FC2ブログ
2012/11/29 Thu 20:05 ラーメン
前回から始まりました「夏の岡山・麺巡り」(いつからそんなタイトル付いた?)です。

その2回目…いよいよ岡山へ到着、市内観光後に岡山駅近くでレンタカーを借りて瀬戸大橋を渡りに、とりあえず坂出でうどんを食って…

そして岡山に戻り、先に同行した伯母と従姉をホテルで降ろし、レンタカーを返却し終わったのが20時を過ぎていました。

で、ちょうど小腹もすいてきた(^^;)ところだし、あらかじめ調べておいた岡山市内で人気のラーメン屋「O」さんに向かったのですが…

よくよく調べると20時で閉店(泣)…嫉妬深く店の前まで行きましたが、やはり閉店していて…

しょーがないので、その次の候補の店に向けてブラブラ…

なんだかんだで1時間くらい市内を歩いて到着しましたのが岡山駅前にある「小豆島ラーメン ひしお」さんです。

円形のカウンターが店内の入り口側に、そして奥に普通のカウンターやテーブル席もある明るい店内。

自分は円形カウンターの端に座って…で、チャーシューメン的なメニューを注文するのを基本としていましたので、今回もそんなメニューであろう「肉そば」(¥1,380)を注文です。

カウンターには会社の後、1軒飲みに行った帰りのようなサラリーマンの団体が陣取っていましたが、私のそのオーダーを聞いて、ややヒソヒソ気味…

もう一回メニューを見ましたが「醤そば(この店のウリメニュー)にドカチャーシュー」とある。

まぁ二郎系的な肉の盛りなのかなぁ?そう言えばやや値段は高いですが…

カウンターからは厨房の様子が見えるのですが、何やら緑と茶色の大きな山が見えています…まさか…

その予感は不幸にも的中したのでした…なんじゃ、このボリュームは!

ひしおさん    

空いた口が塞がらない…そのボリューム感たるや絶句。

思わずカウンターのサラリーマン団体とも目が合って、お互い笑っちゃいました…

写真じゃ伝わりにくいのですが、葱とチャーシューで築かれた山、そして丼からはみ出たチャーシューは丼自体をすっかりかくしてしまっているのがおわかりでしょう。

平らに、かつ綺麗に積み重ねられたチャーシューは見た目以上のボリュームがあります。

味自体はやや香ばしさも感じられとても柔らかく美味しいのですが…食べても食べても減らず…(泣)

ネギもたっぷりで、まさに薬味として口休めになるのだが、それ以上のチャーシューの量の前では屁のツッパリにもならず…

そしてようやく発掘された麺は細ストレート麺。

これまた通常の3倍(?)の量とのことで食べても食べても減らずそのうち崩れたチャーシューと入り混じり、またスープも吸い込んで胃にずっしりと重く圧し掛かります。

トッピングとしてチャーシューの頂上に載せられた麹味噌もいつのまにやら消えていて…

その他トッピングは何が入っていたか既に確認不能?

スープは醤油というより甘めの味噌の風味にも感じられやや濃い目。

これが店名にもなっている小豆島産醤油とカタクチイワシ等でじっくり煮込んだ”醤”スープで、さすがに旨いです!

が…これも胃腸への重量感を増す要因でもあったか?

ってことで「事前に確認が必要であぁ~る@某銀行CM」が頭の中を過ぎりつつも半分くらい食べたところで、とうとう屈辱のギブアップ…

もちろん、支払い時に「これだけの量とは知らなかったので…残してごめんなさい」とお詫びしましたら…

「こちらの説明が足りなかったんです。こちらこそ申し訳ありませんでした。」と恐縮されて…

屈辱感と申し訳なさだけが残る悔しい訪問…今度は(いつだろうか?)普通の量でしっかり味わいに伺います。

 小豆島ラーメン ひしお 岡山駅前店
 岡山市北区本町2丁目23
 ☎:086‐201‐1110 営業時間:11:00~24:00
 定休日:なし
 
 URL:www.hishiosoba.com/


大きい地図・ルート検索  ( powered by ゼンリン地図 いつもNAVI )

スポンサーサイト