FC2ブログ
2010/04/14 Wed 07:04 野球

序盤でリードする展開…

逆転されるも土壇場で追い付き…

 

うーん、こういう試合を勝ってこそチームの勢いも増すってもんなのですが…

去年まではこういう試合を勝ってきたのですが…

なんかFightersとMarinesが完全に去年までと逆転してますね。。。

 

で、この試合…

打線はともかく、やはり課題は投手陣。

前の試合の際に木田の使い方を考え直しては…と書いたばかりだったのですが、早くもその不安が的中してしまい…

ブルペンの準備もどうだったのかなぁってのもあるんですが…イニングの頭からならともかく、スコアリングポジションにランナーがいる状態での登板はどうでしょう。。。

結果論なのでなんとも言えませんが、林、もしくは金森あたりではどうだったのでしょうか?

それとも勝ち試合の早いイニングは木田…なんて「掟」があるのでしょうか?

 

さらにこれに続く久…よくなかったなぁ、6回は。。。

っていうか、こちらも準備できてたのかなぁ。だって6回から登板なんて何年ぶり?

早いイニングの登板に対して、体、そして心の準備はどうだったのかなぁ。。。

 

最後はウルフ…

甘いところに行ってしまうことがちょっと多く、ウイニングショットもなく、クローザー向きではないなぁ、やっぱり。

重いといわれていた球質も鳴りを潜めたし…

いよいよ金森あたりをクローザーに回す?

どうも今年は中継ぎでピリッとしてない…っていうか負け試合担当のポジションもどうかなんですが。。。

それとも増井なんかでも面白いかなぁ。。。

 

⇒ここからはコメントも頂き、新聞でも見ましたので修正しました。。。

 

愚痴の最後は鵜久森の骨折…

何でファーム行き?と思ったのですが、いつの間に折れてたの?

それにしてもツキがないというか。。。代わりに昇格となる「ひちょりの後輩の元気印」杉谷に期待しましょう!

 

いずれにせよ、この状態が続くのであればベンチスタッフも何かしら変えないとダメかも。。。


  第18戦 千葉ロッテマリーンズ(4月13日 札幌ドーム) 

  

  7-8   小林宏   ウルフ   

         福浦

   

  ウルフ(-2)

 また打たれちゃいました、一発を。。。各チーム2巡目に入って研究されて
 しまってるのでしょう…初登板の試合こそ2奪三振でしたが以降5試合は
 奪三振なし…やはりクローザーは三振を取れないと。やはり適性に問題?

 

  木田(-1)

 緩急の差があまりなく、コースが甘くなっては、手の打ちようもなくメッタ
 打ち状態になってしまい…そろそろ負け試合組に回って後進の指導に入って
 もよいのでは?正直、初登板以来、圧巻っていう内容は一度もないです!

 

スポンサーサイト