FC2ブログ
2010/12/06 Mon 21:39 野球
今日BaystarsとBuffaloesの2チーム間でトレードが発表されました。

寺原、高宮両投手と山本投手、喜田外野手のトレードです。

山本投手は今年8勝…うち唯一2勝を献上しているのはFightersでしたが、一方で3敗していますから、必ずしもトレードが朗報とも言えませんかね…

寺原はHawksへ入団年、さらにBaystarsへの移籍後の初年度の成績が特によいので、来年1年目は要注意かもしれません。

それにしても寺原はHawks⇒Baystars⇒Buffaloesと3球団目、喜田はTigers⇒Carp⇒Buffaloes⇒Baystarsと4球団目の移籍…

特に喜田は今シーズン途中でBuffaloesに移籍したばかりで、半年の間に2度のトレードとは…これって前代未聞ですよね?

何か移籍させられやすい事情があるのか?それとも契約更改時に「いつでも移籍OKですよ」みたいな事項があって金額的に有利な条件となるのか?(まさかね…)

それにしても国内移籍市場においては例年のことながら、これらBで始まる2球団が主役ですよね…

にも拘らず成績の方は…育成力だけでなく選手の相馬眼にも欠けるのでしょうかねぇ…

そういえばBaystarsに移籍した稲田、江尻の背番号が変わりますね!

江尻はFighters時代の27に、そして稲田は00に変わります。

●蛇足ですが、Baystarsの27と言えば、前身のWhales時代のエース、剃刀シュートの平松が付けていた番号!そんな番号を江尻が付けるのって…まぁ平松以降にこの番号を付けた投手は小宮山以外はパッとした成績を上げていないので…ファンもチームもかつてのエースナンバーに対しての拘りは今や薄れたのでしょうかねぇ…

ちなみにひちょりは稲田がFighters時代に着けていた"5"っていうのも何かの縁か?

今更ながら…思えば稲田、ひちょりとFightersのムードメーカーの両輪がいずれもBaystarsに移ってしまったんですね…

来年のFightersベンチでムードメーカーとして後を継ぐのは誰なのでしょう…戦力強化だけでなく、そちらの方もやっぱり重要なファクターでちょっと心配ですよね…

スポンサーサイト