FC2ブログ
2010/09/11 Sat 12:32 野球
苦手:Hawksの山田相手にこの日も7回まで3安打と打てず、2つの四球を絡めて併殺崩れで得た1点しか奪えず…

打線が勢いづかない中、Hawksキラーの勝は6イニング投げて三者凡退は一度もなく毎回安打を浴び、しかも2回以外はすべてスコアリングポジションにランナーを背負う不調ぶり…

変化球の球威に欠け、いつもより球1つ分くらい高かったか…それでも失点は1に抑えるところが「キラー」なんでしょうね!

また初回、大野が3塁走者:川崎を刺殺したのが大きかったですねぇ!

で、勝の後を受けた宮西・榊原のセットアッパー陣はノーヒットリレー!

出した走者は宮西が四球を与えた山崎だけ…同じくパーフェクトリレーに封じ込まれたHawksの森福・ファルケンボーグのリレーとガップリ四つの投げ合いとなりました!

宮西は重心がだいぶ低くなったように見えました!まだ球はすこし高い気もしますが緩急で2三振を奪った大野のリードに助けられましたね!

榊原は絶好調!今年の登板の中で三本の指が(もうこのお約束も古いかぁ…)…じゃなくて指に入るピッチングだったんじゃないでしょうか!

フォームに力強さと躍動感があり、球威もありましたね!そしてこちらも的を絞らせない大野のリードも良かった!

そして10回表、Hawks:馬原がやや乱調気味!

四球の大野を陽が送って…ただこの処理も野手との連携がイマイチで際どいプレーに…続く賢介にもクリーンヒットを打たれ1死1・3塁…

そして迎えるは得点圏打率:2割台、犠打はリーグトップのひちょり…

こんな今年の彼の姿を知っているFightersファンなら誰しも、「4文字の作戦」が頭に過ったでしょう…

対して動揺が最高潮の馬原・山崎のバッテリーには、そんな作戦を考慮する余裕はなかった…ひょっとしたらHawksベンチもノーガードだったかもしれません…

少なくとも初球はウエストなりして牽制すべきところなのにそれはなく…そして2球目、完璧にひちょりはスクイズを決めてくれました!

Hawksのバッテリー、野手は守備体系的にもノーマークで貴重な1点をゲット!

そしてその裏、久もパーフェクトリリーフ!久しぶり(シャレじゃないです…)に彼らしい投球を見た!こちらも今年の登板で3本の指…に^^;入るピッチングだったのではないでしょうか!

ここでも鶴岡のリードも良かった!カーブ、スライダー、ストレートをうまく織り交ぜて相手打者を困惑しましたね!

さてこの投げ勝った勝利は大きい!

そして今日!ダルvs杉内のエース対決!

Hawksも目の色変えて勝ちに来るのは必至!左:杉内を打ちあぐむことが想定される中、前回登板で気迫を見せたダルがまたどこまで踏ん張りを見せるか!

そしてキーは6番からの下位打線…昨日は先発4人で14打数1安打7三振とあまりにお粗末…

昨日同様、相手は左の先発なので、大野⇒鶴岡、高口⇒飯山あたりの変更があったとしても右が4人続くでしょう!

ここでチャンスを作って上位に繋ぐ展開になれば杉内攻略も案外容易かもしれませんね!

もうこのカードは3タテをくらわすしかない!とにかく勝て、Fighters!

第130戦 福岡ソフトバンクホークス(9月10日 Yahoo!JAPANドーム)

  2-1(延長10回)   
榊原   馬原   武田久

                 なし


  榊原(+3)
 プレッシャーのかかる8・9回裏の2イニングをパーフェクトリリーフ!
 いつにも増して躍動感があるように見えたフォーム、そして投球で8勝
 目!彼の好投が勝利を呼び込む幸運ぶりは健在!10勝まであと2つ!

  森本(±0)
 ここまで打率.281に対して得点圏打率は.208と今年は滅法チャンスに
 弱く…そんな彼にはうってつけの策:スクイズを完璧に決めてくれました!
 これで犠打50でリーグトップ!ムードメーカーが決めチームも波に乗れ!


【マジック情報】   

Lions  5位以上確定! 3位以上 M 8 2位以上 M10
Hawks  5位以上 M 1 4位以上 M10
 
Marines  5位以上 M 4 4位以上 M13 2位以下 M10 
Buffaloes  5位以上 M 5 2位以下 M 9 3位以下 M10
Fighters  
5位以上 M 6 2位以下 M 9 3位以下 M10
         4位以下 M13
Eagles  2位以下確定! 3位以下 M 1 4位以下 M 4
         5位以下 M 5  最下位 M 6

スポンサーサイト