FC2ブログ
2010/11/05 Fri 23:51 野球
今日の夕方、Giantsのオビスポ投手とFightersの須永投手、紺田外野手の1対2のトレードが発表されました。

一番喜んでいるのは、恐らく須永でしょうか…クビを宣告されてもおかしくないくらいの崖っぷちの状態で、しかもドラフト時には「Giants以外なら社会人」とまで報じられたくらいですから…

で、一番ハズレくじは…紺田になってしまいそうな…

恐らくGiantsとしてはFAの可能性があった鈴木のスペアとして狙ったと思われますが…その鈴木は昨日、Giants残留を表明…

Giantsには日生のCMでお馴染みの松本や、一昨年Fightersから移籍した工藤など俊足で左投左打の同系外野手が多く…

実際、工藤は明らかにFighters時代よりも出場試合数も少なく…

打力においても今一つセールスポイントに欠ける紺田、果たして何に活路を見出していくか…

Fighters時代よりもGiantsに行って出場機会が増えた古城のようになって欲しいところです…


で、坪井が抜け、紺田も去り、Fightersの控えの左打者はますます手薄となって行きますねぇ。

1軍経験がある選手では今浪、村田、佐藤あたりですが…今一つパンチ力にかけるなぁ…

ドラフトでも左打ちの外野手を2人補強(この時点で既に紺田の放出は決まっていた?)したものの即戦力というわけにもいかず…

そんな中で期待するのは大平ですね、やっぱり。

ファームの試合ながら、そこで見せるアーチは大砲候補として期待させるものがあります!

同期:中田が右の大砲候補としてようやく片鱗を見せ…今度は大平の番でしょう!

もしひちょりがFAで他球団に行くようなことがあれば、空席となるレフトのポジションを村田、鵜久森あたりと競い合って欲しいところです!


そのひちょりですが…賢介が残留となり、去就が決まっていないのは彼だけとなりました…

で、実際にFA宣言した場合…実際に獲得に動く球団はあるのでしょうかねぇ…

犠打こそリーグトップを誇るものの、打率は2割7分台で長打力はなく、特に今年は得点圏打率が.214とあまりにもお粗末…

盗塁も10と脚力はあり、球際の強さには定評があるものの…肩が弱い(ホームへの好返球刺殺で強肩のイメージがありますが、良く見るとかなり前進した上での返球ですので…確かにコントロールはよいのでしょうが、糸井や師匠:新庄に比べると明らかに弱い…本人も認めていましたよね?)のがネック?

もちろん彼のムードメーカー的キャラクターは彼の最大のセールスポイントですが…これも監督によっては逆にマイナスとなる可能性もあり…

今年の推定年俸は8000万…これを他球団で見ると…
 多村、平野、坂本、金子千、浅尾 といった面々。

う~ん、これらの面々と比較して、また今年の成績を踏まえると正直本年レベル以上の年俸提示をするような球団はないでしょう…ここ2年怪我もしてますしね…

果たして買い手が現れるかどうか…いいとこ、Baystars、SwallowsといったBクラス在京球団くらいですかねぇ…

えっ、私の希望ですか?そりゃもちろん残って欲しいですよ…プレイヤーとしての期待はもちろん、やはりムードメーカーとしての彼の存在は欠かせない!

なんせ今シーズン、彼が登録抹消中のチーム成績ってかなり悪いんじゃないですか?

そしてFightersの序盤の低迷…その要因の1つが”稲田がいない…”つまりムードメーカーの弱体であったと考えます。

ですので、これでひちょりまでいなくなると…来年の不安要素も出てくるってもんです…



スポンサーサイト