FC2ブログ
2011/09/10 Sat 08:06 野球
ケッペルは相変わらず制球が定まらず自滅気味…

それに輪をかける味方の拙守…

一方で、4ヶ月ぶりの1軍のEagles先発:戸村をボール球に手を出して助ける打線…

いつの間にか0-3とリードされ…7連敗を覚悟しましたが…

迎えた6回表、7安打2四球を集中させて一気に8点を奪い逆転!

久しぶりにワンチャンスを活かして一気呵成に攻めるFightersらしさを見せてくれましたね!

不振だった上位3人:スケールズ、陽、糸井にも快音が聞かれ、4番を中田から小谷野に替えてそれぞれ打点を稼ぎ…

中田は最終回に久しぶりのアーチ…ただ既に勝負決したところでの快音に、またもかつての原辰徳を思い出してしまった…

さらには稲葉も低目の球を掬うヒットも出て、ホフパワーも2安打!

先発ノーヒットの鶴岡、飯山の代わりに今季初登場の加藤政、そしてこちらも不振だった今浪にタイムリーが出た!

ケッペルに勝ち星が付くのはちょっと納得いきませんが^^;とにかく連敗を止める快勝!

HawksもBuffaloesも敗れる展開で、優勝マジックの点灯を阻止し、3位とのゲーム差も広げました!

とはいえ、やはり懸念も残る試合ではありました…

まずは投手陣…

ケッペルは5回を9安打3四球3失点で100球を超える投球…これでは試合を作っているとは言えない…

失点にこそ繋がらなかったものの聖澤に牽制もなく簡単に二盗を許したり…

勝ち星はついても、それ相応の投球ではない…一度キャッチャーを大野に替えてみる等、カンフル剤が必要か?

そして調整登板(?)として出てきた宮西、榊原はまだしっくり来ない…

宮西は全盛時と比べて明らかにフォームが違ってませんか?そして榊原は明らかに球にキレがない…

ファンとしては耐えるしかないのでしょうかねぇ…

次に守備…イレギュラーバウンド等の不運もあったもののスケールズの守備のまずさがこの日は顕著に目立ちました…

とはいえ打力は捨てがないものがあり…こちらも耐えるしかないですかね…ちなみに賢介復帰後はDHしかないのでしょうか?

そして最後は選手起用…

6回の加藤、今浪の代打起用も正直クビを傾げるところでしたが、まぁ結果オーライで…

で、結果を出した加藤に次の打席はマックが代打…点差もあるしタイムリーで意気上がる若手をなぜ交替させる必要があったのか?

二岡への代打鵜久森なども不可解で、結局この日は野手は全員出場…

なぜ全員出す必要があるのか、若手育成という観点ではないですし、そうする目的がわかりませんねぇ…

投手の方も、明らかに疲れの見える榊原を投げさせる必要があったのか…むしろ登板間隔の開いている武田久あたりを投げさせてはどうだったのでしょうか?

そんな懸念も抱えつつ…今日は日本中が注目をするゲームとなりますね。

とは言いながら正直2人の格の違いは明らか…しかしここで斎藤佑がナイスピッチングでマー君に投げ勝てばチームに再び勢いもつくのは必至!

昨日爆発の打線も相手がマー君ならなおさら期待してはいけない…だからこそ斎藤佑の今年の集大成とも言っていいピッチングに全てはかかっています…



第112戦 東北楽天ゴールデンイーグルス(9月9日 クリネックススタジアム宮城)

  10-3  ケッペル  山村
         中田


  陽(+6)
 連敗中の打率は.190…思えば上位打線の出塁率の悪さも連敗
 の一因だったのでしょうが…この日はそんな鬱憤を晴らす4安打
 2打点2得点の活躍!上位が出て4番が打てば強いのです!

  加藤政(+1)
 今シーズン初昇格で一打出れば同点の厳しい場面での代打起
 用でしたが見事なタイムリーヒットで応え故郷に錦を飾りました!
 元々マックの後継として期待された逸材!ラッキーボーイとなれ! 



【マジック情報】 

Hawks 5位以上 M10 4位以上 M11 3位以上 M13
           2位以上 M16
北海道日本ハムファイターズ 位以上 M17 4位以上 M18 3位以上 M19
           2位以上 M22
オリックス・バファローズ   2位以下 M16 3位以下 M22
Eagles 2位以下 M13 3位以下 M19
Lions
 
2位以下 M11 3位以下 M18 4位以下 M26
千葉ロッテマリーンズ  2位以下 M10 3位以下 M16

スポンサーサイト