FC2ブログ
2013/01/13 Sun 21:54 ラーメン
さて注目店・人気店シリーズは続きます!

2回ほど前に紹介した「すみれ」に娘と行った際、その前段で一番最初に入ろうとしたお店…

それから約2週間経ち、今度は嫁さんと「どっかラーメン屋さんに行こう」との話になった時に、真っ先に頭の中を過ったのがこのお店!

今も同じ平岸エリアにあり、元々この場所に出店していた「麺eiji」系のNewBrandである「NIBOSHI RAMEN AG」さんです。

もちろんこの店のoriginalであり、超有名店である「麺eiji」さん、および「men-eiji HIRAGISHI BASE」も行ったことがあって以前このコーナーで紹介させて頂きました。

★ 過去記事ラーメン日記<103> men-eiji HIRAGISHI BASE
      「ラーメン日記<10> 麺 eiji

一昨年の9月に「men-eiji HIRAGISHI BASE」さんが移転、そしてこの店のオープンは昨年の6月。

いやぁそれにしても旧「麺 eiji」さんも含めて、待ち行列は必至の人気店で…

この日も店の駐車場は満車で近くの一般駐車場に車を停め…しかし店に入ると、運よく待ちは2人だけ!

で、その後続々と4組位が入って来てラッキー!

結局10分程度は待ちましたが、店主の女性の方がカウンター席の空き席の配置を臨機応変に替えてくれて着席できました。

こういう対応は待ってて嬉しいもので…その後の接客も含めて女性ならではというところもGood!!

通常の「らー麺」もありましたが、新メニューに魅かれて「ゴンブトニボシ醤油(中)」(¥750)をオーダです。

ニボシラーメンAG         

その名の通り、麺が「極太」平打ち縮れ麺!

麺を啜るとそのコシの強さと縮れの摩擦から汁やスープに浮いている背脂が飛び散る暴れっぷり(笑)

そんなコシの強さだけでなく、麺そのものの味もしっかりと感じられ、さすが自慢の自家製麺といったところでしょうか!

スープは思ったほど煮干し臭さを感じず、どちらかというと醤油味の強さ、さらに背脂が大柄のままで入っていて…

その味を例えるなら、昔よく家で食べた竹輪やハンペン等を煮干しダシ&醤油で煮込んだおでんを思い出させ、背脂はその中のハンペンを彷彿とさせます!

トッピングはチャーシュー、メンマ、ネギとシンプル。

ネギはともかくチャーシュー、メンマにちょっとインパクトがないかなぁ…まぁ煮干しスープと特製麺を前面に出すためには他の具の余計な演出は不要ってところですかね?

同じ煮干し系のNさん”in北区”のような煮干し味を前面に出している感じではないですが、平打ち縮れ麺ってところは共通で…

これって煮干しとの相性は良いっていう共通認識なんですかね?

ちなみに中サイズ(230g)で、こんな私でも十分腹一杯になりました…もちろん味も大満足!

”大(330g)”や"メガ盛り(450g)"の注文だとどうなっていたか…

「屈辱…2度目のリタイア!」にもなりかねなかったかも…

 NIBOSHI RAMEN AG
 札幌市豊平区平岸3条9丁目9-18
 ☎:070‐5607‐1473
 営業時間:11:00~15:00/17:00~19:00
 定休日:第3火曜・水曜
 
 URL:HPはありません?


大きい地図・ルート検索  ( powered by ゼンリン地図 いつもNAVI )
スポンサーサイト