FC2ブログ
2020/01/19 Sun 22:21 競馬
先週の3日間開催を経て、今週は土日2日間の通常開催。

で、京都のメインは日経新春杯。今年最初のGⅡレースとなりますね。西日本の長距離重賞では唯一のハンディ戦でもあります。
 
で、そんな日経新春杯、今年も49kg~56kgと最大7kgの斤量差がありますが、果たしてGⅡとしての「格」を有しているのか、過去10年の実績を見てみました。

即ちその年の1~3着馬がその後同年の長距離GⅠ(2000m以上)で如何に結果を出しているのか…

ちなみに昨年の勝ち馬:グローリーヴェイズはその後天皇賞(春)にて2着、そして年末の香港ヴァーズにて見事GⅠ制覇を果たしました!

が…実は日経新春杯の勝ち馬が同年の長距離GⅠで連対を果たしたのは実にメイショウベルーガがエリザベス女王杯2着以来9年ぶり…

結局このレースがGⅡとなった1986年以降の勝ち馬は国内長距離GⅠで勝ったことはなく…ちなみに国内GⅠ全体でも1987年に安田記念を勝ったフレッシュボイスのみですし、海外GⅠだと2001年に香港ヴァーズを勝ったステイゴールドのみ。

日経新春杯2着馬だと2011年にヒルノダムールが天皇賞(春)を制したのみ、3着馬に至ってはGⅠ3着すらない…

こう見ると正直GⅡの格付けには疑問符が立つところでありますが、実は勝ち馬を見るとメジロブライト、ステイゴールド、ルーラーシップ、ミッキーロケット等のGⅠ馬も名を連ねていて、このレースに勝った翌年以降にGⅠを制しているケースが多い…

ってことはどちらかと言えば先物買い的に勝ち馬を追っかけるのがよいのかもしれませんね。

さぁ今年は如何に?
 
 
で、1/13までの結果です!
 
● 中山第1回3~5日、京都第1回3~5日
 
 
中山新春ジャンプステークス吉田昌久さん1着スプリングボックス
OP中山D3200m2着トゥルーハート
10トゥルーハート3着シゲルピーマン
アグリッパーバイオ単勝11700円
12トーヨーピース3連複9‐10‐115,110円馬連10-111,060円
3連単11‐10‐924,220円馬単11→102,440円
 
 
淀短距離ステークス中西浩一さん1着アイラブテーラー
京都芝1200m2着ジョーカナチャン
12アイラブテーラー3着カラクレナイ
10カラクレナイ単勝12200円
ハッピーアワー3連複10‐12‐1315,080円馬連12-136,440円
3連単12‐13‐1060,740円馬単12→138,250円
 
 
ポルックスステークスNICKS1着スワーヴアラミス
OP京都芝1200m2着ハヤヤッコ
11デアフルーグ3着ナムラアラシ
10コスモカナディアン単勝260円
スワーヴアラミス3連複4‐5‐1334,720円馬連4-5760円
3連単5‐4‐13119,040円馬単5→41,280円
 
 
第53回シンザン記念キャロットファーム1着サンクテュエール
G3京都芝1600m2着プリンスリターン
ルーツドール3着コルテジア
サンクテュエール単勝420円
タガノビューティー3連複1‐3‐623,390円馬連1-63,190円
3連単1‐6‐3103,880円馬単1→64,660円
 
 
第36回フェアリーステークス岡田繁幸さん1着スマイルカナ
G3中山芝1600m2着チェーンオブラブ
10シャインガーネット3着ボレンティア
11アヌラーダブラ単勝840円
ポレンティア3連複1‐5‐815,040円馬連1-84,510円
3連単1‐8‐593,230円馬単1→88,320円
 
 
すばるステークス<L>ダノックス1着ダノンフェイス
京都D1400m2着テーオーヘリオス
12スマートアヴァロン3着スマートアヴァロン
ブルベアイリーデ単勝11590円
13スズカコーズライン3連複10‐11‐1230,310円馬連10-1121,230円
3連単11‐10‐12176,940円馬単11→1030,520円
 
 【ここまでの成績】

● 的中率:11レース/8レース=72.7%

● 回収率:20,900円/30,580円
=146.3%
2020/01/13 Mon 14:34 競馬
2020年の中央競馬も1/5の東西金杯で始まりました!

西の京都金杯は3番人気のサウンドキアラが終始好位から追い込んでの勝利の重賞初制覇!

東の中山金杯は2番人気のトリオンフが先行逃げ切りの勝利!乗り替わりの鞍上:デムーロは昨年色々あって勝ち星も伸び悩みましたが、今年最初の重賞で幸先の良い勝利!個人的には頑張ってほしい騎手の1人です。

で、トリオンフの母父はダンスインザダーク。奇しくも1/2に27歳で亡くなりましたね…こういうことがあるのが競馬の1つのロマンですね。

さて今年の競馬界。いくつか特筆すべきポイントを羅列(wikipedia参考)しますと…
  1. 京都競馬場リニューアル工事のため2020年秋~2023年春まで開催休止
    (エ女杯、マイルCSは阪神で施行)
  2. 東京五輪マラソン開催のため函館・札幌開催が変則日程
    (札幌3週⇒函館6週⇒札幌4週)
  3. 札幌開催、念願の開催日増(6週⇒7週で2日増)
  4. 2016年以来、4年ぶりに有馬記念が締め括りのGⅠ返り咲き
  5. 富士ステークスがGII格上げ
  6. 弥生賞の競走名が46年ぶりに馬名が入る「弥生賞ディープインパクト記念」に改称。
  7. ローズステークス(GII)・神戸新聞杯(GII)が中京競馬場で開催
  8. JBC3競走は大井で開催、そして2歳レースが新設しJBC2歳優駿(GⅢ)として門別で開催
 個人的には3の札幌開催が1周増えるのが嬉しい一方、8の門別のJBCはGⅢ格付けなのが残念…

 それから6のレース名変更、弥生賞の本賞として名前は残してほしかったなぁ…だって「報知杯弥生賞ディープインパクト記念」ってレース名が3つ入っているみたいで…「ディープインパクト記念報知杯弥生賞」ではだめだったの?
 
 
で、1/6までの結果です!
 
● 中山第1回1~2日、京都第1回1~2日
 
 
第69回中山金杯桑田牧場1着トリオンフ
G3中山芝2000m2着ウインイクシード
17ザダル3着テリトーリアル
クレッシェンドラヴ単勝430円
トリオンフ3連複1‐7‐828,440円馬連7-82,550円
3連単7‐8‐1107,910円馬単7→83,990円
 
 
第58回京都金杯増田雄一さん1着サウンドキアラ
G3京都芝1600m2着ダイアトニック
18ソーグリッタリング3着ボンセルヴィーソ
サウンドキアラ単勝550円
13カテドラル3連複3‐6‐721,910円馬連3-61,260円
3連単3‐6‐783,460円馬単3→62,370円
 
 
ジュニアカップ<L>キャロットファーム1着サクセッション
中山芝1600m2着ハーモニーマゼラン
サクセッション3着サクラトゥジュール
サクラトゥジュール単勝240円
ハーモニーマゼラン3連複6‐8‐92,060円馬連6-81,980円
3連単6‐8‐910,920円馬単6→83,160円
 
 
カーバンクルステークス山本英俊さん1着ライラックカラー
OP中山芝1200m2着ペイシャフェリシタ
ペイシャフェリシタ3着レジーナフォルテ
10ライラックカラー単勝10320円
レジーナフォルテ3連複3‐8‐101,470円馬連8-10800円
3連単10‐8‐36,100円馬単10→81,360円
 
 
万葉ステークス八木良司さん1着タガノディアマンテ
OP京都芝3000m2着タイセイモナーク
15タガノディアマンテ3着レノヴァール
13レイホーロマンス単勝15310円
11プリンスオブペスカ3連複3‐5‐156,860円馬連5-151,860円
3連単15‐5‐327,270円馬単15→52,850円
 
 【ここまでの成績】

● 的中率:5レース/5レース=100.0%

● 回収率:9,500円/29,700円
=312.6%
2020/01/05 Sun 18:24 競馬
あけましておめでとうございます!

2020年も昨年同様、ラーメン、野球、競馬などなど好きなように書いていきますのでお時間があればよろしくお願いします。

さぁ今年最初は2019年の競馬の総括となりますが年の最後の週末に行われた2つのGⅠ。

まずは2歳中距離王者決定戦のホープフルステークス。

前走東スポ杯2歳Sをレコード勝ちしたコントレイルが単勝2.0倍で1番人気。続いて重馬場のアイビーSを上がり33.2の脚で快勝したワーケアが3.7倍で2番人気と2強ムードの様相。

で、レースですがパンサラッサ、ラインベック、ブルーミングスカイがレースを引っ張り前半1000mは60.9と予想通りのスローペース。

これに業を煮やしたのかコントレイルは3コーナー辺りから前に出し4コーナーでは2番手、そして直線を向いて先頭に立ちます。

他の先頭集団が一杯となる中で中段から3番人気のヴェルトライゼンデがいい伸び脚で抜け出し、さらに外からようやくワーケアが伸びてきた!

が、メンバー最速タイの上がりを出したコントレイルには追い付けず1馬身半差がついての快勝!

2着にヴェルトライゼンデ、3着にワーケア。レースを作ったラインベックが4着に逃げ粘ったのは評価できますね!

そして翌日は大井で冬のダート王決定戦:東京大賞典!

この時期に連日競馬を生で見れるっていうのは北海道のファンからすると本当にうらやましい!

で、人気は前年の1~3着の3強、オメガパフューム、ゴールドドリーム、ケイティブレイブに集まり1番人気はゴールド、2番人気がオメガ、3番人気がケイティとなりました。

前半3Fが36.5とこの距離にしてはかなりのハイペース!そのペースを作ったのはアポロテネシー、ロンドンタウン、そしてケイティにゴールドの中央勢。

どちらかといえば3強のうちの2頭はこのハイペースに惑わされてしまったか…先行有利の大井でもさすがに直線を向くと伸びる脚はなかったか…

で、このコースのGⅠ2勝のオメガは鞍上のデムーロの判断もよかったか、この2頭を尻目に直線一気に突き抜けた!

さらに地方勢の雄、ノンコノユメとモジアナフレイバーが一気に直線伸び脚を見せ、結局この3頭での決着となりました!

地方勢が連に絡んだのは2010年(フリオーソ2着)以来、9年ぶり!また上位3頭のうち地方勢が2頭占めたのは2001年(トーホウエンペラー1着、トーシンブリザード3着)以来18年ぶりと、いずれも快挙となりました!

さぁ2019年最後の血統予想ですが…

ホープフルステークスは◎1着、○は検討空しく4着でまぁ面目は保ったというところですかね。

また東京大賞典は◎▲で的中!馬連で40倍以上付きましたか胸を張っていいですよね!

さぁ2019年の競馬も終わりました。年間トータルの的中率・回収率を見てみましょう…

  2019競馬総括 

的中率はほぼ横ばいも回収率が前年比で17ptの増加!宣言した70%超えはわずかにならぬも5年ぶりにいい数字を出しました!

このコーナーでの予想も回収率100%を超えたのが52週のうち8週と前年よりは2週しか増えていないのですが…回収率0の週はなく全体的に底上げなった結果と言えましょうか?

実際に万馬券ゲットしたのもわずか2回とこれではトホホですが…今年盛り返した背景には手前味噌になりますが血統予想の成果もあります!たまに炸裂する単穴ゲットが大きいですね!

ってことで今年の回収率目標は現実を帯びての70%と行きたいですね!
 
 
で、12/29までの結果です!

● 中山第5回9~10日、阪神第5回9~10日
   地方(大井、園田)
 
第19回兵庫ゴールドトロフィーゴドルフィン1着デュープロセス
Jpn3園田D1400m2着イルティモーネ
デュープロセス3着サクラレグナム
ノボバカラ単勝200円
ナチュラリー3連複3‐7‐924,950円馬連3-78,170円
3連単3‐7‐992,890円馬単3→78,900円
 
 
第36回ホープフルステークス前田晋二さん1着コントレイル
G1中山芝2000m2着ヴェルトライゼンデ
ヴェルトライゼンデ3着ワーケア
コントレイル単勝200円
ブラックホール3連複2‐5‐7580円馬連2-5810円
3連単2‐5‐72,760円馬単2→51,170円
 
 
ベテルギウスステークス<L>ゴドルフィン1着ワイルドカード
阪神D1800m2着スマハマ
10スマハマ3着デザートスネーク
12メイプルブラザー単勝490円
ワイルドカード3連複7‐9‐103,430円馬連7-10550円
3連単7‐10‐916,570円馬単7→101,380円
 
  
第65回東京大賞典原禮子さん1着オメガパフューム
G1大井D2000m2着ノンコノユメ
12ゴールドドリーム3着モジアナフレイバー
オメガパフューム単勝280円
ケイティブレイブ3連複5‐9‐107,550円馬連9-104,100円
3連単9‐10‐538,690円馬単9→105,240円
 
 【ここまでの成績】

● 的中率:323レース/185レース=57.3%

● 回収率:613,700円/416,060円
=67.8%

2019/12/30 Mon 10:50 競馬
先週は年末を飾るにふさわしい3つのGⅠが行われました!

いずれのレースも1番人気が1~2倍台と人気が被りました…が、結果的にはこの3頭揃って着外に沈む波乱の結果となりました…

まずは川崎で行われた2歳ダート王決定戦の全日本2歳優駿。

1馬人気はメイショウテンスイで2.5倍、2番人気はテイエムサウスダンで3.0倍といずれもJRA勢。このレースに関しては前走の兵庫ジュニアグランプリの1・2着馬の2強ムード。

前半3Fが35.6と芝並みのペースの中でこの2頭も前に付いて行きましたが、どちらかと言えば差しタイプの2頭にはこのペースはきつかったが4角待たずに失速…

終始先頭に立ちレースを作ったJRAのアイオライトが逃げ切りを図るところ、4角手前から前に付けていた川崎のヴァケーションが一気に差しての勝利!

3着にはこれも後方一気の浦和のティーズタンクが入り、3連複は万馬券の波乱となりました!

続いて中央の障害No1決定戦、伝統の中山大障害。

1番人気は2.4倍のシンキングダンサー、鞍上の石神騎手にはレース4連覇もかかっていました!

シンキングダンサーは終始前々、2番手グループに付け理想的な展開のように見えていました…で、4角を向いて前から3頭目、上がりも結果的には他の上位馬と変わらぬレース1番のタイムなのですが…メイショウダッサイに抜かれて結果4着と不可解ですね…

勝ったのは同じく終始前にいた2番人気のシングンマイケル、2着にも前々で運んだブライトクォーツが入り馬連が50倍を超える高配当となりました!

そして有馬記念。こちらはアーモンドアイが1.5倍とまさに一本被り!

レースは逃げ必至と思われたキセキがスタートで出遅れ、アエロリット、クロスコミア、スティッフェリオが引っ張り前半1000mが1分を切るハイペース!

このペースでさすがに2500mを逃げ切るのはなかなか難しく4角手前でクロスコミアが失速、そして直線を向いた他の2頭も垂れて…

アーモンドアイは4番手に付け、そしてこのハイペースを見越していたかのように後方待機していた2~4番人気のリスグラシュー、サートゥルナーリア、ワールドプレミアが前へ!

上位人気馬の力勝負…かと思われましたがアーモンドアイには伸びる脚はなく、逆にリスグラシューは一気に突き抜け独走!

結局2着以下に5馬身差を付けての圧勝!レーン騎手の好騎乗も光りました!

2着のサートゥルナーリアは持ち前の切れる脚が炸裂!スミヨン騎手は天皇賞の雪辱を果たしましたが、どうもこの馬、右回り向きなのでしょうね。

3着にはワールドプレミア、得意の長いいい脚は中山競馬場でも発揮!菊花賞馬の実力は来春の盾で開花しそう!

4・5着にはフィエールマン、キセキの凱旋門賞組。特に出遅れながらここまで持ってきたキセキの力は健在!ムーア騎手の腕はもちろん評価されますが出遅れていなければの悔いもあります。

そしてアーモンドアイ…このハイペースに一番戸惑ったのはこの馬だったのでしょうか、終始一生懸命走り通しての失速。中山競馬場も合わないのかもしれませんね。

ということで、荒れた3つのレース。血統予想はと言いますと…

全日本2歳優駿では○にした9番人気のティーズダンクが3着に入りました。複勝で1,160円つきましたから大いに成果ありと言っていいですよね!

中山大障害は論外^^;で、有馬記念は2着馬こそ入っていませんが◎が1着、○が3着。単勝で670円、ワイドで1,450円ですからこちらも的中の部類で…

さぁ、いよいよ残すところ今年のGⅠも2つとなりました!

2歳長距離王決定戦のホープフルステークス、そして今年度の秋のダート3冠を締めくくる東京大賞典!

既にいずれもレースは終わってますが…^^;今週こそビシッとGetします!

今回はホープフルSは「良」、東京大賞典は「重馬場」想定での評価で行ってみます!
(馬名の後の過去内の馬名は種牡馬、続く丸数字は出走馬中の種牡馬ランキング)

〔ホープフルステークス〕
◎ コントレイル(ディープインパクト②)
○ ラインベック(ディープインパクト②)
▲ ブルーミングスカイ(ディープインパクト②)
△ パンサラッサ(ロードカナロア①)

13頭の出走メンバーも実績種牡馬はディープとかロードカナロア2頭のみで該当馬4頭に印。

◎は前走の東スポ2歳Sが圧巻のレコード勝ち。本番でも断トツの一番人気ながら逆らえないですね。

○はアパパネを母に持つ超良血馬。前走は◎に差を付けられての3着もレースレベルの高さから相手に指名。

▲△は残りの2頭にとりあえず印を打っておきますが◎○とは力の差はありますね…

〔東京大賞典〕
◎ オメガパフューム(スウェプトオーヴァーボード①)
○ ケイティブレイブ(アドマイヤマックス②)
▲ ノンコノユメ(トワイニング③)
△ ゴールドドリーム(ゴールドアリュール④)
△ ロンドンタウン(カネヒキリ⑤)

中央勢3頭に人気集中、今回の対象馬にもこれらの馬が含まれています。

とりあえず種牡馬のランキング通りに今回は印を打ちましたが、イコール、大井2000mGⅠの彼らの戦績となっていると言ってもよいでしょう。

◎は2勝2着1回で連を外さぬ大井巧者。今回は鞍上が再びデムーロへ。今年は色々あって勝利数も激減ですがその腕に変りはなく今年最後のGⅠを飾ってほしい個人的な想いはあります。

大井2000mGⅠ1勝のケイティとゴールドを○、△に。そこに割って入ったのが中央時代にJDDを勝っているノンコノユメを▲。
穴はこの馬ですかね。

さぁ終わりよければ全てよし!今年最後のGⅠ、当てたいですね!
 
 
で、12/22までの結果です!

● 中山第5回7~8日、阪神第5回7~8日
   地方(川崎、名古屋)
 
第70回全日本2歳優駿貸与服(2枠第1)1着ヴァケーション
Jpn1川崎D1600m2着アイオライト
10メイショウテンスイ3着ティーズタンク
キメラヴェリテ単勝880円
テイエムサウスダン3連複1‐2‐1255,020円馬連1-23,290円
3連単2‐1‐12285,290円馬単2→17,260円
 
 
第19回名古屋グランプリ浅沼廣幸さん1着デルマルーヴル
Jpn2名古屋D2500m2着アングライフェン
デルマルーヴル3着アナザートゥルース
メイショウワザシ単勝280円
12アングライフェン3連複2‐8‐12550円馬連2-12810円
3連単2‐12‐83,860円馬単2→121,740円
 
 
クリスマスローズステークスゴドルフィン1着ケープコッド
OP中山芝1200m2着メメントモリ
10テーオーマルクス3着ジュニパーベリー
メメントモリ単勝14260円
14ケープコッド3連複6‐11‐149,740円馬連6-14750円
3連単14‐6‐1127,740円馬単14→61,200円
 
 
第142回中山大障害伊坂重憲さん1着シングンマイケル
JG1中山芝4100m2着ブライトクォーツ
15シンキングダンサー3着メイショウダッサイ
ヨカグラ単勝440円
シングンマイケル3連複5‐7‐128,530円馬連5-75,690円
3連単7‐5‐1255,020円馬単7→58,900円
 
 
第14回阪神カップサンデーレーシング1着グランアレグリア
G2阪神芝1400m2着フィアーノロマーノ
マイスタイル3着メイショウショウブ
グランアレグリア単勝210円
12ロジクライ3連複5‐6‐1012,060円馬連5-101,050円
3連単5‐10‐635,220円馬単5→101,400円
 
 
第64回有馬記念キャロットファーム1着リスグラシュー
G1中山芝2500m2着サートゥルナーリア
リスグラシュー3着ワールドプレミア
ワールドプレミア単勝670円
フィエールマン3連複6‐7‐1010,750円馬連6-102,990円
3連単6‐10‐757,860円馬単6→106,130円
 
 
ギャラクシーステークス大川徹さん1着スマートダンディー
OP阪神D1400m2着スマートアヴァロン
13ゴライアス3着クリノケンリュウ
スマートアヴァロン単勝10600円
11アードラー3連複5‐7‐1013,530円馬連5-102,770円
3連単10‐5‐768,340円馬単10→54,640円
 
 【ここまでの成績】

● 的中率:319レース/181レース=56.7%

● 回収率:606,100円/410,980円
=67.8%

2019/12/22 Sun 18:21 競馬
先週は2歳マイル王決定戦の朝日杯フューチュリティステークスが行われました。

どちらかと言えば2歳王者の称号は暮れの2000m戦、ホープフルSに持ってかれ気味ではありますが、もちろん伝統のレースですからその品位は変わりません!

で、勝ったのは1馬人気のサリオス。前半3F33.8秒と淀みない流れの中で前半に付け、4Fを迎え先頭集団を形成した馬たちが脱落する中でも脚色は衰えず!

鞍上の豪腕:R.ムーアの強い追い出しに応えてそこから一気に押し出しにかかると、後方から追い込み勢が猛追!

しかしそんなことなどお構いなく、結局2馬身半の差を付けての圧勝!3連勝で無敗のGⅠ馬となりました。

追い込み勢では2番人気のタイセイビジョンが2着、そして14番人気のグランレイが3着に入って3連複・3連単は万馬券に!

ちなみに3番人気のレッドベルジュールは見せ場なく10着に沈みました…

ってことで朝日杯FSの血統予想…印をつけた馬たちは掲示板に1頭も入らず6着が最高で…^^;

さぁ今週はダートの2歳王者決定戦:全日本2歳優駿、障害の年間王者決定戦:中山大障害、そしてグランプリ:有馬記念と3つのGⅠが目白押し!

既にいずれもレースは終わってますが…^^;今週こそビシッとGetします!

今回は全日本2歳優駿は「稍重」、他の2つは「良馬場」想定での評価で行ってみます!
(馬名の後の過去内の馬名は種牡馬、続く丸数字は出走馬中の種牡馬ランキング)

〔全日本2歳優駿〕
◎ テイエムサウスダン(サウスヴィグラス②)
○ ティーズダンク(スマートファルコン①)
▲ ヴァンブルース(パイロ③)

13頭の出走メンバーも実績種牡馬は3頭のみでその3頭に印。唯一の中央勢:テイエムサウスダンは兵庫JGの勝ち馬、そして○のティーズダンクはホッカイドウ競馬にてサンライズCを勝っている実績馬。

人気は中央勢に集まりますから、馬券的には面白い組み合わせです!

〔中山大障害〕
◎ シンキングダンサー(コンデュイット②)
○ ルペールノエル(アドマイヤムーン③)
▲ セガールフォンテン(ゴーカイ①)

こちらも実績種牡馬は3頭のみでそのまま印。◎は1馬人気、○は真ん中の8番人気、そして▲はブービー人気。

オジュウチョウサンがいない今回の混戦模様、この組み合わせだとかなりの配当です。

〔有馬記念〕
◎ リスグラシュー(ハーツクライ③)
○ ワールドプレミア(ディープインパクト②)
▲ フィエールマン(ディープインパクト②)
△ スワーブリチャード(ハーツクライ③)
△ エタリオウ(ステイゴールド①)
△ レイデオロ(キングカメハメハ④)

出走馬16頭のうち11頭がGⅠ馬、他の5頭もGⅠ2着か重賞勝ちがあるという豪華メンバーが揃いました!

元号から「レイデオロ」と「ワールドプレミア」の令和馬券とか、この両頭の父は今年亡くなったキンカメとディープでもある。

他にラグビーワールドカップ日本開催絡みとか、消費税増税で8-10の馬番とかが今年の世相から言われたり…

キセキが6枠=緑=グリーンに入ったと騒がれたり、真面目なところでは有馬史上初めて1・2番人気を牝馬が締めるなど、話題には毎年事欠かない有馬記念。

有力馬の種牡馬のうち、ハーツクライ、ディープインパクト産駒に印を打ちます!

宝塚記念を制し、海を渡ってオーストラリアでコックスプレートを制した◎、鞍上にもJRAの特例措置でこれらのGⅠの相棒であるレーン騎手が1日限定の参戦となりました!

○には今年の菊花賞馬を指名!菊花賞馬の有馬記念での活躍も今更言うまでもないところですよね!

▲は前走凱旋門賞で惨敗したものの国内長距離界を牽引する昨年の菊花賞馬!○▲とディープ産駒、今年の世相にも合いますね。

△にはJCを制したハーツクライ産駒、そして実績トップの種牡馬産駒から復活が待たれる最強の1勝馬とこれが引退レースとなるキンカメ産駒を指名します。

1番人気のアーモンドアイ、3番人気のサートゥルナーリアは父ロードカナロアの実績がイマイチ…サートゥルナーリアはともかく、中山未経験のアーモンドアイが崩れる可能性は大いにあり!

一方であっさり勝たれても不思議はなく…とにかく豪華3つのGⅠ、結果はどうなるか?
 
 
で、12/15までの結果です!

● 中山第5回5~6日、阪神第5回5~6日、中京第4回5~6日
   地方(船橋)
 
第65回クイーン賞貸与服(1枠第1)1着クレイジーアクセル
Jpn3船橋D1800m2着プリンシアコメータ
ラインカリーナ3着ラインカリーナ
アンデスクイーン単勝780円
クレイジーアクセル3連複1‐7‐101,580円馬連1-101,980円
3連単1‐10‐716,750円馬単1→104,780円
 
 
第5回ターコイズステークスキャロットファーム1着コントラチェック
G3中山芝1800m2着エスポワール
シゲルピンクダイヤ3着シゲルピンクダイヤ
16トロワゼトワル単勝13610円
15ディメンシオン3連複7‐8‐132,730円馬連8-131,970円
3連単13‐8‐715,280円馬単13→83,850円
 
 
タンザナイトステークスゴドルフィン1着ジョイフル
OP阪神芝1200m2着ナックビーナス
アマルフィコースト3着メイソンジュニア
ナックビーナス単勝1,840円
パラダイスガーデン3連複4‐6‐97,480円馬連6-91,510円
3連単6‐9‐458,940円馬単6→94,980円
 
ディセンバーステークス<L>シルク1着セダブリランテス
中山芝1800m2着ウインイクシード
ウインイクシード3着イレイション
11セダブリランテス単勝11290円
13ベステンダンク3連複3‐10‐113,040円馬連3-11790円
3連単11‐3‐1010,360円馬単11→31,220円
 
 
第71回朝日杯フューチュリティステークスシルク1着サリオス
G1阪神芝1600m2着タイセイビジョン
サリオス3着グランレイ
12レッドベルジュール単勝200円
タイセイビジョン3連複6‐8‐938,080円馬連6-8660円
3連単6‐8‐990,260円馬単6→8950円
  
 【ここまでの成績】

● 的中率:312レース/178レース=57.1%

● 回収率:592,800円/407,500円
=68.7%