FC2ブログ
2013/05/25 Sat 15:31
もう3週間経っちゃいましたGW道東の旅。

釧路で1泊の後、翌日の朝は厚岸へ向けてGo!

まずは釧路市内の老舗酒蔵「福司酒造」さんに寄り道。

福司酒造 

こちらには初めての訪問でしたが、札幌近郊の酒蔵と比べて規模もこじんまりしている感じですかね。

直売店もあるのですが、事務所と繋がっていてお釣りとかもそこに取りに行ったりして、非常にアットホームな雰囲気でした。

こちらではお酒はもちろん、名物の「地酒ケーキ」も売っておりまして、いずれもしっかり買い込みました。

 福司酒造 直売店

   釧路市住吉2丁目13-23 ☎:0154-41-3100 
   営業時間 10:00~16:00(月~金)/10:00~14:00(土)  
   定休日:日曜・祝日
   HP:www.fukutei.net/


さてここからは厚岸まで海側コースの道道142号・根室浜中釧路線を行きます。

この道道142号線、知る人ぞ知る難読地名ルートで…

釧路から方面から行きます(一部、普通の和名の地名もあります)が読めますか?

又飯時⇒宿徳内⇒嬰寄別⇒昆布森⇒伏古⇒幌内⇒
来止臥⇒十町瀬⇒浦雲泊⇒跡永賀⇒冬窓床⇒初無敵⇒
入境学⇒賤向夫⇒分遺瀬⇒丸山⇒老者舞⇒知方学⇒
去来牛⇒尻羽岬⇒別尺泊⇒古番屋⇒仙鳳跡


正解は…

またいとき⇒しゅくとくない⇒あっちょろべつ⇒こんぶもり⇒ふしこ⇒ぽろない⇒
きとうし⇒とまちせ⇒ぽんとまり⇒あとえか⇒ぶいま⇒そんてき⇒
にこまない⇒せきねっぷ⇒わかちゃらせ⇒まるやま⇒おしゃまっぷ⇒ちぽまない⇒ 
さるきうし⇒しれぱみさき⇒べっしゃくどまり⇒ふるばんや⇒せんぽうし

どう考えても読めないような地名ばっかり…っていうか何でこんな漢字を割り付けたのかなぁ?

例えば、「にこまない」とか「ちぽまない」とか、「学」は「まなぶ」が「まない」に変化した?

まぁとにかく頭を悩ませる街道を通りぬけ、国道44号線に合流し、向かうは厚岸の道の駅「厚岸グルメパーク」。

オーイ★スター君 オーイ★スター君お出迎え!

この中の施設「コンキリエ」さんの中には、地元名産のカキを始め魚介類や肉類など自分で網焼きできるレストラン「炭焼 炙屋」さんがあり、以前からそこに行きたくて…

で、混雑を避けて開店時間の11時くらいに着くように行ったのですが…GWってことで開店時間も早くなっていて既に満席で…

しかも最低90分待ちでその保証もできないとまで言われてしまって…

ならばと、同じ施設内にあるもう一つのレストラン「エスカル」さんに取って返す!

こちらも様々なメニューで人気のお店で「炙屋」さんと同じくらいのレベルの行きたさでした!

幸いこちらは開店直後で15分程度の待ちってことで…でも我々の後に一気に待ち行列は増えて…

お店を出る頃には1時間待ち以上の状態でした。

で、私が頂いたのは…

かきぶた合戦丼 かき豚合戦丼

焼ガキ 焼ガキ

生ガキのルイベ 珍味:生ガキのルイベ

カキ好きの私にはたまらない…

 レストラン「エスカル」

   厚岸郡厚岸町住の江2丁目2 厚岸味覚ターミナル コンキリエ2F
   ☎:0153-52-4139 
   営業時間: 9:00~19:00(4~10月)/10:00~19:00(11~12月)/
        10:00~17:00(1~3月)
   定休日:月曜(祝祭日の場合 火曜)
   HP:www.fukutei.net/


ちなみにかつては私、あんまりカキが好きではなかったんですが…釧路エリアに勤務する会社の同期に、厚岸の「富多波」さんは抜群に美味いって話を聞いて、当時北見にいた私は車を走らせ厚岸に食べに行って…

これが本当に美味くて美味くて、カキフライに生ガキ、カキ丼とすっかり魅了されてそこからカキが好きになりました。

残念ながらその「富多波」さんは10年くらい前に閉店されたようですね…まぁそんなことを思い出しながら厚岸を後にしました。

グルメパークから見た厚岸市街 

その後は道道14号 厚岸標茶線から国道391号線、さらに弟子屈町からは国道241号線の阿寒横断道路へ。

途中の双岳台はまだ雪が残っていましたが綺麗な雄阿寒岳が望めました。

双岳台からみた雄阿寒岳1 

双岳台からみた雄阿寒岳2 

ちなみに同じ道路沿い双湖台は駐車場諸共雪の中に埋もれていて…

ってことでこの日の宿泊先である阿寒湖の某有名ホテルにて1泊となりました。

ってことでもう1回続きます…