FC2ブログ
2019/12/31 Tue 19:10 ラーメン
2019年のこのブログ投稿もこれが最後になるでしょう!

最後を飾るのはやはりラーメンで行きます!時は今から8か月前に遡り^^;4月末…ゴールデンウィークが始まりました(笑)

この日は嫁さんが仲間と走りのイベント参加、下の娘がバイトで、予定のない私と上の娘で札幌近郊をドライブ!運転は上の娘に委ねます。

恵庭の道の駅「花ロードえにわ」に立ち寄りソフトクリームを頂き、その後向かったのが千歳の「レラ」になります。

ゴールデンウィークが始まって色々とイベントもやっていますが、思ったほどの混雑はなく駐車場へもすんなりと駐車することができました。

で、時間的に昼を過ぎて13時前。娘の合意も得て昼食はレラにある「ラーメン博覧会」にて頂くことに。

この時間になってもどの店もお客さんが並んでますね。そんな中でチョイスしたのは「櫻島」さん。

こちらのお店も20人近く並んでます。で、そのお客さんの大半は外国人…っていうかアジア系の人たち。この光景が本当に当たり前になりましたね。

20分くらい並んでようやくテーブル席にご案内…が、アジア系の女性2人組と相席になりました。

さてオーダですがこれまでオーダしたことのない「極旨 辛塩とんこつ」(¥950)をオーダします。あっ、結果的にこのオーダが平成最後に頂くラーメンってことになりましたね。

櫻島 レラ店 

スープですが、従来の櫻島ラーメンの塩豚骨に豆板醤やラー油等の辛味が添えられて味付けされているのでしょう。

デフォルトの旨味はそのまま残されていますが、正直その辛味の前にやや弱まっている感もあるでしょうか。

麺は細ストレート麺。ギリギリの茹で加減、豚骨系、そしてこの味付けとしてはもう少し固めでも…またスープの絡みもやや弱いかもしれませんね。

トッピングは櫻島ラーメンと同じく、薄切り、炙り、角煮と3つの味のチャーシューが中央に存在感を示しています。ただどちらかと言えば辛味のないスープの方があっているような気がします。他にもゆで卵、ネギ、高菜でこちらは辛味のスープにもよく合いますね。

ということで千歳限定のメニューのようですがそのチャレンジ性は嬉しいですが、個人的にはもうひと味のインパクトが欲しいかなってところですね。もちろんまた新たな展開にも期待しています!

★ 過去記事
 ラーメン日記<353> ラーメン櫻島 千歳OM レラ店(その3)」
 ラーメン日記<222> ラーメン櫻島 千歳OM レラ店(その2)」
 ラーメン日記<89> ラーメン櫻島 千歳OM レラ店」
スポンサーサイト



2019/11/29 Fri 07:39 ラーメン
今年2回目の仙台訪問。

現地で作業をしているメンバーとの面談や作業状況の把握、そして夜は慰労の飲み会となります。

20時近くまで残業の後国分町近くの居酒屋で飲み会。翌日もあるので1次会で解散となりホテルへ帰路でやはり締めの一杯を頂かないわけにはいかず…^^;

ホテルのある一番町付近でお店を物色し見つけたのが「おっぺんしゃん」さんです。

店は青葉通り沿い、サンモール一番町との交差点付近にあります。看板のにぎやかさに反して静かな店内、客層は若いですね。

BGMはお店専用の有線放送でしょうか?店内にこもる厨房の熱気を冷ますべく人知れず地味にそよいでいる空調がいいですね。

で、お店のHPによると「おっぺんしゃん」とは 熊本弁で「決してべっぴんではないが気立てのよい人気者」。

「見栄や格好にとらわれず流行に流されず本当に旨いもんを作りたい。楽しんでいただきたい。」との思いが込められているんですね。

で、熊本や仙台ローカルのチェーン化と思ったら、北海道にも札幌、江別、岩見沢と3店舗あるんですね。札幌の店舗の住所を見て「あぁ、あそこか…(割と鬼門のロケですよね^^;)」と納得です。

さてオーダですが入口の券売機で購入。せっかくなので所謂全部載せ系の「マル得おっぺんしゃんらーめん」(¥880)をオーダします。

らーめん おっぺんしゃん 

スープですがベースは豚骨、そしてマー油が強烈な醤油味の個性を醸し出していて濃厚な味わいとなっています。

これが熊本ラーメン?散りばめられた背脂もGood!卓上のコク出しにんにくの投入でコクと旨みが増します!

麺は細ストレート麺、茹で加減はカタでオーダしています。豚骨スープとの相性の良さは九州ラーメン系の定番でしょうか?

「バリ」が店のお薦めですが、「カタ」でも多分に漏れずしっかりとスープを絡めて美味しく頂けます。

トッピングですが、玉ねぎ、キャベツ、ニンジン、モヤシと炒められた野菜陣というのは豚骨系では珍しいかな?

一方で定番のキクラゲ、ネギ、味玉、海苔4枚が脇を固めます。で、バラ肉角煮チャーシューがトロトロで旨し!

ってことで酔っぱらってる状況でもしっかりその味を堪能することができました!

仙台で再訪というよりは札幌のお店を訪れてみる方が現実的ですね。

 らーめん おっぺんしゃん 青葉通店
 仙台市青葉区一番町2丁目5-31 須藤ビル1階
 ☎:022-223-2770
 営業時間:11:00~24:00
 定休日:なし
 
 URL:www.oppesyan.jp/


大きい地図・ルート検索  ( powered by ゼンリン地図 いつもNAVI )
2019/11/13 Wed 07:44 ラーメン
4月中旬の週末、気温も10度を超えて天気は快晴!北海道にも本格的な春がやってきました!

下の娘はバイトですが、嫁さんと上の娘は予定もなく、ならばお出かけ心を抑える必要はないでしょう!

さてどこに行こうかとタウン誌等を眺めていて決めたのが増毛。國稀酒造、蒲鉾、海産物…魅力的なウリがたくさんありますね!

札幌市内から国道231号線をひたすら北上、途中初見参となる厚田の道の駅にも寄りつつ、増毛町内に到着したのは13時過ぎとやや昼を過ぎた頃合い。

で、前述のウリ巡りの前にまずは腹ごしらえ!向かったのは「麵屋 田中商店」さんです。

國稀酒造さんの向かいにあるこちらのお店、以前にもこのブログで紹介していますが、何と9年ぶりの訪問になりました!

昼時も過ぎていたのですがテーブル席は満席、カウンター席に余裕があり我々はそちらにご案内となります。

内装はログハウスちっくな趣とでも言いましょうか。空間の広さに比べて広々とした開放感がありますね。

で、メニューですが嫁さん、娘と味を分担。私は「海鮮しょうゆラーメン」(¥980)をオーダします。

10分ほどでオーダの品物は登場です。

麵屋 田中商店(その1) 

スープですがきれにい澄んだ見た目、しかし味の方は魚介エキスが旨みとして全面にアピールされ、一方で結構濃厚な醤油味です!麺や後述の多彩なトッピングとの相性もよくどんどん飲めてしまう美味しさで美味いです!

麺は中太縮れ麺…地味に結構太目に近いですね。茹で加減は柔くもなく固くもなく、しかしもちろん味はボケることなくトッピングやスープの味を否定することなく自らの存在感もしっかりアピールし調和しているのがよいですね!

トッピングは魚介系だけあってチャーシューはないもののネギ、さらにワカメ、そして岩海苔がたっぷり盛られスープの旨味をさらに増大させ、ご飯も欲しくなる旨味!

メンマもたっぷり入っていて、さらにベビーホタテに地元名産の煮ダコがマッチし美味しい!極めつけはタラバカニの足一本!美味いです!

ってことで嫁さんは担々麺、娘は味噌ラーメンをそれぞれ海老風味で頂きましたがこちらも想像通りの旨味で美味!

麵屋 田中商店(その2) 遠い^^;
麵屋 田中商店(その3) ピンボケだ^^;

お酒調達時には来店必須!

★ 過去記事
 「ラーメン日記<7> 麵屋 田中商店」
2019/11/09 Sat 07:41 ラーメン
既に7か月前の話ですが、今年もプロ野球が開幕、一方、下の娘が某会社で就活面接。

場所がやや不便なところでもあり試合開始の時間にも間に合わせるべく面接終了後に家族そろって迎えに行きました。

その目的はもう1つ、前から行きたかったラーメン屋さんにぜひ行ってみたいとの私の提案が珍しく認められました!

そのお店が「ハナウタ」さん。知る人ぞ知る人気店、嫁さんでさえ聞いたことあるとの反応で来店に承諾^^;を得られた程です。

場所は東北通り沿い、店のそばに5台程度の駐車場がありますが生憎満車。で、店内外に4~5組の待ち行列です。

なので私と下の娘が駐車場付近で、そして嫁さんと上の娘が玄関前でそれぞれ車と席の空き待ちに。

で、15分ほどして嫁さん達からオーダ依頼。ほどなく駐車場も空いてやっと家族4人合流します。

で、合流からすぐに店内へご案内。カウンター数席と座敷席が2席ほどの店内。我々は座敷テーブル席の方にご案内されます。

店のスタッフの方も家庭的雰囲気で非常に親切な応対です。

で、オーダですが麺類・餃子等多彩な中、やはりチョイスすべきはウリの「薬膳ラーメン」でしょう!

ということで今回はその中でトップメニューの「薬膳香辛味噌」(¥750)を中辛でオーダします。

店内の混雑ぶりの割に10分ほどでオーダの品は登場となります。

ハナウタ 薬膳香辛味噌 

スープですがベースは見た目白っぽい甘い味は札幌では珍しい麦味噌ベースで、にんにく・生姜・唐辛子が効いていて旨味たっぷりです!

で、薬膳というだけあって桂皮・ナツメ・八角・山椒等のスパイスが効き、さらに辣油で辛味をさらに増しているのかな?

中辛ではありますが程よい辛さでそれぞれの食材の旨味を感じられます。薬膳スープだから完飲していいですよね(笑)

麺ですが中細やや縮れの麺。喉越し良く、もちろんスープをしっかり絡んでくれるのでドンドン食べらさりますね。

量も適度に多くしっかり主張してます!

トッピングですが真ん中にドドンと白髪ねぎと炒めモヤシの山!

それを囲むようにまず豚バラ肉はスープ同様甘目の味付け、軟らかくてスープにも合います!

シャキシャキのメンマ、そして辛味噌系に鉄板の相性のキクラゲも美味い!

で、スープには地味に細切れにされたパプリカが隠し味でGood!

ってことで他にアジ風味だったりつけ麺もあったり麺系のメニューの多さとその美味さは言うまでもないのですがもう一つのウリは餃子。この日は焼き餃子と水餃子をオーダ。

ハナウタ 餃子 
ハナウタ 水餃子 

ジューシーという言葉だけでは足りない旨みは絶品!餃子専門店にも勝る味はお薦め!

その他、豚バラ肉が美味しく活かされたハナブタ飯も絶品!

ハナウタ ハナブタ飯 

これだけの行列ができ評価も高いのも大いに頷ける!

待ち覚悟なのが辛いですが無論再訪必至!で、人にも推せるお店です。!

 ラーメン・餃子 ハナウタ
 札幌市白石区栄通10丁目1-1
 ☎:011-397-8112
 営業時間:11:00~15:30/17:30~20:30
 定休日:水曜日・第1第3火曜日
 
 URL:www.facebook.com/ラーメン餃子-ハナウタ-1517640338523629/


大きい地図・ルート検索  ( powered by ゼンリン地図 いつもNAVI )
2019/11/01 Fri 07:46 ラーメン
仙台です。プライベートでは一昨年娘と来ましたが、仕事では9年ぶりとなりますね。

千歳から空路、仙台入り。仙台駅到着後、まずは定番の牛タンを頂き、その後打ち合わせ先のビルへ。

で、当然のように打ち合わせ相手のお客様との懇親会を青葉通一番町駅近くの居酒屋さんにて…さらに2次会は同じ会社のメンバーにて国分町へ北上しての開催でお開き。

ホテルは地下鉄広瀬通駅のすぐ近くで普通に歩けば5分で着くところをすっかり酩酊して道に迷い結局30分近くこの界隈を徘徊してようやくホテル着。

無駄なウォーキングにすっかり酔いも周りここはベッドでバタンキュー(死語^^;)のところ、もう一つ仕事があることを私の胃は忘れてません。そう仙台でのラーメンです!

ベッドに横たわりながら食べログを検索、近くのラーメン屋さんを探したら割と高評価の店を発見!

向かったのは「末廣ラーメン本舗 仙台駅前分店」さんです。

場所は青葉通りと広瀬通の中間を平行に走るクリスロード商店街と愛宕上杉通りの交差点付近。店名に駅前とありますが仙台駅からは割と離れていますね。

で、さすがに仙台でも有数の人気店とあって23時近くでも既に7~8人が並び、あっという間に私の後にも10人程度の列が…結局20分近く待ってようやく店内にご案内、カウンターのみ8席からなる店内で一番端の席にご案内です。

客層はやはりサラリーマンが多いですかね。

さてオーダですが、まずは奇をてらうことなく素直に醤油味の「チャーシュー麺」(¥1,030)を注文。5分ほどで登場となりました。

末廣ラーメン本舗 仙台駅前分店 

スープですがじっくりと煮込まれた濃い口の醤油味。

野菜、豚、鶏をたっぷり使ってタレは発祥元の京都から届けられているとのこと。そのトッピングとの相性からさながら豚すき焼きのようにも感じ、なので麺との相性もgood!

麺は中細ストレート麺。地味にコシもしっかりしていて量もそこそこあり食べ応えがありますね。

スープとの相性は前述のとおり良くしっかり絡みますね。

トッピングですが何といってもスープの中にたっぷりと投入されているチャーシュー…どちらかというと豚肉の薄切り切り落としって感じですがスープをしっかり染みこみ柔らかく美味しく頂けます!

あとは若干のネギ…但しカウンターにはザルに入った追加トッピング用のネギが用意!

これはネギラーの私に取っては嬉しい限り。当然ながら節度を持って追加させていただきます^^;

ってことで並んだ甲斐があった仙台有数の人気店。

正直美味いって唸らせるっていうよりそのジャンキー感が親近感を感じさせるかな?また、再訪したいですね!

 末廣ラーメン本舗 仙台駅前分店
 仙台市青葉区中央1丁目7-18 日吉第一ビル
 ☎:022-397-8112
 営業時間:24時間営業
 定休日:無休
 
 URL:www.fukumaru.info/suehiro/


大きい地図・ルート検索  ( powered by ゼンリン地図 いつもNAVI )