がどうなるのか?一方で恒例の新応援歌の披露、今年は誰かとの興味もわきますね。

Fightersは派手さはないもののドラフト、助っ人と確実に即戦力と将来性の両面を鑑みた補強をしています。

昨年は7月まで首位に肉薄するも、8月に記録的な大失速で最終的にはCSにも出られずかろうじて5位。

栗山監督の続投はあるものの昨年に比べると補強としては派手さはない。

が、河野、バーへ―ゲンと言った即戦力による先発陣の補強、マルティネスの復活への期待、そして三塁にビアヌエバをGiantsから迎え、さらに清宮・王のリベンジも加味して打線の幅を拡げたい!

そんなシーズンを占うべく、例年通り今一度昨年を振り返ります。

今回も3回に渡り、毎試合このブログで私が勝手にポイントしていた最終結果を踏まえてを振り返ります!

1回目の今回はプラス・マイナス問わず登場回数が多かったプレイヤーたちです!

1位:大田、中田(23p)
3位:有原(20p)

4位:金子千(16p)
5位:加藤、清宮(12p)


7位:渡邊(11p)
8位:西川(10p) 9位:近藤、ロドリゲス(9p)

前年に比べ4人が入れ替わり。中でもマルティネス、上沢と言った投の両輪がケガでランク外ですからそりゃ先発陣も苦しかったわけで…

そんな中で1位を分け合ったのは中田・大田の打の両輪が前年の2・3位からランクアップ。

常連組ではありますが、果たしてその活躍ぶりは正直記憶に留まっているとは言い難い…相変わらずスランプの長い4番打者とまたも球宴前に離脱してしまった「最強の2番」。

今年は共に4番打者候補とも言われていて…いずれにせよ3割・30本・100打点のいずれか2つは満たしてほしいところですね。

3位は唯一、先発ローテの軸を守り初の最多勝を獲得した有原。瞬間湯沸かし器的な性格が克服されたのか投球の組み立てもクレバーさがあり安定感が増したね!今季はもちろん1ランク上の20勝を目指してほしい!

4位にはシリーズ中盤くらいからようやく持ち味を発揮し結果有原に次ぐ8勝を挙げた金子。そして5位の一人は金子同様、先発/中継ぎとフル回転もまだ安定感にかける加藤。

今年もショートスターター/オープナーを監督は使うようで…そこに活路を見出して欲しい2人になりますね。

5位のもう一方は清宮。彼もケガに泣かされた1人、高い素質に期待するのは言うまでもないが今季も若干出遅れが気になる…
交流戦くらいから本格化してほしいですねぇ…

7位は渡邊。セカンドのポジションを手中にしたと言っていいでしょう。打率2割6分、本塁打11本…ドラ1の彼への期待はまだまだ高みを目指して欲しい。

8位には今年も西川。やはり3割には届かずまずはこれを目標にしてほしい。するとおのずと激減の盗塁数もアップするはず。あとはホームラン10本欲しいなぁ。

9位には今年も近藤、そしてようやく顔を見せてくれたロドリゲス。ロドリゲスも金子・加藤同様、栗山戦術にはなくてはならない駒の1人ですね。そして近藤…宿敵:秋山がメジャーに行きいよいよ首位打者のチャンス到来!4割目指して首位打者奪取へ!

ってことで次回はチームへの貢献度にそのまま繋がるポイント上位のベストメンバーを紹介します!
2020/02/24 Mon 20:44 競馬
すいません、ギックリ腰をやってしまい昨日投稿予定が遅れてしまっております。

既に結果は出ておりますがお許しを…

ってことで今年JRA最初のGⅠ:フェブラリーSが行われます。

昨年のチャンピオンズカップのワンツー、クリソベリルとゴールドドリームが29日に行われるサウジカップに出走で主役不在、混戦の感ありのメンバー。

ちなみにこのサウジカップは1着賞金が約11億円と世界最高額…当然招待されればそちらへの出走を考えますよね。

来年以降も日程が被るのであれば数少ないダートGⅠ:フェブラリーSのメンバーも寂しくなる可能性も…何かしら策を講じないといけないかもしれませんね。

それはともかく早速、今回も「血統で金」ってことで、予想馬場は「良」想定での評価で行ってみます!
(馬名の後の過去内の馬名は種牡馬、続く丸数字は出走馬中の種牡馬ランキング)

◎ インティ(ケイムホーム④)
○ アルクトス(アドマイヤオーラ②)
▲ サンライズノヴァ(ゴールドアリュール③)
△ ノンコノユメ(トワイニング①)
△ ワンダーリーデル(スタチューオブリバティ⑤)

16頭の出走メンバーも実績種牡馬はトワイニング、アドマイヤオーラ、ゴールドアリュール、ケイムホームにスタチューオブリバティとなかなかバラエティに富んでますね!

これらの産駒を見ると、一昨年のノンコノユメ、昨年のインティとこのレースの覇者がいて、アルクトスはこのコース4戦4勝、ワンダーリーデルは昨年の武蔵野S勝ち、そしてゴールドアリュールはサウジに出走の2頭の父でもあります。

なのでどちらかというと今回のメンバー自身の実績がこのランキングにも反映されている感じで…ってことでこれら産駒の実績を鑑みて印付け。

ただどの馬にもチャンスがありそうですが安定感・確実性でインティ、アルクトスの印を重くしています。

ちなみに1番人気のモズアスコットはダート2戦目でもあり、父Frankel産駒の出走履歴がなく不明…

距離がどうかというのがありますが、終わってみたらやっぱりかっていう可能性もありますが、果たして如何に?
 
 
で、2/16までの結果です!

● 東京第1回5~6日、京都第2回5~6日、小倉第1回9~10日
   地方(佐賀)
 
第47回佐賀記念奈村睦弘さん1着ナムラカメタロー
Jpn3佐賀D2000m2着ロードゴラッソ
ラインカリーナ3着ノーヴァレンダ
10ナムラカメタロー単勝10320円
ノーヴァレンダ3連複3‐8‐10610円馬連3-10330円
3連単10‐3‐82,840円馬単10→3670円
 
 
洛陽ステークス<L>G1レーシング1着ヴァルディゼール
京都芝1600m2着カリビアンゴールド
13カリビアンゴールド3着アストラエンブレム
サトノフェイバー単勝510円
ヴァルディゼール3連複7‐9‐136,080円馬連7-131,230円
3連単7‐13‐925,520円馬単7→132,460円
 
 
第55回クイーンカップ金子真人ホールディングス1着ミヤマザクラ
G3東京芝1600m2着マジックキャッスル
12ホウオウピースフル3着セイウンヴィーナス
マジックキャッスル単勝380円
ミヤマザクラ3連複1‐5‐939,360円馬連1-9960円
3連単1‐9‐5119,180円馬単1→91,700円
 
 
バレンタインステークス西森功さん1着ショーム
OP東京D1400m2着イーグルバローズ
16ブルベアイリーデ3着ベストマッチョ
ショーム単勝670円
ラプタス3連複5‐8‐1550,760円馬連5-88,410円
3連単8‐5‐15291,930円馬単8→514,190円
 
 
北九州短距離ステークスカナヤマホールディングス1着シヴァージ
OP小倉芝1200m2着メイショウキョウジ
14ジョーカナチャン3着イエローマリンバ
11アンヴァル単勝280円
シヴァージ3連複8‐10‐1616,070円馬連8-101,000円
3連単8‐10‐1648,820円馬単8→101,480円
 
 
第113回京都記念サンデーレーシング1着クロノジェネシス
G2京都芝2200m2着カレンブーケドール
ノーブルマーズ3着ステイフーリッシュ
カレンブーケドール単勝270円
クロノジェネシス3連複1‐5‐7400円馬連1-7400円
3連単7‐1‐51,770円馬単7→1780円
 
 
第54回共同通信杯ゴドルフィン1着ダーリントンホール
G3東京芝1800m2着ビターエンダー
マイラプソディ3着フィリオアレグロ
ダーリントンホール単勝600円
ビターエンダー3連複2‐6‐72,460円馬連2-62,580円
3連単6‐2‐716,600円馬単6→24,540円
 
 【ここまでの成績】

● 的中率:38レース/25レース=65.8%

● 回収率:72,200円/55,280円
=76.6%
2020/02/18 Tue 07:43 ラーメン
娘2人が御贔屓のアーティストのグッズを購入するため、向かったのはさっぽろ創生スクエア。

北1条通りと創成川通りの交差点に昨年完成し、地下鉄大通駅と地下歩道で直結、「水曜どうでしょう」等でお馴染みの某放送局やその親の新聞社といったオフィス、さらには札幌市図書・情報館等も入っているビルになります。

で、私と嫁さんはこの2人とともにお出掛け。車をビル駐車場に停め、娘たちがグッズ販売している間を使っての目的がありました。

1つはビル内にある札幌市図書・情報館、そしてもう1つはこのビルの近くにある人気ラーメン店への訪問です。

そのお店は「Q」さん。食べログやラーメン雑誌等で常に高評価を受け、それこそ前述の某局でやっているチームNの番組では中央区の№1ラーメン天にも選ばれた人気店。

札幌市内で上位にランキングされるお店はほぼ制覇していましたがこの店だけは行ってませんでした。

店の駐車場がないこと、日曜日がお休み、土曜も昼間しかやってなく、かつ行列がザラであること等々。

で、やっと訪問の機会を得ての来店、場所は時計台の北東側、北2条通り沿いのビルの地下にあります。

この日はちょうど開店直後の訪問、行列はなくすんなり入店できましたが、残りの席はわずか。
その後次々と来店したお客さんは待ち行列を作ります。さすがの人気ぶり。

店内はカウンター席とおしゃれなガラステーブルの席で、どちらかと言えば夜のBar営業モードの装いですね。

さてオーダですがここはウリの2トップをチョイス!自分は「白湯チャーシュー」(¥1,250)、嫁さんは清湯を分担。

混んでるせいもあり10分程で登場!

Japanese Ramen Noodle Lab Q(その2) 

スープはその名の通り、見た目は白濁。その味は最初コンソメ風の様相なのですが、これを混ぜると途端にクリームポタージュ風味に様変わりします。

いずれにしてもコクと旨みたっぷりでさすがに人気となるのはわかる美味さ!

麺は中太の平打ちストレート麺です。ストレートながらスープに溶け込み、スープパスタのような食感で美味いです。

茹で加減もギリギリの柔さです。

トッピングはチンゲン菜、ネギ、白湯とは絶妙の相性の玉ねぎ微塵切りがスープの底から出てきます!

糸唐辛子に丼上の右からロース、肩ロース、モモ肉、ササミと多彩なチャーシューがそれぞれの味を楽しませてくれますね!

ってことでマスコミの露出も多いお店、その注目ぶり、人気ぶりも頷ける味!

ちなみにこちらは嫁さんのオーダした清湯。

Japanese Ramen Noodle Lab Q(その1) 

今度は他の多彩なメニューにもぜひチャレンジしたい!開店直後が狙い!

 Japanese Ramen Noodle Lab Q
 札幌市中央区北1条西2丁目1-3 りんどうビル B1F
 ☎:050-5594-9594
 営業時間:〔月~土〕11:00~15:00/〔月~水〕17:00~19:30
 定休日:日曜
 
 URL:www.facebook.com/ramenQ2014/


大きい地図・ルート検索  ( powered by ゼンリン地図 いつもNAVI )
2020/02/16 Sun 17:36 競馬
さぁ今週の重賞、京都では113回を迎える伝統の京都記念、そして東京では3歳重賞、牝馬のクイーンカップと共同通信杯が行われます。

この中で今回取り上げるのはクイーンカップ。

55回と伝統あるレース、しかし夏にはクイーンステークスもあり、クラシックのトライアルでもなくちょっと地味…

ちなみに「クイーン」と名のつく重賞、2019年に開催されたのは地方も合わせると…
  • デイリー杯クイーンC(G3・東京)
  • クイーンS(G3・札幌)
  • クイーン賞(Jpn3・船橋)
  • 東海クイーンC(SP1・名古屋)
  • ノースクイーンC(H2・門別)
  • クイーンC(SP3・笠松)
  • 兵庫クイーンC(重賞・園田)
  • 兵庫サマークイーン賞(重賞・園田)
と8レースもあり、しかも「カップ」が5つもあるんですから、何か紛らわしいというか馴染みにくいというか…

ですが、昨年は秋華賞馬のクロノジェネシスがこのレースを制していて、ひょっとしてクラシックにつながっているレースかも?

ってことで今週は先週の牡馬クラシック路線に続き、牝馬クラシック路線で3歳の春の重賞(桜花賞の前まで、アネモネSも含む。なおフェアリーSについては現日程・距離になった2009年以降を対象)について過去20年のクラシックホース46頭について調べてみる(複数レースに出走していた場合はそれぞれでカウント)と…
  • 18頭:チューリップ賞
  • 9頭:未出走
  • 7頭:フラワーカップ
  • 6頭:フィリーズレビュー
  • 5頭:シンザン記念
  • 4頭:クイーンカップ
  • 2頭:アネモネS
  • 0頭:フェアリーS
やはり桜花賞トライアルのチューリップ賞が圧倒的に多いですね。しかも該当18頭中15頭が春の初戦であり、牡馬の弥生賞やスプリングS同様、基本的には2歳時に賞金を稼いだ馬が一叩きしてクラシックに臨むという「王道」が数字に表れています。

続いて未出走の馬が9頭…全てはオークス馬か秋華賞馬。秋華賞はともかくオークスも春の重賞路線に乗っていなくても間に合うってことなんですね。ちなみに昨年のラヴズオンリーユーもそうでした。

で、クラシックトライアルのフィリーズレビューを凌いで7頭のフラワーカップ!かつて2002年から7年間で勝ち馬5頭がクラシック馬になる登竜門でしたが、ここのところはパッタリ…逆に12着だったヴィブロスが2016年に秋華賞を制すなんて言うのもありました。

以外なのがシンザン記念。数は少ないもののアーモンドアイやジェンティルドンナの3冠馬やダイワスカーレットと言った名牝を生み出しています。

で、クイーンカップはやはり少なく4頭。そして想定通りアネモネSは2頭と少なく、フェアリーSに至っては0ですか…

ってことでこの芳しくない評判を昨年に続き覆したい今年。果たしてどうなりましょうか?
 
 
で、2/9までの結果です!

● 東京第1回3~4日、京都第2回3~4日、小倉第1回7~8日
 
 
エルフィンステークス<L>ノルマンディー・サラブレッド・レーシング1着デアリングタクト
京都芝1600m2着ライティア
ライティア3着スマートリアン
10ファーストフォリオ単勝480円
リネンファッション3連複2‐7‐83,080円馬連2-81,300円
3連単8‐2‐715,880円馬単8→22,550円
 
 
アルデバランステークスロードホースクラブ1着ロードレガリス
OP京都D1900m2着スワーヴアラミス
ロードレガリス3着プレスジャーニー
スワーヴアラミス単勝180円
ジョーダンキング3連複4‐5‐61,970円馬連5-6250円
3連単6‐5‐44,450円馬単6→5360円
 
 
第60回きさらぎ賞前田幸治さん1着コルテジア
G3京都芝1800m2着ストーンリッジ
アルジャンナ3着アルジャンナ
ストーンリッジ単勝2,980円
サトノゴールド3連複1‐7‐82,940円馬連1-77,350円
3連単1‐7‐853,680円馬単1→79,400円
 
  
第70回東京新聞杯シルク1着プリモシーン
G3東京芝1600m2着シャドウディーヴァ
レッドヴェイロン3着クリノガウディー
プリモシーン単勝780円
サトノアーサー3連複1‐12‐1319,730円馬連1-127,270円
3連単1‐12‐13125,560円馬単1→1212,920円
 
 【ここまでの成績】

● 的中率:31レース/18レース=58.1%

● 回収率:58,900円/40,060円
=68.0%