FC2ブログ
2011/11/06 Sun 09:20 野球
Hawksがそのまま3連勝で念願の日本シリーズ進出を決めました!

杉内vs涌井のエース対決となった第3戦、まさにその名に相応しい投手戦で9回を終わっても0-0で両投手ともに譲らず…

昨年のCSで敗れた雪辱を期す杉内、これ以上負けられない気合いの涌井…

序盤気合いが空回り気味でしたが5回以降走者を許さない杉内。

対称的に前半からの力の入った投球で飛ばしまくり5回までパーフェクト、それ以降は気合いで凌いだ涌井。

特に涌井はダルと投げ合ったファーストステージとは雲泥の差で、久しぶりに「らしさ」を見せました!

で、迎えた10回表…杉内はそれまで完璧に抑えていたおかわり、フェルナンデスに連続2ベースを浴び、とうとう失点で陥落…

その疲労感、脱力感からマウンド上で崩れ落ち…涙を流して降板、ベンチでもずーっと泣いていましたねぇ…

球数にして127球、もちろん試合の重みからその球数以上の疲れもあるでしょう…そして涌井との投げ合いで延長戦へ…

全ての緊張感が切れ、ある意味自らの気合いで覚醒していた自分が我に返った瞬間でもありました…

この涙でチームメイトは何を思ったか…昨年のCSでの屈辱を思い出したのは杉内だけでなく、チームメイトも同じでしょう…

そんな雰囲気を野球の女神さまは感じ取り微笑んだのか?10回裏の小久保のヒット、長谷川のタイムリーは何か神懸かったものを感じましたねぇ…涌井もそんな神の力(?)の前にとうとう力尽きて…

あとはLions:石井・牧田、Hawks:金澤・森福・馬原が踏ん張った!

特に森福はいいなぁ…左・右限らず同じようなピッチングを見せる!

既にHawksの日本シリーズ進出が決まった12回裏は対象外でしょう…牧田もいい経験をしましたね。

とにかくHawksの3勝という結果以上にいい試合が続いた3戦。

Fightersでここまでの試合ができたかどうか?

何よりも今日の杉内、涌井を限界まで投げさせエースと心中っていう采配はなかったでしょう…

それだけにファーストステージ第1戦の敗戦が悔やまれますねぇ…

吉井コーチのブログにはダルの故障が交替の要因のようなことも書かれていましたが、そうであれば尚更後続のリリーフ陣が踏ん張らなければならず…

個人的にはHawksの親会社は嫌いなのですが、日本シリーズはパ・リーグ代表として「Hawks」というチームを応援したいと思います…そういう気持ちにさせられたファイナルステージでした!

ちなみにセ・リーグはDragonsが王手!Swallowsに勝って欲しい気もしますが、やはり1位同士の日本シリーズが見たいかなぁ…

スポンサーサイト