FC2ブログ
2012/04/04 Wed 06:37 野球
No2ピッチャーが打たれ、中軸が打てない…

まだ4戦目ですが、ちょっと状況は心配ですかね?

立ち上がり制球が甘く5安打を浴びたケッペルですが…まぁシーズン初登板ということで大目に見て、次がどうかですが…

オープン戦でも炎上することがあったので、ちょっと心配ではあります。

そしてケッペルに続くリリーフ陣…谷元は相変わらずランナーがいると甘くなる…これでは中継ぎでは厳しいですよね。

そして続く4人の投手は今シーズン初登板!

満塁のピンチを凌いだ乾はともかく、他の3人はそれぞれ1イニングずつの登板でしたが…

結果的に無失点で抑えたものの皆走者を許し(木田に至っては無死満塁ですから…)ピシャリと抑えられない…

それぞれ課題を残す内容ではありました。

そして打線…4~6番が完全に沈黙で打線を寸断…

特に中田、小谷野が重症だなぁ…打線をいじるにはまだ時期尚早だし、まずはこのまま見守るしかないのですが…

中田はミートできている打球もあるのですが、とにかく球道が上がらない…

やっぱりあの打ち方がどうなのか?構えに入るまでの堅苦しい「儀式」のような一連の動作、そして打ち方そのものがとにかく硬い…

どうもタイミングが取りにくそうで、決して起用とは言えない(?)中田にあっているのかなぁ?

同じノーステップのT-岡田の打ち方ももう少し柔らかいし…

まずは一本出てくれれば…ってとこですかね?

さて今日はある意味投手陣のカギを握る「6本目の柱候補」八木が先発!

ただファームでも打たれてるんだよねぇ…とにかく負けは許されません!



第4戦 オリックスバファローズ(4月3日 札幌ドーム)

  4-5  西  ケッペル  岸田
        なし


  ケッペル(-1)
 初回にいきなり5安打を浴びて2失点(逆に2失点でよく済みまし
 たが…)、そして100球間際の6回に捕まり結局5失点…とにかく
 変化球が真ん中に入って打ち頃になって…次回登板で立て直し!

  中田(-2)
 打率45位、出塁率42位…これがFightersの現在の4番の姿…
 何故2年続けて開幕スランプに陥るのか?本文にも書きましたが
 やっぱりあの打法が彼に適しているのか疑問に思うのは私だけ?


スポンサーサイト