FC2ブログ
2013/01/14 Mon 16:20 野球
全く繋がりの無い話題を2つ。

ここのところのFightersの話題…っていうかプロ野球のニュースとして大谷の自主トレの話題がトップで賑わしていますね。

さらにはTigers:藤浪あたりもよく取り上げられていて… 

この時期ならではとも言えますが、期待すべき新戦力がいるってのは本当に楽しみですね。

で、その大谷…先日、鎌ヶ谷の練習場のロッカーにてゆーき君と遭遇、挨拶を交わしたとのこと…

ゆーき君、大谷フィーバーをどう見ているのか?

右ヒジ痛の回復が思わしくなくキャンプも2軍スタートが濃厚のようですが…

クレバーな彼のことですから大谷に触発されて自分も早く仕上げて…ってことはなく、「大谷は大谷、自分は自分」との思いでしょうが…

でもいい刺激にはして欲しいですね…Fightersフロントの言葉を借りれば「ドラフト1位はその年で№1の選手」だったわけですから。

その期待を自信に変えて、一方で焦らずじっくりと仕上げて欲しい。

今年は本当に結果を求められる年ですから…トレード候補や自由契約なんてことにならないようにエースナンバー18を輝かせて欲しいですね。


で、トレードと言えば…FAにてBuffaloesからHawksへ寺原が移籍、その人的補償として馬原がBuffaloesへ行くことになりました。

馬原と言えばHawksの抑えとしてファルケンボーグ、森福とともに大車輪の活躍を見せていた投手であり…

ここのところケガに泣かされている面もあるものの、今季はその復活が期待されていたところに、このトレード…

秋山監督辺りもメジャーから移籍の五十嵐も含めて、「抑えを再構成しなければ…と頭を悩ませる」ようなニュースも出ていました。

またHawksフロントも人的補償として馬原が指名されたことについて、「取られる可能性は低いと思っていた」との弁…

何か違うと思いませんか?そもそもプロテクトから外した段階で可能性云々の話ではないはず…

それが現場と合意のうえでのものだったのか?

昨年辺りもFAの人的補償のプロテクトから松中が外れたとか、現Giantsの杉内が移籍する際の対応に彼が涙を見せたこともありましたよね…

観客動員数がリーグ1のHawksではありますが、この辺りの対応ってファンはどう思っているのでしょうか?

地域密着はやはり勝ってこそとの考えなのか?ちょっと悲しい面もありますね…

トレードはプロスポーツでは付きものの話ではありますが…一方で基本的に育成重視の戦略であるFightersには、今回の馬原のように不可解な選手の扱いが考えにくいことにフロントへの信頼感、そして安心感を覚えます。

スポンサーサイト