FC2ブログ
2011/05/05 Thu 17:43 野球
前回、ホフパワーの復活を予感したら、本当に打ってくれた!

しかも2発ですよ!

上下の変化よりも左右の変化とスピード重視の朴が相手なら…と思っていたら、その通りにきっちりとストレートをライトスタンドに運んでくれまして…

さらに「球界の小藪千豊」こと左腕:阿南(昨年の2グランドスラム/イニングを思い出した方も多かったでしょう!)から打ったのも大きい!

しばらくはプレッシャーの少ない7番で、完全復活を目指して欲しいところですが、明日のHawks戦は左の山田が先発…ここで確実に1安打でも放ってくれたら、いよいよ冬眠から覚めたと判断してよいでしょう!

もちろんこの日の打線は前日の鬱憤を晴らすかのようによく打ちました。

やはり初回、小谷野の内野ゴロで陽が本塁憤死でチャンスが萎んだ気運となったところでの稲葉の会心のタイムリーが眠っていた打線に火を付けました!

ダメ押し2ベースを放った中田、そして賢介、糸井がマルチ安打と好調!

そしてこの日結果を出したホフパワーに代わって、ここ3試合でノーヒット8三振の陽が今度は不安の種となってきたか?

一方、投手陣…

決して絶好調ではありませんでしたが、左の主軸:後藤・T-岡田、さらには右の主軸:北川・竹原・バルディリスもきっちり抑え得点を許さず!

昨年と違って、とりあえず走者を出しても四球などで自滅しないのが救いですね!

そして鬼門の5回、何と言っても牽制で2塁走者:下山を刺したのは大きかった!
(Buffaloesファンからは油断しまくりの彼のリードに非難轟々でしたね…)

リリーフ陣も榊原・宮西は本当に盤石!

が、谷元には一抹の不安がやはり残ってしまうなぁ…

さぁ、明日からは再び札幌ドームに舞台を移してHawksと首位決戦!

ウルフ、ケッペル、斎藤祐樹の3投手で3タテなるか?



第19戦 オリックスバファローズ(5月5日 京セラドーム)

  7-0   八木   朴贊浩

         ホフパワー×2

  ホフパワー(±0)
 朴からはストレートを、そして左腕の阿南からは甘いスライダーをきっちりと
 捕えて一気にホームランダービーのトップに躍り出ました!迎えるベンチの
 盛上がりを見ると彼の人柄がわかりますね!さぁこれで一気に不振脱出!

  八木(+1)
 5回を被安打5、与四死球2…81球の熱投は決して快刀乱麻とは言えない
 内容ではありましたが…きっちりと抑えるべきところを抑え、さらにBuffaloes
 の拙攻にも救われ無失点での今季初勝利は評価です!次回もこの調子で!
スポンサーサイト