FC2ブログ
2010/08/25 Wed 21:40
 だらだらと「その4」まで来てしまいました(汗;)が、まだこの旅は続きます。

本別から国道242号線、さらに道道134号本別士幌線を走ること25km程で、士幌町の道の駅「しほろ温泉」に到着です。
しほろ温泉 

大抵の道の駅は国道沿い、もしくは市街地にあるのですが、この「しほろ温泉」はそのどちらにも該当しない珍しい立地条件の道の駅で、道道沿いの市街地から離れた小さな集落の中にある温泉に併設しています。

正直、大々的に何かイベントをやっているわけでもなく、地元産の何かを大々的に売っているわけでもなく、温泉施設に地元の方の集会所的な施設を併設した建物が道の駅も兼ねてますよ…って感じで正直きわめて地味です…

施設横には足の湯もあって、売店の方も親切丁寧で、背伸びせずにのんびりとやってます…っていう全てにおいて珍しい道の駅でした…

足寄と同様、士幌町にも道の駅が2つあって、次に向かうのはもう1つの道の駅「ピア21しほろ」です。

道道134号、国道241号を10kmちょっと走ると到着…
ピア21しほろ 

先程の「しほろ温泉」とは対象的に、施設的にも派手!そして売っているものも非常に多彩かつ独創的で…

併設のレストランではステーキ、スープカレー、道の駅弁当も数多く、さらにソフトクリームやホットドッグ・ハンバーガー系と数多くのテイクアウトメニューと本当に混乱する程のメニューの中で、最も目に付いたのは…

しほろのプリンたち 
プリンです…

カフェオレパンプキンチーズクリームバナナとカラフルな色分けで各300円。

そして女王蜂の如く、セレブでかつ怪しげな雰囲気を醸し出している女王様のメープルプリンは4個セットで1,580円!

ちょっと手が出せず買い控えてしまいましたが、どんな味なんでしょ?

この辺りで実は昼ご飯を食べそびれている事に気づきましたが…帯広市内での夕食を考え、テイクアウトの軽食で繋いで…

道道417号士幌停車場線、国道241号線、国道274号線をほぼ東にまっすぐ約25kmほど…鹿追町1つめの道の駅「うりまく」へ。
うりまく 
見てのとおり、ライディングパークに併設された道の駅で…何か田舎の牧場的なのどかな雰囲気です。

過去に1度来たことがあってその時には娘2人が引き馬に乗ったのですが…今回はもう図体もでかくなったのでそれは止めて…

代わりに広い芝生の上で「カタキ」(札幌エリアで幼少期を過ごした方ならご存知ですよね?参加者が皆敵となるの個人版ドッチボールとでも言いましょうか?)を娘相手に展開…見事に勝ちました

続いて国道274号線を10km程南下、もう一つの鹿追町の道の駅、その名も「しかおい」
しかおい

周りにある町民センターの方が目立ってしまい、ちょっと地味な感もありますが…地元の農産物・工芸品を売っていたり、自転車のレンタルなんかもやっていてなかなか面白い趣向です。

で、このあたりでタイヤがやけに白いことに気が付いて…

そういえば道の駅に入る際の歩道沿いに白い粉が巻かれていて…

この白い粉、道の駅だけじゃなくて走ってきた沿道沿い、特に牧場の入り口にも同じように巻かれていて…

これって口蹄疫対策の薬だったんです…

最近報道もされず、同じ北海道に居ながら牧場の少ない札幌では関心も薄れていましたが…

牧場を営まれている十勝の方々には今もなお死活問題に繋がる重要な問題であったことに改めて気づき、関心が薄れていたことに反省…

さて次はいよいよこの日の最後の目的地、国道274号線、道道133号音更新得線、国道241号線を南東方向に約30km弱、音更町の道の駅、名前はまたもそのまんま「おとふけ」へ。

おとふけ 
帯広のベッドタウンにして人口4万5千の北海道最大の「町」である音更町…それにしては道の駅はちょっと地味かな…

目に付くのは地元有数の企業「よつ葉乳業コーナー」…そして2階のレストランでは中華バイキングもあるようですが、着いた時間は休憩中でしたのでご相伴に預かることはできず…

ということでこの日の道の駅巡りは終了。

近くの柳月スイートピアガーデンに立ち寄って…

柳月スイートピア 

ここで疲れを癒すべくBreak!

甘いものに目がない嫁さんと上の娘は、スイートピア限定のガーデンクレープ。
ガーデンクレープ 

ということでこの後、帯広市内のビジネスホテルに宿泊…そして夜の街に繰り出しましたが、それはまた次回の講釈で!

スポンサーサイト