FC2ブログ
2020/03/29 Sun 14:45 競馬
先週行われた皐月賞トライアルのスプリングステークス、1番人気はやはり1.7倍と被ったヴェルトライゼンデ。

レースは同じような位置にいた伏兵:ガロアクリークに足を救われたか、最後は届かずの2着。

う~ん、前回のレースと言い今回と言い、どちらかと言えばシルバーコレクター的な資質を感じさせました。

但しこれまでの傾向さながらしっかり連には絡みました。

さぁクラシックの声も聞こえてきましたが、その前段、いよいよ今週から4週連続で春のGⅠが始まります。

第1弾は中京での高松宮記念。但し史上初の無観客開催のGⅠとなってしまったのは残念ではあります。

天気がかなり悪そうなのが心配ですが、今回も「血統で金」(そう言えばオリンピックも1年延伸になってしまいましたね…)ってことで、予想馬場は「稍重」想定ながら「重」での傾向も踏まえての評価で行ってみます!
(馬名の後の過去内の馬名は種牡馬、続く丸数字は出走馬中の種牡馬ランキング)

◎ セイウンコウセイ(アドマイヤムーン①)
○ グランアレグリア(ディープインパクト③)
▲ ノームコア(ハービンジャー④)
△ ティーハーフ(ストーミングホーム②)
△ ダノンスマッシュ(ロードカナロア⑧)
△ ダイアトニック(ロードカナロア⑧)

上記の丸数字は「稍重」での順位、これが「重」だとディープ、Sホーム、キングヘイロー、カナロアという順序になります。

で、◎は3年前の覇者&昨年も2着、さらに中京は(1,1,1,1)と好相性のセイウン。前走休み明けで58kgを背負って0.2秒差の5着ですから上々のレースぶり。現在、単勝22倍ととても美味しい馬券です!

今回の出走メンバー18頭のうち1200mの出走経験がないのが7頭もいる珍しい傾向。その7頭に含まれるGⅠ馬2頭に○▲の印です。

ドバイ帰りでコロナ禍で騎乗できないルメールからいずれも乗り替わりってこともあり、まさに両刃の剣ではありますが、逆に言えばその実力からすればあっさりも!

そして馬場が悪くなるとよりチャンスが広がるストーミングホーム産駒のティーハーフ…この馬は結果を出しても人気が出ない非常に有難くかつお世話になっている馬!さすがに10歳で伸びしろはないかもしれませんが複勝でも18倍付きますから抑えておきたい馬ですね。

そして重馬場予想からの追加でロードカナロア産駒の中からダノンスマッシュ、ダイアトニックを抑えで…その実績から理由は言うまでもないですよね。

馬券は◎○▲をBOXで馬連と3連複1点!そして◎から△へ馬連を流しましょうか。

人気のタワーオブロンドン、モズアスコット、いずれも父は外国馬。タワーの父:Raven'sPassは中京実績(0,0,0,1)で稍重実績(0,1,1,2)、またモズの父:Frankelは重で実績5位で…馬連でもいい配当ですから◎から流しますか…
 
 
で、3/22までの結果です!

● 中山第2回7~9日、阪神第2回7~9日
 
 
ペガサスジャンプステークス松本好雄さん1着メイショウダッサイ
OP中山芝3350m2着メドウラーク
メイショウダッサイ3着ルペールノエル
ディライトフル単勝170円
コスモロブロイ3連複1‐6-132,420円馬連1-61,040円
3連単1‐6‐137,100円馬単1→61,430円
 
 
第34回フラワーカップ前田幸貴さん1着アブレイズ
G3中山芝1800m2着レッドルレーヴ
12シーズンズギフト3着シーズンズギフト
ミアマンテ単勝137,930円
11クリスティ3連複12‐13‐1432,610円馬連13-1432,060円
3連単13‐14‐12340,910円馬単13→14340,910円
 
 
若葉ステークス<L>近藤旬子さん1着アドマイヤビルゴ
阪神芝1800m2着キメラヴェリテ
アメリカンシード3着アメリカンシード
11アルサトワ単勝260円
ディアマンミノル3連複1‐7‐129,550円馬連1-1211,700円
3連単1‐12‐763,230円馬単1→1214,330円
 
 
千葉ステークス小田吉男さん1着ジャスティン
OP中山D1200m2着ノーフィアー
ヒデノヴィーナス3着シュウジ
レッドアネラ単勝510円
12シュウジ3連複7‐8‐1218,310円馬連7-88,490円
3連単8‐7‐12106,630円馬単8→713,100円
 
 
第68回阪神大賞典金子真人ホールディングス1着ユーキャンスマイル
G2阪神芝3000m2着トーセンカンビーナ
キセキ3着メイショウテンゲン
メイショウテンゲン単勝10590円
ムイトオブリガード3連複4‐6‐107,550円馬連4-103,720円
3連単10‐4‐640,140円馬単10→47,120円
 
  
第69回スプリングステークス水上行雄さん1着ガロアクリーク
G2中山芝1800m2着ヴェルトライゼンデ
ヴェルトライゼンデ3着サクセッション
アオイクレアトール単勝1,660円
ファルコニア3連複3‐7‐93,050円馬連3-72,910円
3連単7‐3‐937,220円馬単7→39,820円
 
 【ここまでの成績】

● 的中率:74レース/43レース=58.1%

● 回収率:140,600円/132,870円
=94.5%
スポンサーサイト



2020/03/20 Fri 07:23 競馬
先週、このブログで桜花賞トライアルの少頭数のケースを紹介しました。

で、今週行われる皐月賞トライアルのスプリングSは10頭立て、若葉ステークスも12頭立てで…先日の弥生賞も11頭立てでしたから今年はいずれも少頭数っていうこれまでにないケースになりました。

ってことで今回は2000年以降の20年で10頭立て以下でこれらのレースが行われたケースを調べてみました。

まず施行回数ですが、弥生賞、若葉ステークスともに7回ずつあるのに対して、スプリングSは0回なんですね。

ちなみに前回10頭以下で行われたスプリングSは1994年、あのナリタブライアンが出走し2着に3馬身差を付けて圧勝!その後、3冠馬の道を歩むことになります。

もちろん単勝1.2倍で1番人気!この1倍台での1番人気というのが牝馬同様に少頭数のキーになります。

前述の10頭立て以下の弥生賞・若葉S合わせて14回を見てみると…
・1番人気馬の成績:10,1,0,3 ⇒ なんと勝率.714!
・1番人気で勝利した10頭の単勝:9頭が1倍台、残る1頭も2.2倍
・単勝1倍台の馬の成績:9,1,0,1 ⇒ 勝率.818

ってことでやはりグリグリの人気馬が出走すると出走頭数は少なくなるようで…

一方、スプリングSにて過去20年で単勝1倍台の馬、これも7頭いてその成績は(3,2,2,0)と全て馬券に絡んでます!
 
ちなみにこの時の出走頭数は16頭が5回、15頭1回、そして最近の2016年は11頭。

今年はホープフルS2着のヴェルトライゼンデが出走予定、人気も被って1倍台になりそうですね。

あまり逆らうのはよろしくない?1着軸で馬単・3連単勝負でしょうか?
 
 
で、3/1までの結果です!

● 中山第2回5~6日、阪神第2回5~6日、中京第1回5~6日
  地方(高知、船橋、名古屋)
 
第22回黒船賞ヒダカBU1着ラプタス
Jpn3高知D1400m2着テーオージーニアス
ワンダーリーデル3着サクセスエナジー
12サクラレグナム単勝570円
サクセスエナジー3連複2‐4‐56,950円馬連2-41,090円
3連単4‐2‐58,990円馬単4→22,000円
 
 
第65回ダイオライト記念ノルマンディー・サラブレッド・レーシング1着アナザートゥルース
Jpn2船橋D2400m2着ウェスタールンド
ウェスタールンド3着サウンドトゥルー
14アナザートゥルース単勝14240円
サウンドトゥルー3連複3‐8‐14410円馬連3-14330円
3連単14‐3‐81,550円馬単14→3650円
 
 
第45回名古屋大賞典ロードホースクラブ1着ロードゴラッソ
Jpn3名古屋D1900m2着アングライフェン
アングライフェン3着ナムラカメタロー
10ナムラカメタロー単勝410円
フィードバック3連複4‐5‐10260円馬連4-5490円
3連単5‐4‐101,920円馬単5→41,090円
 
 
第22回阪神スプリングジャンプチョウサン1着オジュウチョウサン
JG2阪神芝3900m2着シングンマイケル
シングンマイケル3着トラスト
オジュウチョウサン単勝170円
トラスト3連複2‐4‐6220円馬連2-6230円
 3連単2‐6‐4640円馬単2→6360円
  
 
第34回ファルコンステークス山口功一郎さん1着シャインガーネット
G3中京芝1400m2着ラウダシオン
13ビアンフェ3着ヴェスターヴァルト
シャインガーネット単勝1,050円
10ラウダシオン3連複2‐6‐109,460円馬連6-101,780円
3連単6‐10‐258,750円馬単6→104,330円
 
 
ポラリスステークス大川徹さん1着スマートダンディー
OP阪神D1400m2着ドリュウ
13ヴァニラアイス3着ホウショウナウ
ダノンフェイス単勝15620円
14ホウショウナウ3連複4‐14‐1513,110円馬連4-156,670円
3連単15‐4‐1478,000円馬単15→411,240円
 
 
第38回中山牝馬ステークス山本剛士さん1着フェアリーポルカ
G3中山芝1800m2着リュヌルージュ
11コントラチェック3着エスポワール
デンコウアンジュ単勝960円
エスポワール3連複3‐9‐1536,620円馬連3-1548,730円
3連単3‐15‐9357,990円馬単3→1577,490円
 
 
東風ステークス<L>ミルファーム1着ストーミーシー
中山芝1600m2着アストラエンブレム
12ジャンダルム3着サーブルオール
ボンセルヴィーソ単勝770円
アストラエンブレム3連複2‐4‐611,050円馬連2-42,050円
3連単2‐4‐647,900円馬単2→44,420円
 
 
第56回金鯱賞キャロットファーム1着サートゥルナーリア
G2中京芝2000m2着サトノソルタス
サートゥルナーリア3着ダイワキャグニー
10ロードマイウェイ単勝130円
ラストドラフト3連複4‐6‐85,880円馬連6-81,550円
3連単6‐8‐414,440円馬単6→81,710円
 
 
第54回フィリーズレビューフジワラ・ファーム1着エーボス
G2阪神芝1400m2着ヤマカツマーメイド
カリオストロ3着ナイントゥファイブ
ヤマカツマーメイド単勝1,380円
10ヴァラークラウン3連複5‐6‐722,190円馬連5-73,020円
3連単5‐7‐6119,820円馬単5→77,510円
 
 
アネモネステークス<L>下河辺牧場1着インターミッション
中山芝1600m2着フィオリキアリ
ビッグクインバイオ3着フェルミスフィア
クリノプレミアム単勝1,790円
バルトリ3連複7‐8‐1214,470円馬連7-1211,280円
3連単7‐12‐8133,290円馬単7→1225,020円
 
 【ここまでの成績】

● 的中率:68レース/42レース=61.8%

● 回収率:129,200円/132,700円
=102.7%

2020/03/17 Tue 06:55 競馬
先週行われたディープインパクト記念、勝ったのはゆたか君鞍上でディープ産駒のサトノフラッグとディープづくめの勝ち馬となりましたね。

もちろんそんな筋書きがあったわけでもない中で出来すぎた結果、しかし実は2番人気だったんですね。

そんな前評判に反発せんばかりの強いレースぶりを見せ皐月賞の有力候補に躍り出たのは間違いありません。

一方、桜戦線の方は先週のチューリップ賞に続いて、今週は日曜日に東西でトライアルレースがあります。

西は阪神でGⅡのフィリーズレビュー、そして東は中山でアネモネステークスです。

アネモネステークスは元々1勝馬クラスの芝1400mの競走が始まりであり、1991年に桜花賞の指定オープン競走へ。

1995年に桜花賞トライアルに格上げ、2000年からは中山にて芝1600mのレースとして生まれ変わりました。

2011年に東日本大震災の影響で施行中止、そして2018年からは現在のように阪神のフィリーズレビューと同一日に開催となる等、激動の変遷を経てきたレースです。

ただ実績としては元々桜花賞に繋がらない状況、2002年にこのレース8着だったアローキャリーが桜花賞を制した以外は勝ち馬を輩出していません。

で、前述のとおり一昨年からGⅡのフィリーズレビューと同一開催…そうなると賞金や輸送を考えるとまず西の馬はやはりフィリーズレビューを選びますよね。

あとは賞金的に足りるかどうかでやむを得ずアネモネステークスを選ぶって感じでしょうか?

ちなみに今年はフィリーズレビューは18頭フルゲート、一方アネモネステークスは12頭とやはり寂しい…

過去20年の桜花賞トライアルレース(チューリップ賞、フィリーズレビュー、アネモネステークス)の中で出走頭数が12頭以下だったのは3回、いずれもチューリップ賞でありました。

この3回ともに1番人気の馬は1倍台の単勝人気。2011年のレーヴディソール、2017年のソウルスターリング、2018年のラッキーライラックと錚々たる面々、そしてこの3頭ともに勝利していて…

これらの年はいわば強い馬がいることにより他陣営が回避した結果と言えますが…もちろん今年のアネモネステークスはそうではなく…

で、今年のアネモネステークスの出走馬の中で栗東所属は4頭、そのうちオープン馬は2頭いる!

1頭はダート実績馬でもう1頭は芝で2勝していますが、その目論見は? 

ちなみにフィリーズレビューと同一日開催となった一昨年、昨年のアネモネステークスの1・2着馬の桜花賞での結果は、14着2頭に15着、18着と惨敗…

それでなくても桜花賞へ繋がらないと言われたレースがさらに権威が落ちてしまった…

JRAさん、施工日程など考えなおしては如何でしょうか?
 
 
で、3/1までの結果です!

● 中山第2回3~4日、阪神第2回3~4日、中京第1回3~4日
  地方(川崎)
 
第66回エンプレス杯グリーンファーム1着アンデスクイーン
Jpn2川崎D2100m2着ナムラメルシー
アンデスクイーン3着パッシングスルー
プリンシアコメータ単勝260円
10ラインカリーナ3連複5‐6‐710,770円馬連6-712,820円
3連単7‐6‐566,490円馬単7→616,640円
 
 
第27回チューリップ賞藤田在子さん1着マルターズディオサ
G2阪神芝1600m2着クラヴァシュドール
レシステンシア3着レシステンシア
クラヴァシュドール単勝131,530円
13マルターズディオサ3連複1‐4‐13740円馬連1-132,680円
3連単13‐1‐413,180円馬単13→16,860円
 
 
第15回オーシャンステークスダノックス1着ダノンスマッシュ
G3中山芝1200m2着ナックビーナス
タワーオブロンドン3着タワーオブロンドン
ダノンスマッシュ単勝200円
10ナックビーナス3連複1‐2‐10370円馬連2-10570円
3連単2‐10‐11,990円馬単2→10860円
 
 
昇竜ステークス竹園正繼さん1着テイエムサウスダン
OP中京D1400m2着アウトウッズ
テイエムサウスダン3着サダムスキャット
ファシネートゼット単勝360円
ジゲン3連複2‐5‐77,530円馬連5-72,720円
3連単7‐5‐232,810円馬単7→54,260円
 
 
総武ステークス松本好雄さん1着メイショウワザシ
OP中山D1800m2着ハヤヤッコ
メイショウワザシ3着ゴライアス
11ハヤヤッコ単勝260円
ゴライアス3連複7‐9‐112,400円馬連7-11990円
3連単7‐11‐99,160円馬単7→111,700円
 
 
大阪城ステークス<L>東京ホースレーシング1着レッドガラン
阪神芝1800m2着サトノフェイバー
14サトノアーサー3着サトノアーサー
11マイネルサーバス単勝440円
レッドガラン3連複3‐12‐146,950円馬連3-125,030円
3連単3‐12‐1442,930円馬単3→127,800円
 
 
第57回ディープインパクト記念サトミホースカンパニー1着サトノフラッグ
G2中山芝2000m2着ワーケア
サトノフラッグ3着オーソリティ
ワーケア単勝280円
10オーソリティ3連複1‐8‐10420円馬連1-8370円
3連単1‐8‐101,510円馬単1→8690円
 
 【ここまでの成績】

● 的中率:57レース/38レース=66.7%

● 回収率:108,300円/117,610円
=108.6%

2020/03/09 Mon 06:50 競馬
今週も引き続き無観客で行われている中央競馬ですが、日程的には春のクラシックに向けたトライアルレースが本格化していきます。

その一つのレースが今年から名称が一部追加に!

現役時代、そして種牡馬になっても輝かしい実績を残し惜しまれつつ昨年亡くなったディープインパクトの功績を称えるべく、JRAのレース名としてはセントライト、シンザン、そしてトキノミノル(共同通信杯の副称)に続く4頭目。

かつて彼が出走したという意味でも選ばれたのでしょう、その名も「報知杯弥生賞ディープインパクト記念」!

何やら「報知杯」「弥生賞」「ディープインパクト記念」と3つのレース名がくっついたようにも聞き取れますが…

個人的にはちょっと長いなぁと…っていうか彼の名前を冠するレースは他になかったのかなぁと。

これまでのレースの格が確固たるものである「弥生賞」は名前をそのままで残してほしかったなぁ。

そうなると他に彼が出走したレースだと若駒ステークスが該当しますが、それでなくても出走頭数が少ないこのレースを新たに重賞に格上げするのも確かに批判はありそう。

となると共同通信杯のように副称にしてもよかったのではっていう気もしますが…とにかくこの長いレース名、馴染むまでには時間がかかりそうですかね。

ちなみにこの名称になる今回、ディープ産駒&ディープ主戦のゆたか君が騎乗する馬としてはサトノフラッグが出走。

果たして結果は如何に?(もう出てますが…^^;)
 
 
で、3/1までの結果です!

● 中山第2回1~2日、阪神第2回1~2日、中京第1回1~2日
 
 
春麗ジャンプステークス若草クラブ1着ハルキストン
OP東京D3200m2着スプリングボックス
11スプリングボックス3着カポラヴォーロ
13トゥルーハート単勝1,910円
10エアカーディナル3連複6‐9‐1741,730円馬連9-173,200円
3連単17‐9‐6145,450円馬単17→95,300円
 
 
マーガレットステークス<L>加藤裕司さん1着エレナアヴァンティ
阪神芝1200m2着メルテッドハニー
11テーオーマルクス3着エグレムニ
シオミチクレバ単勝1,450円
グランフェスタ3連複5‐8‐1068,000円馬連5-840,880円
3連単5‐8‐10491,610円馬単5→862,570円
 
 
仁川ステークス<L>岩崎僖澄さん1着ヒストリーメイカー
阪神D2000m2着クリンチャー
デザートスネーク3着アポロテネシー
14ヒストリーメイカー単勝14340円
16メモリーコウ3連複4‐7‐145,610円馬連4-142,520円
3連単14‐4‐724,500円馬単14→44,160円
 
 
すみれステークス<L>シルク1着レクセランス
阪神芝2200m2着アリストテレス
レクセランス3着エカテリンブルグ
ブルーミングスカイ単勝210円
アリストテレス3連複1‐4‐6520円馬連1-4300円
3連単4‐1‐61,720円馬単4→1490円
 
 
第64回阪急杯社台レースホース1着ベストアクター
G3阪神芝1400m2着フィアーノロマーノ
フィアーノロマーノ3着ダイアトニック
ダイアトニック単勝142,230円
マイスタイル3連複3‐6‐144,940円馬連6-144,900円
3連単14‐6‐340,190円馬単14→612,870円
 
 
第94回中山記念ダノックス1着ダノンキングリー
G2中山芝1800m2着ラッキーライラック
ダノンキングリー3着ソウルスターリング
ウインブライト単勝250円
ラッキーライラック3連複3‐4‐73,220円馬連3-7360円
3連単3‐7‐412,020円馬単3→7700円
 
 【ここまでの成績】

● 的中率:50レース/31レース=62.0%

● 回収率:95,000円/69,790円
=73.5%
2020/03/01 Sun 16:17 競馬
先週行われた今年JRA初のGⅠ:フェブラリーステークス。

前走の根岸Sで初ダートながら豪快な末脚で差し切り、今回も1番人気に推されたモズアスコットが今回も見事に差し切り勝ち!

一昨年の安田記念に続き、2つめのGIで芝・ダートの二刀流制覇となりました!

レースはワイドファラオ、アルクトスがハナを争い、これにタイムフライヤー、そしてインティも控える形でこれに続く。

前半3Fが34.6、5Fが58.7と芝のレースでもハイペースに属する超ハイペースの展開。

特にマイペースで逃げたかったインティは完全に自分の競馬にならず見せ場なし。直線を向いて先行勢は総崩れ。

代わって突っ込んできたのがモズアスコット、さらには最低人気のケイティブレイブがこれに続き2着に入り連勝馬券はいずれも万馬券の波乱を産みました!

3番人気のサンライズノヴァも展開が向いて3着に入り、また地方勢3頭はモジアナフレイバーが6着と最先着でした。

さて、血統予想ですが…▲の3着のみでその他はまさに総崩れ…っていうかデータのないFrankel産駒に勝たれては致し方ないですね。

さて盛り上がりを見せた東京・京都・小倉開催から今週から中山・阪神・中京開催へ…

が、今週は新型コロナウィルス対策でJRA発足以来、初の無観客競馬開催となりました。

そして今週から3月に移るということでJRAは「新年度」的な扱いになり、こんな状況の中で一人の個性派がまさに静かにステッキを置きました。

それは四位洋文騎手。GⅠ15勝含む重賞76勝、そして騎乗最終日となった2/29にも1勝を挙げ通算1586勝!

さらに最終日には斜向で騎乗停止を食らうあたりは個性派の彼らしいですか…

64年ぶりで牝馬:ウォッカでのダービー制覇、そして翌年にはディープスカイで2年連続でのダービー制覇はゆたか君と2人のみで、それも牡馬・牝馬での制覇は彼のみ。

ディープスカイ制覇時のジョッキーインタビューでは、四位騎手を茶化すファンに対して「うるせぇ、おい!」と一括し話題になりましたね。

# ちなみにインタビューではいつも敬語というよりは「~だね」とかやや溜口っぽい口調でありましたね。

この年はアサクサキングスで菊花賞制覇でダービー、菊花賞を別な馬での同年制覇も史上初。

またアグネスデジタルにて2001~2003年にかけて南部杯⇒天皇賞⇒香港C⇒フェブラリーS⇒安田記念と芝/ダート、地方/JRA/海外と異なる形態のGⅠを制覇する偉業も見せています。

無観客の中での引退式強行は彼らしい選択。今後どのような馬をターフに送り出すのか楽しみですね。

さてその無観客競馬…売り上げも15%程度落ち込んでいるようですが、他のイベント同様、1日も早い回復を祈ります。
 
 
で、2/23までの結果です!

● 東京第1回7~8日、京都第2回7~8日、小倉第1回11~12日
 

第55回京都牝馬ステークス増田雄一さん1着サウンドキアラ
G3京都芝1400m2着プールヴィル
17サウンドキアラ3着メイショウグロッケ
14ドナウデルタ単勝17430円
プールヴィル3連複6‐9‐1741,730円馬連9-173,200円
3連単17‐9‐6145,450円馬単17→95,300円
 
 
第70回ダイヤモンドステークス三島宜彦さん1着ミライヘノツバサ
G3東京芝3400m2着メイショウテンゲン
タガノディアマンテ3着オセアグレイト
オセアグレイト単勝1632,550円
11タイセイトレイル3連複1‐14‐16258,470円馬連14-16128,730円
3連単16‐14‐13,555,600円馬単16→14351,880円
 
 
ヒヤシンスステークス<L>西川光一さん1着カフェファラオ
東京D1600m2着タガノビューティー
カフェファラオ3着ヤウガウ
12タガノビューティー単勝210円
ダイメイコリーダ3連複3‐10‐12780円馬連3-12440円
3連単3‐12‐102,440円馬単3→12730円
 
 
第54回小倉大賞典前田幸治さん1着カデナ
G3小倉芝1800m2着ドゥオーモ
ヴェロックス3着ジナンボー
テリトーリアル単勝1,810円
13ジナンボー3連複2‐12‐13357,570円馬連2-1222,460円
3連単2‐12‐13323,980円馬単2→1253,960円
 
 
大和ステークス永井啓弍さん1着スズカコーズライン
OP京都D1200m2着ヒデノヴィーナス
テーオージーニアス3着テーオーヘリオス
モンペルデュ単勝1,550円
スズカコーズライン3連複5‐6‐954,610円馬連6-95,580円
3連単9‐6‐5292,980円馬単9→612,310円
 
  
第37回フェブラリーステークスキャピタルシステム1着モズアスコット
G1東京D1600m2着ケイティブレイブ
インティ3着サンライズノヴァ
アルクトス単勝12280円
ヴェンジェンス3連複9‐12‐1595,310円馬連12-1536,230円
3連単12‐15‐9464,920円馬単12→1546,980円
 
 【ここまでの成績】

● 的中率:44レース/28レース=63.6%

● 回収率:83,600円/67,140円
=80.3%