FC2ブログ
2011/05/27 Fri 07:16 野球
昨日の交流戦、各地でワンプレーが明暗を分ける展開が見られました!

Lions:栗山がまさにプロの技と言えるスーパー背面キャッチでサヨナラのピンチを救うと、延長に入って自らのタイムリーで勝利!

一方、Tigers:マートンはライトフライをキャッチの後、アウトカウントを間違えてボールをスタンドへボールを投げ入れ、貴重な追加点を奪われて…自らのタイムリーで流れを引き寄せかけていたのですが…

昔、Fightersでも陽だったか糸井だったか(失念)、同じようなプレーをしようとしたところ味方に声を掛けられ、危うく難を逃れたことがありましたが…

いつかこんなことも起きるだろうなと思ってましたが…このファンサービスもしばらく自粛されちゃうかな(泣)

そしてナゴヤドーム…

3回表、1点をリードされた展開で2死1塁で糸井の右中間突破のあたりをDragonsのライト:野本がスーパーキャッチ…

その裏に和田の2ランを打たれ…これで既に勝負あった感がありました…

味方の援護云々の前に自滅したケッペル、リリーフの谷元・石井も変わり映えなく…

打線もチェンの前にチャンスらしいチャンスも作れず…

武田勝が登板した試合以外^^;で初めての完封を喫しました…

投手が自滅、打線は沈黙、相手守備も好プレーでは流れが向くはずもなく、前の試合のリベンジをきっちりと果たされてしまいました…

今日はこんなところでもうやめときます…で、チームも今日は移動で明日から札幌ドームでCarp、Tigers戦と交流戦前半最後の2カード!

なんとか貯金を作っておきたい…ってことは3勝1敗以上が理想です!

そして3ゲーム差付いたHawksとはこれ以上離されてはならないのです!



第34戦 中日ドラゴンズ(5月26日 ナゴヤドーム)

  0-4   チェン  ケッペル

           和田

  ケッペル(+1)
 交流戦5連勝?開幕から4連勝?結局は味方の援護があってのものだ
 ということを証明する結果となりました…責任投球回数にも到達できず
 4回で降板していては先発の柱とは言えない…鶴岡復帰で変わるか?

  石井(-2)
 5回での登板ではまだ準備ができていなかった…と言える立場ではない
 のは本人も分かっているでしょうが…ピンチに出てきて四球、そしてタイ
 ムリーとあっという間に痛い失点…左腕と言うだけでは存在価値はなし!
スポンサーサイト