FC2ブログ
2011/05/18 Wed 06:26 野球
いよいよ交流戦開始!

FightersはSwallowsを札幌ドームに迎えての首位決戦!

が、またも…勝の好投が報われず、連勝もストップ…首位も陥落してしまいました

勝は確かに昨日は調子悪かったが…今季のFightersが完封された4試合、実は全て勝が先発。

これは単なる巡り合わせなのか…打たせて取る投球なので野手陣のリズムを崩しているようには見えないが…

で、あまりの不運さにちょっと調べてみました…

今季のFightersの先発投手6人の防御率に対して、投げている間にどれだけ味方が得点してくれたかを防御率と同じ計算で求め(これを仮に援護率と勝手に名付けました…)、比較してみました。

名前勝敗防御率援護率
ダルビッシュ4勝1敗2.634.60
ウルフ3勝1敗3.194.06
武田勝2勝4敗1.761.20
ケッペル3勝0敗3.097.36
斎藤佑2勝0敗3.006.16
八木0勝0敗2.455.54
(手計算なので誤りがあればお許しを^^;)

この表の通り、勝は防御率が最も良いにも関わらず、援護率は最も低く、さらに唯一援護率が防御率を下回っている…

ケッペルや斎藤佑などはいかに味方の援護を受けて、勝ち星を伸ばしているかがわかりますよね。

さて試合の方を軽く…

館山はスライダーなどよかったですね…ポイントで中田、大野、そして糸井が三振に倒れたのが痛かった…

で、村田のバントが守備妨害に取られたのがさらに痛かった…

判定の是非は今更言いませんが…打球の行方といい、不運が重ねってしまった

主審:丹波…覚えておきます。

そういえば5/7以来、武田久も投げていないのもちょっと気になる…今日も出番はないかも…

さあ今日はダルビッシュでしょう!Swallowsはローテーションの谷間だし、上記のように普段通り4点取ってくれれば勝てるんです!

っていうか勝たないとね!



第27戦 東京ヤクルトスワローズ(5月17日 札幌ドーム)

  0-2   館山   武田勝  林昌勇

           なし

  武田勝(±0)
 ここ数試合打線の援護がなく4連敗ではありますが、昨日の試合は少し
 事情が異なり…Swalows打線に毎回安打を浴び、彼自身の調子もよく
 なかったか…彼曰く「今は辛抱の時期」その意識を維持し調子を取戻せ!

  中田(+1)
 12試合連続安打もとうとうストップ…走者がいる場面に三度登場でしたが
 併殺に2三振…打率も再び2割台に逆戻り…相手がエースであるからこそ
 打たなくては!過去交流戦にほとんど出ていない無念を今年こそ晴らせ!
スポンサーサイト