FC2ブログ
2011/10/02 Sun 09:12 野球
とりあえずHawks優勝が決定。

まぁやはり選手層の厚さ、特に野手…財力に任せて好選手を集めたのはもちろん、特に内川を代表するように期待以上、もしくはそれなりの期待程度の活躍をしてくれた…

あとは投手陣の安定感ですね。

こちらは補強ではなく、既存戦力が総体的に底上げされた感があり…

左の両輪はもちろん、ホールトン、攝津の先発陣、さらには森福、金澤、吉川の中継ぎ、そして馬原、ファルケンボーグの締めと12球団一のラインアップでしょう!

そろそろ他球団を褒めるのは痒くなってくるので、この辺にしておいて…但し、あえておめでとうとはまだ言いません。

さて昨日の試合…

陽の先頭打者ホームランで始まる驚きの展開(誰が驚いたって一番驚いたのは陽と成瀬の2人でしょう…)でしたが…その後は両チーム毎回走者を出しても点に結びつかず…

そして4回裏、とうとうMarinesが追いつき、成瀬の目も覚めてしまい、その後Fighters打線は沈黙。

さらに7回、中田の情けない守備も合ってとうとう逆転され1-2となり、ケッペル降板…

9月であればここからズルズルで敗れていたのでしょうが…10月からは救援陣が再生してくれた!

無死満塁のピンチを背負って登板した宮西がそのあとピシャリ!

その意気を組んでくれたか、翌8回、陽⇒杉谷⇒糸井で綺麗に1点を返し同点!

勝ち越しとは行きませんでしたが、以降1イニングずつ登板の石井、増井、武田久、榊原がパーフェクトリリーフ!

勝てないのは残念ながらも「いい」引き分けだったんじゃないでしょうか?

課題もあります。

相変わらず打てない小谷野、中田…まだ小谷野は守りで魅せてくれるが中田は昨日のような無様な守りまで露呈してしまった…

そして2度までも簡単に岡田に走られ送球すらままならなかった鶴岡…もちろんピッチャーのモーションもありますが、素人が見ても走ってくると分かる展開で、あまりに無策過ぎた…

逆にFightersの盗塁が悉く刺されたので、より浮き彫りとなってしまいました…

それにしても両チーム、11~12安打で2点ずつとは…

いや、そんなことは言うまい!とにかく 勝つことが大事だ!

成瀬に9安打浴びせて、2点取ったんだから凄い打線です!

で、今日はウルフvsペン。

正直、展開が読めません。打線と救援陣がカギであることには変わりませんが…



第130戦 千葉ロッテマリーンズ(10月1日 QVCマリンフィールド)

  2-2(延長11回)  


  中田(+2)
 元々「打」の人ですから守備についてとやかく言うのはお門違い
 なのかも知れませんが、それにしても球場の風特性を計算して
 いないかのような無様さが失点に…攻守共倒れだけは勘弁!

  宮西(-2)
 投球フォーム、さらには投球はまだまだパーフェクトではないで
 すが随所にいいものもあり、気持ちで無死満塁を凌ぎ切った!
 昨日の増井同様、ここまで来たらいい意味で開き直りが必要!



【マジック情報】 

Hawks 【優勝!】
北海道日本ハムファイターズ 【2位~5位確定】
           4位以上 M 5 3位以上 M 8
オリックス・バファローズ 【2位~5位確定】
           4位以上 M 6 3位以上 M 9
Lions
 
 
【2位以下確定】

           5位以上 M 4 4位以上 M10 3位以下 M 8
           
4位以下 M 9
Eagles 【2位以下確定】
                               5位以上 M 7 3位以下 M 5 4位以下 M 6
           
5位以下 M10
千葉ロッテマリーンズ 【4位以下確定】
            5位以下 M 4 最下位 M 7
 
スポンサーサイト