FC2ブログ
2017/08/30 Wed 06:08
昨日は旭川のFighters vs Hawks戦が雨で中止。

で、今回はその前のカード:Eagles戦が開催された仙台への旅の模様を写真でバンバン紹介します!

まずは観光地から…

伊達政宗さんゆかりの地ですから…

瑞鳳殿。

瑞鳳殿 

青葉城のご存じ、伊達政宗像!

ご存じ、伊達政宗像 

うみの杜水族館です。ホヤの養殖が仙台らしいですね!

うみの杜水族館 

マボヤの養殖です 

そして松島や、あぁ松島や、松島や…

松島遊覧船 

松島や、あぁ松島や、… 

瑞巌寺もあります。

瑞巌寺 

さらに市内のアンパンマンミュージアム!

アンパンマンと踊ろう! 

さぁ、今度はkoboパーク宮城編。

koboパーク外観

koboパーク、観覧車とスコアボード 

観覧車から市内を臨む 

試合の方は2日とも満員御礼!

満員御礼! 

で、初日、2日目と連勝!

今日も勝ちました! 

また勝ちました!

最後は食べ物編!

まずは名物:牛タン!

東山さん本店。

東山さん 

利休さん大和町店。

利休 大和町店さん 

おやまさん。

おやまさん

大和煮、これが美味い!

次はずんだ!

ずんだとずんだシェイク 

最後は塩釜卸売市場の只野さんで海鮮丼!

塩釜卸売市場 

只野さんの海鮮丼

ってことで約8年ぶり?となる仙台、良かったですね!

また2年後くらいに仕事で行くことになりそう…もちろんここまでの観光はできませんが、楽しみになりました!

スポンサーサイト



2015/12/29 Tue 09:04
すっかり投稿するのを忘れておりました^^;

10月上旬に行った道東三都の旅、最終編は2泊3日の最終日、釧路は和商市場での朝食後の札幌までの帰路になります。

釧路市内からは国道38号線をひたすら西に走り、白糠町内に入り白糠市街で国道392号線に折れて北上。

開通なった道東自動車道の白糠ICの手前、中茶路にある白糠酪恵舎です。

チーズ工房 白糠酪恵舎 

ここのチーズは地元:白糠の道の駅で販売されていますし、釧路エリアは勿論、札幌など全道的にも、さらには全国でも人気ですよね。

前から名前は知っていましたが、訪問するのは初めてです。

勿論、この日もカマンベールなどのチーズを購入、さらにはソフトクリームが濃厚で抜群の美味さです!

 チーズ工房 白糠酪恵舎

   白糠郡白糠町中茶路
   ☎:01547-2-5818
   営業時間:10:00~17:00
   定休日:不定
   HPrakukeisya.jp/


その後、白糠ICから道東自動車道に乗り込みます。

さて、同行した方の中に松山千春が好きだったという人がいて…話のネタにってことで、ここは本別ICで降り国道242号線を北上し足寄の実家へ。

ちー様生家 

かなり昔に自分も来たことがありますが、周りの雰囲気、さらにはご自宅そのものもかなり立派になりましたね。

さぁ続いては、十勝エリアに入ったこともあり、ぜひ十勝平野の雄大さを堪能としてもらおうとナイタイ高原牧場へ。

が、到着してみると何か様子が違い、車で入れそうな入口がゲートで閉まっています。特に看板もなく人気もない。

近くに事務所に入り込み何とかスタッフの方を発見。聞けば前週に道東を襲った台風の影響で展望台の売店や柵などに大きな被害があり、見学できるような状況になく閉鎖中とのこと…

足寄から一路40㎞程飛ばしてきましたが、トホホ…代わりに同じような見晴らしの良いところはないかと探し出したのが音更・駒場の十勝牧場。

ナイタイ高原牧場からはまた40㎞一気に南下、しかもほぼ直線道路。この辺りが広大な十勝平野ならではと言えるでしょうね。

十勝平野広し!  

生憎ちょっと曇ってきたせいもあり、正直ナイタイ高原牧場程の広大感とはいきませんが、それでも広大な十勝平野は堪能できます。

さぁ、この旅の締め括りはこの日の昼食ってことで帯広の豚丼。

時間はもう14時近くになっていたのでさすがに混雑のピークも過ぎただろうってことで、最近人気急上昇の「T」さん、さらに駅前の老舗の人気店「P」と訪問しましたがいずれも長蛇の待ち行列で断念。

で、次に選んだのは以前家族で行ったことのある「はげ天」さん。市内中心部の歓楽街・銀座通り沿いにお店はあります。

こちらは何とか入ることができ、豚丼をしっかり堪能できました!

はげ天の豚丼 

 はげ天 本店

   帯広市西1条南10丁目5‐2
   ☎:0155-23-4478
   営業時間:11:00~21:00
   定休日:不定
   HPwww.obihiro-hageten.com/


ってことでこの後は帯広名産のお菓子を「アンデルセン」さんで購入し、道東自動車道で一路札幌へ。

車内では札幌ドームで行われていたクライマックスシリーズの中継に一喜一憂…が、残念ながらFightersは1stステージ敗退…

まぁこれも一つの思い出として無事札幌に帰着しました。

ってことで少し間隔も開きましたが^^;この投稿も終了です(笑)


2015/11/08 Sun 09:09
道東三都を巡る旅…あら、もうあれから1か月が経とうとしています…

こちらの投稿も早急に進めなくては!

ってことで前回は釧路湿原を鑑賞後、釧路市内のビジネスホテルへ向かったところまで書いたかと思います。

で、ビジネスホテル泊なので食事は基本的には外食になります…というかむしろせっかく釧路に来たのだから夜、そして翌朝の朝食も外で頂きましょうという狙い。

まず夕食は嫁さんが同じ会社の釧路支店(?)の方にお薦めを事前に確認、かつ予約済!

釧路市内の歓楽街の一角、栄町にある「居酒屋 達」さんです。

カウンターと座敷からなる店内、昭和の匂いがする正直何とも懐かしい佇まいの店内。しかし完璧満席…予約なしでは入れず、実際に自分たちの後に満席で入れなかった客は数知れずでした。

豪華な夕食! 

当然ながら魚介系が中心のメニュー構成、美味いお酒も頂きながらご親族の皆様も大いに満足された様子!

ネットでもあまり取り上げられている数は多くないのですが…だからこそ穴場と言えるのでしょうが、ぜひお薦めのお店です。

 居酒屋 達

   釧路市栄町3丁目2
   ☎:0154-25-0210
   営業時間:〔火~金〕18:00~24:00/〔土日〕18:00~29:00
   定休日:月曜
   HP:ありません?


で、翌朝の朝食は定番ながら和商市場にて…開店の8時目がけての訪問でしたが同じ考えの観光客も多く早速の賑わい。

勝手丼! 

ただどうでしょう…たまたまかもしれませんが、酢飯も冷めていたり刺身の方もやや小ぶりだったり味の方も以前よりちょっと…って感じで…

何度も来ているせいで舌が慣れてしまったのか?いずれにせよ、あまり観光色を強めて欲しくない貴重な味ではあります。

さて最終日の朝食後は一路釧路から帯広を経由して帰札の運びとなります。

こちらは次回最終回で紹介していくこととします!


2015/11/01 Sun 21:06
10月中旬の連休での道東三都の旅は2日目。

前日と打って変わってこの日はやや曇りがちな空模様。

ウトロのホテルを出発し知床峠を超えて羅臼に到着するとさらに雲行きは怪しく辛うじて国後の島影は伺うことはできました…

羅臼町からみた国後島 

国道335号線を標津方面に走り、さらに標津から国道272号に右折し内陸部へ…この辺りから急にスコールに見舞われ視界は100mもないくらいの豪雨に…

で、中標津では嫁さんの叔父の知り合いがいるとのことで、その方の家に立ち寄り…昼食を中標津のそば屋さんでご馳走になった後、その方の先導で中標津郊外の牧草地へ…そこには…

野生の丹頂鶴1 

なんと野生の丹頂鶴です!

野生の丹頂鶴2 

冬の風物詩的に思っていた丹頂鶴はもう根釧エリアに飛来、しかも餌付けされている訳でなく自らエサを探していたんですね…

最近はシベリアなどに渡らず通年暮らしている鶴も珍しくないとのこと…いずれにせよ地元の方の案内でなければこんな光景は見れませんでした。

この後、そのお知り合いの方と別れて摩周湖へ…しかし道中はずっと濃霧、そして弟子屈から摩周湖に至る道道52号屈斜路摩周湖畔線に入ると完全な霧で視界も50m程度。

そして摩周湖第一展望台で降りましたが…そこは「霧の摩周湖」ならぬ「雲中の摩周湖」(^^;

何にも見えない摩周湖畔…初めて訪れた叔父夫婦もちょっと残念の感…しかしそんな気持ちを払拭してくれたのは「小さなお客様」。

摩周湖のアイドル

とても人に慣れていて、恐らく観光客などに餌付けされているのでしょうね…まぁともかく嬉しいことに変わりなく…

その後、屈斜路湖を回り、弟子屈から道道53号、国道274号を経て道道1060号クチョロ原野塘路線に入り…

まさに釧路湿原内を横断するダート路沿いには雄大な釧路川の流れ、そしてシカも顔を見せてくれました。

優雅の湿原の流れ…

道端にはシカでした~ 

そして塘路で国道391号に合流、もうこの辺りでかなり空は暗くなり…そして釧路町に入り達古武から細岡展望台へ…

細岡展望台から見た釧路湿原。

雨も小降りになり夕暮れの中でもその雄大さはしっかりと伝わってきます。
この日の工程はこれにて終了!釧路市内のビジネスホテルに一路向かいます…

ってことで次回に続きます。

2015/10/25 Sun 14:41
9月末…嫁さんのお母さんの姉が名古屋から、そして弟夫婦が秋田からそれぞれ来札。

今回の目的は道東方面への旅行!弟夫婦は旭川から東側に行ったことが無いとのことで、道東に所縁のあるものとしてはぜひご紹介しますってことで北見⇒釧路⇒帯広の道東三都を巡る工程で行路を設定!

我が家では釧路方面は2年半ぶり、そして北見方面はあの道の駅制覇の旅以来5年ぶりとなるでしょうか。

今回は受験生の下の娘は留守番で、嫁さん・上の娘・嫁さんのお母さんとともに7名での旅です。

宿泊も1泊目は知床で豪勢に、そして2泊目は釧路のビジネスホテルで控え目(笑)に設定です。

出発は10/10、実は前日まで東京に出張、しかもあの爆弾台風が道東を中心に北海道に猛威を振るい…とにかく前日に出張から帰ることだけを考えて…幸いにも無事前日は最終便で帰札することができ、朝8時に札幌を出発!

風は強かったですが天気は抜群の秋晴れ!まさに台風一過とでも言いましょうか…札幌からは道央自動車道、さらに旭川紋別道を経て上川層雲峡ICで降り、そこから石北峠を超えてまずは北見エリアへ。

最初の到着地として選んだのは、昨年5月のリニューアル以来一気に人気スポットとなった「北の大地の水族館」!

山の水族館 

自分的にはどうしても旧称の「山の水族館」の方が馴染みがあります。で、自分が北見にいる頃はこじんまりした展示館って感じでしたが…場所も道の駅の中に移ったんですね、かつての面影は全くありませんでした。

で、ウリの水槽を2つ!まずは滝に見立てた水槽を上る様子が見られる「滝つぼ水槽」。

 ウリの水槽1 

さらに温根湯温泉を流れる無加川水流を引き込み、四季の川底の様子を見せる「四季の水槽」。

 ウリの水槽2 

頑張れ「ほっちゃれ」! 

写真は雄サケですがかなりの疲弊度…ちなみにこの時期はサケが遡上していてこの日は雌が産卵した後息絶えたとのニュースも貼られていました。

その他、「川魚のジャンプ水槽」など色々と趣向を凝らした展示は面白い!

道の駅「おんねゆ温泉」に併設されていることもあり、気軽に立ち寄ってみては?

 北の大地の水族館

   北見市留辺蘂町松山1-4
   ☎:0157-45-2223
   営業時間:〔夏季〕8:30~17:00/〔冬季〕9:00~16:30
   定休日:4月上旬、年末年始
   HP:onneyu-aq.com/


さてその後は国道39号線で北見市内を巡り、さらに網走へ。

網走と言えば刑務所…博物館の方を巡る時間がないので、今回は「本物」の方へ…

刑務所と国道を隔てる網走川は台風の影響で増水しており、堤防も一部浸水。

水嵩を増した網走川 

かつては正門として使われていた建物も、今はその奥に近代的な門ができ展示用としてその姿を残しています…

網走刑務所 

が、土嚢が積まれる等、台風対策が優先されておりました(^^;

この後は一路知床はウトロ温泉まで一気に向かいます…ちなみに翌日は曇り/雨の予想。

日没前にはウトロに到着できそうだったので、天気のいいうちにぜひ知床峠からの景色を見せたくて、予定を繰り上げて知床峠へ!

知床峠から見た国後島の夕映…  

知床峠から見た羅臼岳 

知床峠から見た国後島 

うん、いい景色を見ることができました!

ってことでこの後はホテルでゆっくりと温泉、ご飯を堪能…次の日に向けて英気を養いましたとさ。

2日目はまた次回!