FC2ブログ
2013/05/22 Wed 07:35 ラーメン
今回はちょっと珍しいタンメンのお店。

しかも四川風と辛めの味付け、さらに「紅麹」なる中国に古くから伝わる発酵物を使っての調理。

その「紅麹」がそのまま店名になった「紅麹屋」さん、環状通り沿いのラーメン激戦地:美園にその店があります。

白と赤を基調にした店内はカウンターとテーブル席があり、我々はテーブル席に案内されました。

で、今回注文したのはその紅麹がグッと活かされている「四川麻辣湯麺(マーラータンメン)」(¥850)です。

紅麹屋   

味はやや濃いめの醤油味がベース。

しかし山椒、八角が強くスパイシー風味が効いていて、特製のラー油等で辛味をつけています。

さらに別添の辛味ソース(?)を混ぜるとやや辛さが増しますかな。

麺は細目のストレート麺、最初の一口目はやや麺とスープの絡みが弱いというか、ただの麺の味しか感じない…

と思っていましたが、時がたつに連れあまり気にならなくなってきたのは辛さで舌がマヒしてきたか、それともスープに麺がコナレてきたのか?

後者だとは思いますが…(笑)

具はたっぷり!タケノコ、茹で卵、ニンジン、木耳等に加え、鶏ハム、揚げ牛蒡、刻み湯葉が美味しいなぁ!

いずれも辛めのスープをちゃんと受け入れつつ自分の味を最低限に主張して抜群のコンビネーションを形成。

しいていえばもうちょっと麺が多くてもいいかなぁ…

もちろん食べ終わった後、お腹にずっしり感はあるのですが…

嫁さんの注文したスーラータンメンの重量感がない分ちょっとだけ「少ないないかなぁ…」って感じになります。。

 四川菜麺 紅麹屋
 札幌市豊平区美園5条6丁目3-13 NSビル1F
 ☎:011‐831‐5505
 営業時間:11:00~15:00/17:00~21:30
 定休日:月曜
 
 URL:benikoujiya.com/


大きい地図・ルート検索  ( powered by ゼンリン地図 いつもNAVI )

スポンサーサイト