FC2ブログ
2011/06/13 Mon 00:22 野球
選手プロデュースデイの2日目。

ホフパワーの2試合連続アーチで勝ち越し、札幌ドーム初のジェット風船も飛び交い…

# 甲子園やYahooドームに比べて風船の飛び方がイマイチに感じられましたが、それってファンが慣れてないから?それともあえてあまり膨らまない風船になっているとか?

そんなFightersにとって”勝ち試合ムード”となっていた8回表。

村田のホームランで1点差に迫られるも、続くハーパーを空振りの三振…が、そのハーパーの空を切ったバットが大野の右側頭部に直撃…

ヘルメット越しであったにも関わらず、大野は出血した頭を抱えて蹲り…

担架で運ばれ退場して…しかしながら打撲・裂傷で4針縫ったもののCTスキャンの結果も問題無しだったようで…

甲子園・広島遠征にも同行するようでまずは一安心でした…

で、試合の方ですが…

両チーム合わせて三者凡退だったのは3回裏のみ…それでいて得点はともに3~4点という何とも見ててじれったい試合というか…

特にBaystarsは毎回安打の13安打を放ちながらの敗戦ですから、何とも後味の悪い試合だったでしょう…

Fightersも中田、ホフパワーのアーチに賢介のタイムリーだけですから…まぁ7安打で4点ならOKかもしれませんが…

先発:ウルフは6回で10安打を浴び…とにかく球が高かった!

それでいて2失点に抑えたのはBaystarsの拙攻に助けられたのもありますが、与四球がなかったことが挙げられるでしょうか?

その後、榊原、そして宮西がワンポイントで出てきましたが…今日はストレートがいいところに決まってました!

続く増井は村田にホームランを浴び…中途半端な球を運ばれましたが、油断があったのではないでしょうか?

でもその後はハーパー、金城を三振に仕留め意地を見せました!

そして最後は武田久…代打:稲田にヒットを浴びたのはご祝儀って訳ではないでしょうが、その後の内藤を併殺に仕留めゲームセット!

ところでその稲田が出てきたとき…Fightersファンから歓声が上がるのはよいとしても、プラカードを持って応援する輩がいましたが、それってどうなんでしょう?

中にはかつての使い古しなのか「ヒット打て」とか「直人、ホームラン」みたいなことを書いてあるのもあって…

じゃあ、あの場面であなたたちは武田久が打たれて同点になることを願ってたんですか?

旅立った子供を見守リ続ける親心のように勝手に勘違いしているのかもしれませんが、そんな輩は即刻三塁側・左翼側の応援席から出て行ってください。

本当にFightersを応援しているのであれば、試合中においてそんな行為はあり得ないと思いますし、何よりもFightersの選手に失礼。

見てて非常に不快でした…

これで札幌ドームでの交流戦カードは終了!ドームでは10勝2敗と驚異的な成績!

あとは5勝3敗とやや苦戦のロードで4試合を残すばかり…

Hawksがやっと負けてくれましたが、マジック2は変わらず…なので、負けられません!

とりあえず甲子園のTigers戦、勝とダルで連勝と行きましょう!



第46戦 横浜ベイスターズ(6月12日 札幌ドーム)

  4-3  ウルフ   須田  武田久

        中田 ホフパワー 村田

  ホフパワー(+3)
 昨日に続き同僚の外国人投手に勝ち星をプレゼントする貴重な2
 ランアーチ!マルチ安打も久しぶりで打率も2割5分台に戻して
 来ました!中田と共にやはり大砲の存在は大だ!あとは確実性…

  中田(+5)
 ようやく出た4番の一振り!それは彼自身としても札幌ドームにおい
 ても本当に久しぶりの、試合を動かす貴重な先制アーチでした!が、
 その後の2打席がやや大振り気味で凡退したのが気になりますね…
スポンサーサイト