FC2ブログ
2012/05/27 Sun 07:12 野球
今年4度目のドーム参戦。

いつもと違う眺めはとても新鮮!

3塁側からの全景。 

席はスタンドの最上段から10段くらい下がったあたりですが、何せ自分たちより後ろの列にはほぼお客さんがいなくて、横も空いていたので、広々と観戦させて頂きました!

# 観衆発表:25000人でそんな感じですから、改めて札幌ドームの収容能力に感心!

で、試合の方ですが…初回から先発のウルフと山内が好対照な内容…

ウルフはほぼ2-0、3-0とボール先行のカウントとなる展開で、球数も多く見てても疲れてくる投球内容…

何も気にせず見ているファンがそうなのですから、守ってる野手はより疲れてきますよね…

何とか3回までは無失点に凌ぐも、4回は加藤の悪送球から破綻して3失点…

そんなリズムの悪さが打つ方に波及したのか、5回途中まで山内にパーフェクトに抑えられ…

6回には戦犯:加藤のプロ入り初アーチで反撃の狼煙をあげて、ようやくスタンドも盛り上がって来た!

続く7回も1死満塁と攻め立て代打:二岡のタイムリーで1点返し、さらに代打:ホフパワー登場でこの日最高の盛り上がり!

が…初球を打って併殺となる最悪の展開…

7回から出てきた乾、榊原もボール先行のピッチングを「継承」し痛い失点に繋がった…

で、8回は2死1塁で中田に回り、一打同点!の期待がかかるもあえなく見逃し三振…この日も4タコ…

9回もDragonsクローザー:岩瀬に対して稲葉、陽といい当たりを見せたがいずれもその岩瀬の好守に阻まれて万事休す…

とにかく三者凡退で終わったイニングはなし(6回は四球から併殺で3人で終わりましたが…)と投手陣のリズム悪過ぎ…

まだ大きな破綻こそないですが…どうもチーム全般的に開幕当初の力強さがやや薄れてきている印象があり…

確かにマック、久の投手・野手の精神的支柱が離脱しているのは大きいのですが…

今日からのGiantsとの東京ドームでの「交流戦首位決戦」が、まずは真の強さを問われる天王山!

ビジターゲームでありながらホームゲームでもありますから、先発:武田勝に意地を見せて欲しいところですし、Giants先発:小山@今季初登板も早い回で捕えて欲しいですよね!



第45戦 中日ドラゴンズ(5月26日 札幌ドーム)

  2-4  山内  ウルフ  岩瀬

        加藤


  ウルフ(-1)
 とにかくボールが先行するリズムの悪い展開…走者を出すと自分の
 リズムも悪くして性格的に熱くなってピンチを広げる悪循環…味方の
 エラーもありはしましたがとにかく一人相撲になりがちで冷静さが要!

  加藤(-1)
 何てことはない遊ゴロを悪送球…微妙な判定とはいえ不安定状態の
 ウルフには無駄な走者となり結局3失点の引き金となった…プロ入り
 初アーチで反撃のきっかけも作りましたが…守りに安定感が欲しい…


スポンサーサイト