FC2ブログ
2012/10/14 Sun 07:34 野球
 いよいよCSファーストステージがセ・パともに開幕。

セはDragonsが快勝、そしてパはHawksが接戦を制して勝利!

ともにファイナルステージに向けて王手を掛けました。

Hawksの挙げた最初の得点…何かこのシリーズの行方を占う流れを感じましたね…

故障でシーズン終盤休んでいて最後に復帰、このシリーズのキーマンと言われていた松田がヒットで出て…

続く多村の当たりはラッキーなポテンヒット…この当たりがLionsにはボディブローのように効いたか…

そして今宮が体を張ってのスクイズで先制!

松田はキーマンとしての働き、そしてベテラン多村、若手の今宮がラッキーボーイとなっての1点は大きかった!

さらに投げる方では投のキーマン:攝津が見事な投球で8回を0封!

9回は替わったファルケンボーグを攻めて無死満塁!

ようやくLionsに流れが来たと思ったところで、昨年の日本シリーズのキーマン:森福が登場!

もちろんあの昨年の日本シリーズでの無死満塁を断ち切った「森福の11球」を思い出した人も多かったでしょう。

カーターのショートゴロの間に1点は許したものの、続く上本、高山を打ち取り1点差で逃げ切り!

攝津・森福のキーマンがきっちりと仕事をしての勝利となりました!

Lionsは最終回、左の森福が出てきたところで右の代打が高山しか残っていなかったのが痛かった…

左の大崎に左のカーターの代打(特に左に強いわけでもなく…)、さらに左の上本には捕手がもういなくて代打を出せず…

ようやく最後に高山を代打で送り、右飛を放つも時すでに遅しで…

その辺りを見込んでの森福投入でもあったろうし、総力戦で戦う渡辺采配も当然…

そう言った意味ではやはり巡り合わせと言うか、何かLionsには流れが向いていないっていう感じですねぇ…

またLionsは今シリーズのキーマンとみられている1・2番:浅村、秋山がエラーでの1出塁を除き沈黙でブレーキ…

牧田の好投も見殺しにしてしまいました…

さぁ今日は岸と武田!岸はLionsの投のキーマン、そしてHawks:武田はここで好投してしまうと投のラッキーボーイとなっていまいます!

何かこの流れのままHawksが有利かなぁって感じも無きにしも非ず…

そんな嫌な流れを払拭するのは、Lionsとしてはおかわりのホームランかなぁ…

決戦は13時から!