FC2ブログ
2012/02/09 Thu 22:46 ラーメン
このシリーズでも最も紹介数も多く、私の”オキニ”のラーメン屋さんの1つである「山嵐」さん。

平岸本店とは別に、すすきの近辺にも出店をしていて、同じ店舗で昼と夜で別の顔(店名・メニュー)で営業をしています。

で。とりあえず昼の部については以前御紹介しておりました。

★ 過去記事「ラーメン日記<15> 麺 山嵐黒虎」

この”昼の部”については2回目の訪問で実食が叶いましたが…

いよいよ残された最後の砦(あっ、つけ麺とチャンポンは除きます)である”夜の部”を堪能すべく、すすきのでの飲み会の帰りに挑んでいたところであります。

が、1回目はスープ切れにつき閉店済、2回目は臨時休業…

そして3回目の訪問…まさに三顧の礼が叶って巡り合えたのが”夜の部”「山嵐雷文」さんです!

店に入ると8席程度のカウンター席のうち、ちょうど団体さんが帰って4席ほど空きましたので、すぐに着座。

と言っているうちに3名の団体が入り、さらにかなり泥酔状態の女性が私の隣に座って、程なく満席…さすがに名店ですな!

で、注文ですが、既に決め打ち的にあらかじめ決めていた”何でもありメニュー”の「特上月見の肉だくあぶら中華そば」(¥1,050)をオーダ!

店員さんに食券を渡す際、塩か醤油かの味を聞かれ…これは事前チェック不足で不意を突かれてしまいましたが、元祖であろう(?)塩を注文しました。

山嵐雷門 

見た目はチャーシューが丼からはみ出さんばかりの迫力…空腹の酔っ払いの食欲をそそります!

で、麺は細ストレートだ!太麺主流の山嵐さんなので、これはちょっとビックリ!

が、小麦の味がほんのりと感じられてスープの味をしっかり染み込ませて美味いです!

そのスープは背脂豚骨風味のかなりの濃厚さ…食べている時よりも、店を出た後の方がその濃さ・くどさを痛感しますね。

トッピングは海苔、ナルト(いいですね!)、ネギ、ホウレンソウ…

そしてはみ出さんばかりのチャーシューはちゃんと温められていて、味も染みて美味い!

さらにまさに”目玉”の生卵…割時のタイミングが個人の好みになりますが…

割ってからは濃い塩味がまろやかになって、これまたgoodです!

ボリューム的には麺・具ともにちょうどよいかと思いますが…やはりこの濃厚な味はある意味酔っ払いだから食えるかな?って気もしないこともないですが…逆にそういうコンセプトのメニューなんだろうなって感じですね。

黒烏龍茶なんか合いますね!さらに胃袋に余裕があれば米も欲しくなる!

三顧の礼の甲斐があった、しっかり期待に応えてくれたラーメンでした。

で、こうなると醤油味も気になる!さらにはカレー中華そばなんてメニューもあるのでこちらにも魅かれる!

もちろん今度はこれらを狙って足を運びます!


ちなみに私の隣に座った女性は大きなスーツケースを引きずっての登場でしたので、恐らく観光客か出張で来たのか?

で、なんと私と同じメニューで醤油味を注文しておりましたが…できあがりの前から半分”酔死”状態で…

品物が来てからも一口二口麺啜っては、”落ちて”しまうことの繰り返しで…挙句の果てには顔が丼に沈まんばかりの”落ち”ぶり…

最後まで見届けはせず、私は先に店を後にしましたが…どうなったのか?

ガイドブックやネットでチェックしてきたのか、それとも酔った勢いで訳も分からずのオーダーだったのか真相はわかりませんが…

あそこまで酔っていなくても、普通の女性にこのメニューはキツイかもしれませんね…

 あぶら中華そば 山嵐雷文
 札幌市中央区南3条西1丁目2-1 千歳ビル1F
 ☎:011‐272-9898
 営業時間:21:30~25:00 定休日:なし
 
 URL:best.miru-kuru.com/yamaarashi/


大きい地図・ルート検索  ( powered by ゼンリン地図 いつもNAVI )
スポンサーサイト