FC2ブログ
2020/06/23 Tue 07:41 ラーメン
金沢でのシステム工事、今回はリトライなく一発で終わらせたい…仙台でも行きましたが、一度こういうことをすると何かやっておかないと気持ち悪いというか…

何の話かというと「神頼み」。

即ち工事前に地元の神社へ参拝し工事の成功をお願いするってことで金沢にて向かったのは尾山神社。

明治6年に建立された加賀藩祖前田利家公と正室お松の方を祀る神社でちょうど近江町市場と香林坊の間位にあります。

で、仕事帰りに立ち寄ってしっかりと祭壇でお願いし厄除けのお守りも購入、時間にして18時を回っていましたのでホテルに帰る前に腹ごしらえ。もちろんこの日はラーメンをってことで選んだのが「平和軒」さん。

尾山神社の境内から降りてきて鳥居を潜ると左手すぐにお店はあります。昭和22年創業の老舗でウンナンのウッチャンも年に一回は足を運ぶという人気店であります。

が、その装いはまさに昭和の食堂って感じで暖簾を潜ってドアを開けると白い壁に白いカウンターでパイプ椅子、天井付近でテレビが流れてます。

ただ決して「キタナトラン」ではなく、しっかり清潔感が保たれて無機質にすら感じる程。

そこを仕切っているおやっさん、やや気難しい表情でカウンター席で新聞を読んでおりました…お寛ぎのところ^^;ではありますが早速オーダ。

名物のワンタン麺に炒飯がセットになっている「輝セット」(¥1,500)、さらにこの暑さでありますので瓶ビールも併せてオーダ、カウンター席から厨房内のおやっさんの手際の良さを拝見しつつ一杯やらせて頂き注文品を待ちます。

平和軒 

スープですが見た目はありがちな醤油風…が、味は評価通りに美味い!

鶏ガラベースのコクがあり生姜も使われているのでしょうか?醤油の味との取り合わせがいい!

強いインパクトはなくても素直に蓮華が進みますね!

麺は中細ストレート麺。自家製手打ち麺とのことでその拘りが麺自身の味、そして食感、さらにはスープの絡み・相性もよくてこちらも美味いです!

トッピングはネギ、貝割、海苔、金沢名物の赤巻きのようなナルトがいいですね!

メンマはやや長めでスープとの相性がいいですね!チャーシューは小ぶりで昔ながらの味付けがよいです!

そしてワンタンは薄めの皮に中身の具も少な目ながら逆にスープの後押しでスルッと美味しく頂けてさすがです!

ってことで全体としても調和がとれていて満足!

パリッと炒められた炒飯も美味しく頂けてお腹も一杯!

平和軒(チャーハン) 

店を出る際に素直な気持ちで「とっても美味しかったです!」とおやっさんに伝えるとそれまでの職人的な表情が崩れ「ありがとうね!また来てくださいね!」とニコヤカに\(^o^)/

これも人気の秘密だなぁ!

 平和軒
 石川県金沢市尾山町13-7
 ☎:076-221-3993
 営業時間:[月~金] 11:30~15:00/17:00~19:00
        [土] 11:30~19:00 [祝] 11:30~17:00
 定休日:日曜
 
 URL:HPはありません?


大きい地図・ルート検索  ( powered by ゼンリン地図 いつもNAVI )
スポンサーサイト



2020/06/04 Thu 06:24 ラーメン
システム工事はその場所を金沢に移します。スケジュール的にはお盆を挟んで2回に分けての工期。

その1回目に臨むべく日曜日午後の金沢入り、これが石川県初訪問となります。

千歳から空路小松空港へ、そして連絡バスで金沢駅に到着。17時を過ぎているのに駅の温度計は34度近い気温、日差しは暑いというより熱い!湿気も高く道産子にはキツイ気候です。

さてホテルに向かう前に早速夕飯として腹ごしらえ。最初に食べるのはもちろんラーメン!

で、ハナからお店は決めていました!向かうは金沢駅のショッピングモール「あんと」内にある「8番らーめん」さん。

昭和42年、加賀市国道8号線沿いの田んぼの真ん中で開業したことにちなんで「8番らーめん」と名付けられたとのこと。

北陸地方のソウルフードとしてはもちろん長野、愛知、岡山等国内に119店舗、さらに海外にもタイを中心に香港、ベトナムと132店舗。その出店数、展開範囲の広さはとてもローカルフードのそれではないですね。

さてお店に向かうもちょっと迷いましたが、何とか到着。大きなスーツケースも預かって頂きカウンター席に着席。

店内はカウンター、テーブル席と比較的広い佇まいです。

さてオーダですがウリの野菜らーめんにチャーシューをトッピングした「野菜ちゃあしゅう麺」を人気の味噌味(¥810)で頂きます。

なおこの暑さですので合わせて🍺もオーダです^^;

8番ラーメン 金沢駅店 

スープですが赤味噌ベースなのですが出汁は何でしょうか?ちょっと旨味とこくが弱いかなって気がします。

地味にスパイシなのは野菜のエキス?逆に野菜ラーメンの弱点と言える野菜からの水分で味が薄くなっているかな?

麺は太縮れ麺。コクが弱いスープに対してこちらはスープを絡めていて旨いですね。ちょうどいい茹で加減で湯切りもOK!これが狙いなら凄いなぁ!

トッピングは丼の真ん中にトレードマークの「8」が刻まれたナルト。たっぷりの野菜はキャベツ、モヤシ、ニンジンはラードでしっかり炒められていて香ばしい!

メンマはちょっと存在感薄いかな?チャーシューは小降りで5枚ですが昔風の味付けで美味しく頂けますね!

そう言えばネギがないんですね…

というわけで金沢のソウルフード、正直類する札幌のソウルフードに軍配を上げますかね…ただ他の塩、醤油、とんこつも味わってみなければですね。

 8番ラーメン 金沢駅店
 石川県金沢市木ノ新保町1-1 金沢百番街あんと1F
 ☎:076-260-3731
 営業時間:11:30~19:00
 定休日:なし
 
 URL:www.hachiban.jp/


大きい地図・ルート検索  ( powered by ゼンリン地図 いつもNAVI )
2020/05/26 Tue 07:42 ラーメン
もう約1年近い前の昨年の話。

函館旅行は2日目、やや曇りがちの天気の中、朝はもちろん朝市で海鮮丼を頂き活動開始!

ハリストス正教会、八幡坂、函館区公会堂と元町エリアの王道を探索し、嫁さんが情報収集していた同じエリアの人気パン屋さんでメロンパン等を購入し、そして昼の函館山へ車で登りその景色を堪能。

ちなみに私は昼であれば冬の晴天時の函館山からの景色がお薦めではあります。

で、そうこうしているうちに時刻は11時過ぎ。昼食の時間に差し掛かってきました。

この日の昼は既にチョイス済。上の娘が函館出身の友人からお薦めのラーメン屋さんを聞いてくれてました。

ってことで向かった推しのお店は「maido」さん。

地元出身、あのGLAYの面々も函館に帰ってくると顔を出すとのこと、店内にもサインがありました。

場所ですが、湯の川温泉の電停から湯浜町方面に少し入ったところにお店はあります。

駐車場を探すのにちょっと迷いましたが、結果的には店裏に大きな駐車場がありました。で、その流れで裏口からの入店。

カウンターのみの店内、既に常連さんが5人程。ギリギリで何とか着席することができました。

ちなみにその後、老若男女、地元の方もいるのでしょう、様々な客層の方々が来て待ち行列を形成します。

ラーメン屋さんというよりは喫茶店のような佇まい、そんな雰囲気の通りコーヒーやケーキ等カフェ風のメニューも提供しています。

さてオーダですが多彩なメニューの中から「黒しおらーめん」(¥750)をチョイス!

若干時間はかかったかな?10数分程でオーダ品登場となります。

maido(まいど) 

スープですがその名の通り黒い見た目。味わい的には透明な塩に海苔のエキスが混ざっているかと思わせる円やかさ。

答えは函館産の海藻と窯焚き海水塩にイカ墨、昆布をブレンドした七飯町のオーガニックケルプさんが作った黒塩がベースとなっていること。その円やかさの理由もわかりますね。

麺は細縮れ麺。適度な茹で加減、そして塩系ラーメンには必須のしっかりとした湯切りもOKです!

麺そのものの味がしっかり感じられて美味しいですね!強い個性はないですがスープをしっかり絡んで調和が取れていますね。

トッピングはネギ、麩、そして塩らーめんにはかかせないほうれん草がいいですね!

味玉は唯一濃厚な味を主張。海苔、そしてメンマは業務用かな?ちなみにチャーシューがないのは黒塩スープの味を壊さないためでしょうか?

ってことで美味しい塩らーめん頂けました!スタッフの応対や店の雰囲気もよく近所に欲しいお店ですね。

他の多彩なメニューも食べてみたいですね。

 maido(らーめん まいど)
 函館市湯川町1丁目26‐34
 ☎:0138-85-8870
 営業時間:11:30~15:00/17:00~スープなくなるまで
 定休日:火曜
 
 URL:HPはありません?


大きい地図・ルート検索  ( powered by ゼンリン地図 いつもNAVI )
2020/05/04 Mon 07:10 ラーメン
何とか仙台のシステム工事は終わったものの若干の問題を残しその後処理に追われ…

さらに8月からは金沢でのシステム工事がありその準備にも忙殺される7月。とは言え頑張った自分にもご褒美をあげたいです。

折しもこの時期、函館では中央競馬開催中!

そもそも函館には10年近く行っていない…そんなことから家族にも打診したところ快諾!宿も土曜日の夜に朝市近くに確保できました!

ってことで土曜日の早朝3時過ぎに札幌を出発、かつ帰着は日曜日になる弾丸ツアーに出発!

函館到着は7時過ぎ、それから1日函館競馬を堪能しホテルへ。夕食は函館駅近くの居酒屋を予約し海産物とお酒を十分に堪能しました。

で、ホテルへ帰ろうとしたところ嫁さんから「ラーメンでも食べない?」との珍しいお誘い。どうやら以前嫁さんが函館に出張で来た際に美味しかった中華料理屋さんが近くにあるらしく、もちろん私も快諾。

向かったのは「ぶんぶく茶釜」さん、松風町電停から南西に約200mほど、大門祇園通り沿いにお店はあります。

店内は常連さんでカウンターが埋まっていて御盛況!中には観光客もいるようです。

我々はテーブル席に案内されました。幸いにもお店の方、嫁さんの方をうっすら覚えていた様子(っていうかその時に連れてきてくれた方の名前を通してって感じですが^^;)で、とてもフレンドリーに迎えて頂きました。

で、オーダですがこの店のウリの1つである「ベトナムらーめん」(¥680)!かつて本場ベトナムでフォーなどを頂いた私としては頼まないわけにはいきませんよね(笑)

他に餃子や炒飯もオーダ^^;2軒目とは思えない頼みっぷりですが、とりあえずビール、そしてこちらもさらにオーダしたおつまみのザーサイ等で飲み直しているうちに、10分ほどでオーダの品は登場します。

ぶんぶく茶釜 

スープですが醤油ベースの出汁にふんだんに詰め込まれた後述のトッピングたちのエキスがよく合います!

そしてうっすらかけられた餡掛けが湯温を保ち、さらにベトナム風を醸し出す唐辛子がやんわり辛さを醸し出し汗だく!

麺は中太の縮れ麺。元々の茹で加減が分りませんが、熱めの湯温、さらにはあんかけがしっかり絡んでいるせいかやや柔らか目に感じますね。この種のラーメンは食感的に仕方ない、いや逆にこの方がよいかもしれませんね?

トッピングはあんかけに交じって白菜、椎茸の微塵切りがそれぞれ食感・味といい味を出していますね!ベースの味として挽肉もふんだんに盛り込まれ、そして脇役に徹してひっそりとゆで卵が入っています。

ってことで酒の勢いで飛び込んだ地元の人気中華料理店、雰囲気・味ともに満足です!

 ぶんぶく茶釜
 函館市松風町3-4
 ☎:0138-22-3454
 営業時間:17:00~27:00
 定休日:不定
 
 URL:ありません?


大きい地図・ルート検索  ( powered by ゼンリン地図 いつもNAVI )
2020/04/17 Fri 21:41 ラーメン
間を経て再び仙台にやってきました。前回は土・日と週末の工事でしたが、今回は木・金の深夜帯となり工事前の木曜日の日勤帯はホテルでの待機となります。

そんな中での昼食は当然ラーメンってことになりますよね。

仙台駅近く、東二番丁通り沿いに宿を取っていたのでその付近で物色。

今回はJRあおば駅の近く、仙台ホテルの跡地に作られたショッピングエリアのEDENの中にある「亞呉屋」さんをチョイス!

建物内の中庭的なところにフードエリアがありその中の一角にお店はあります。

この店ってかつてススキノに作られるも杜撰な(^^;)経営から1年持たず閉館した「札幌すすきのラーメン館」にも当初出店していてこのブログでも紹介しました。

★ 過去記事
 ラーメン日記<468> 山形飛魚 亞呉屋 すすきの店」

そんな「負の歴史」のイメージが自分の中にはありましたが(もちろんお店のせいではないですよ(笑))、そのイメージを払拭するうえでもぜひ本家に行ってみたかったお店です。

で、調べてみると以外にもあの「コメダ珈琲店」と同じグループなんですね。で、11時過ぎという早い時間にも拘わらず、案内されたカウンターは7割方埋まっています。

カウンターの上にボールが目に付きました。そこにはゆで卵の「一日一善たまご」があり一個10円!

この収益の一部を社会貢献に役立てているとのことでもちろん協力させていただきます。

さてオーダですが、初回ですし辛みそもありますが、スタンダードのあごだし味の「チャーシュー麺」をこってり味(¥820)でオーダします。

数分で登場となります。

山形飛魚 亞呉屋 仙台店 

装いは山形(がどんなのか分かりませんが^^;)というか喜多方ラーメンか?

で、スープですが、強いインパクトは正直ない感じですが、旨味たっぷりのクリアな味で旨い!
「こってり」を頼んだのですが最初食べてるときはそんなにこってり感はなく…ただ食べ進むに連れこってり感をじわじわ感じてきます!

麺は平打ちの中太縮れ麺。柔らか目の食感もながらしっかりコシを感じスープもしっかり絡めて食べ応えあり!

青のりも振られていて風味もよし!

トッピングは一杯にちりばめられた玉ねぎ微塵切りが心地よい食感!ネギ、ナルトはやや控え目?

メンマは小振りながら強い味、小降りのバラ肉チャーシューが8枚程、軽く味付けもされているもスープとの相性もよく旨い!

ってことで以前札幌で頂いた味との比較はベースが違うのでできませんがさすがに人気店、細かいサービスもgoodで行った甲斐があったお店です!

 山形飛魚 亞呉屋 仙台店
 仙台市青葉区中央1丁目10-25 EDEN仙台
 ☎:022-748-5980
 営業時間:11:00~23:00
 定休日:なし
 
 URL:agoya.net/


大きい地図・ルート検索  ( powered by ゼンリン地図 いつもNAVI )