FC2ブログ
2010/09/17 Fri 19:43
 後志を完全制覇し、一気に太平洋へ抜けて西胆振に向かう道の駅の旅!

道の駅:「くろまつない」を後にして国道5号線を小樽方面に1㎞程北上すると、黒松内新道(こちらも国道5号線!)の入口:黒松内ICがあります。

ここから黒松内新道に入り5㎞程で黒松内JCTを経て道央道に入ります!

そして20㎞弱を駆け抜け豊浦ICで道央道を降り、国道37号線で10㎞弱で豊浦町へ!

一気に西胆振、そして一気に太平洋がすぐそばに広がる国道沿いに道の駅「とようら」があります。

とようら 

名物のイチゴはちょっと季節が違っていますので残念ながらありませんでしたが…何と言っても目に付いたのは…

地元の英雄:内藤! 

地元の英雄:元WBC世界フライ級チャンピオン、内藤大介が勝ち取ったトロフィーや試合で使ったグローブ、トランクス等の展示品の多さ!

もちろん彼は豊浦だけでなく、北海道の英雄でもあります!郷土の誇りとしてこのような展示を見られるのはうれしいものです!

さて続いては一旦太平洋を離れ、山間部を抜けた高原?を目指します。

国道37号線から道道97号豊浦京極線、道道285号豊浦洞爺線を経て国道230号線に入るとすぐに洞爺湖町の道の駅「とうや湖」があります!

とうや湖 

とうや湖という名前の割には、洞爺湖を望むことはできないのがちょっと残念…

作り的にも突貫で道の駅にしましたって感じの建物で…でも中にはしっかり地元の農産物が並び、胡瓜の漬物を買っちゃいました!

いずれにしてもこれからの発展に期待したい道の駅ですね!

せっかくなので洞爺湖を満喫しようってことで、国道230号線を少し戻って道道285号豊浦洞爺線を洞爺湖畔に向かって下り旧洞爺村市街へ…

そしてそこから道道578号洞爺虻田線、道道132号洞爺公園洞爺線にて洞爺湖を時計回りで半周、壮瞥町へ入って道道2号洞爺湖登別線、そして国道453号線へ!

トータル25㎞走ったところに道の駅「そうべつ情報館i」があります。

そうべつ情報館i 

情報館というだけあって、地元の農産物販売と並んで有珠山等の防災関連の展示・案内等の情報も充実!

それを知ってか知らぬか有珠山・昭和新山は呑気に構えてます…

有珠山&昭和新山 

 ここから再び国道453号線、道道2号線を通って洞爺湖畔へ…先ほど同様時計回りに道道2号線を湖畔沿いに走り温泉街を抜け国道230号線:三豊トンネルを抜け洞爺湖町・旧虻田市街へ抜けて再び太平洋へ!

そして国道37号線に入ってここまで約20㎞強…国道沿いのやや高台に道の駅「あぷた」があります。

あぷた

ここから太平洋を眺めると噴火湾一帯、そして有珠山、昭和新山、そして羊蹄山も遠く眺めることができます!

風光明媚 

もう夕刻…さすがに名物ウニ丼は終了でしたが、グルグル巻きのソーセージや農水産物の販売は多種多様!

しかしこの日は団体?らしきアジア系の方々で大賑わい…とっとと駅を出てきました(泣)

さてこの後、国道37号線を東上…約10㎞程で伊達市の道の駅「だて歴史の杜」へ!

だて歴史の杜 

迎えるは仙台藩祖:伊達政宗公の兜”弦月形前立”がお出迎え…

ちなみに私のご先祖様は伊達家の家来の田舎侍だったようで…なので親近感はとても強く…

近くの公園の入り口も大手門っぽく仕立てられて立派です!

大手門? 

駅の中には伊達家家臣の兜・甲冑・具足のレプリカ等も飾られて、他の道の駅とはちょっと毛色が違って面白いです!

さあ西胆振最後の道の駅を目指し、車は国道37号線をさらに東上!

室蘭市に入り、崎守地区で白鳥大橋に入りました!

もうこのころにはすっかり陽も沈み、大黒島と太平洋をオレンジに染めていい雰囲気です…

白鳥大橋  # 娘の撮影です…

そして大橋を渡りきって絵鞆半島へ下り、海沿いを少し走ること計20㎞強で道の駅「みたら室蘭」に!

みたら室蘭 

隣接の屋台や道の駅内のレストランも全て閉店済…そしてここの道の駅、駅の構内で直販とか行う施設が一切ないんですよね!こんな道の駅も珍しい…

近くには温泉、屋台村、水族館とレジャー施設は揃っているせいなのかな?

ということで太平洋に沈む太陽を眺めながら今回の旅は終了…

ちなみに娘2人は、この後に寄ることになっている「しまむら」での買い物のことで頭が一杯でした…(泣)

# 今回は2回で終わった!

スポンサーサイト