FC2ブログ
2013/01/23 Wed 18:32 野球
今日の午後になってびっくりなニュースが飛び込んできましたね!

Fighters:糸井、八木とBuffaloes:木佐貫、大引、赤田の2対3の電撃トレードが発表されました。

今朝ほどのニュースでは、糸井が今季終了後のポスティングの意思を伝えたとともに契約更改も合意の方向との記事も出ていただけに、この報道には驚かされました。

これまでの経緯を察するに糸井の契約更改、メジャー挑戦の件がこのトレードのトリガとなっているのは間違いないところでしょう。

またBuffaloesが糸井の年棒支払いをネタにこのトレードを持ちかけたとの噂もありますが、その真偽は不明です…

初報を聞いた時に「えっ、なんで糸井?」っていう思いと同時に「相当ゴネたなぁ?」っていう感想も持ちましたね…

正直、あまり後味のいいトレードとは言えないところではありますが…

Fightersフロントの発表にもあった通り、中長期的に見るとFighters側にも十分勝算のあるトレードと言えますよね。

あと1年でメジャー行き濃厚な選手に高額な報酬を支払って今年1年の戦力として安定性を求めるのか、来年以降を見据えて穴となり得るポジションを今年から育成に取り組むのか…


もちろんFightersは後者。

セカンド、ライトの2つのポジションを巡って、いい争いが期待できますね。

赤田も当然そこに絡んでくるでしょうし…。

また八木と木佐貫を天秤にかけると、今年の成績を見ると…一目瞭然ですねぇ。

そして大引…ショートの守備力では球界でも上位にランクされる選手ですし、まだ28歳。

マックの後継としては十二分な補強と言っていいでしょう!


で、前者であろうBuffaloes側は糸井のメジャーリーグ挑戦の意思をどう受け止めるのか?

ある意味、今年1年限定の助っ人のように考えているのであれば、代償は大きいような…


ちなみに両チームのファンの方のブログをいくつか拝見してみましたが…

大方、冷静に受け止めているFightersファンが多いのは意外と言えば意外ですねぇ。

# もちろん悲嘆に暮れる女性ファンも多いようですが…

一方、歓迎というよりも嘆きが多いBuffaloesファンの気持ちもわかる気がする…

ファンの考え方もフロントの戦略の影響を大きく受けるんだなぁって気がしました。


PS1:

このトレードは糸井⇔木佐貫・大引の交換が発端で、そのバランスを取るべく八木・赤田が追加になったような気がしてならないのは私だけでしょうか?

だって…

八木は「北海道179市町村応援大使」で糸井とペア(黒松内町)なので、そのまんまペアでってことで…

赤田はBuffaloesにて背番号7で、糸井がそのまま継承できるので(赤田も同様?)ってことで…

まさかこんな安易な理由でってことはないとは思いますけどね(笑)


PS2:

赤田の背番号は糸井の後を継いで「7」、大引の背番号も今空いているのでそのまま「10」ってとこかなぁ?

で、木佐貫は今の「12」を2年目の松本が付けてますが、これを譲るのか?

っていうよりは八木の「29」を付けるんですかね、たぶん。


スポンサーサイト