FC2ブログ
2013/06/06 Thu 07:11 野球
沢村・吉川の投げ合いで始まった昨日のGiants戦。

陽の看板直撃のホームランで先制するも中田や6番以降にヒットが出ず追加点が奪えず…

ならば吉川の完封を期待…6回途中までノーヒットノーラン、さらに8回2死までは無得点に抑えていたものの…

中井のヒット以降の鶴岡の3つのプレーで流れが変わってしまった。

一番大きかったのは、代走に立岡が起用され絶対走ってくる場面、吉川はクイック投球を決め球も外角にはずした!

そして鶴岡の送球…あれっ、力の無いワンバウンド、しかもショート側に逸れてるし…

この二盗を簡単に許したのは痛かった。

で、続く亀井にセンター前に運ばれることになりますが…相変わらず投球前にミットの構えがなく…

さらに陽からの好返球も立岡のタックルに屈しボールをこぼしてしまい同点に…

この一連のプレーが流れを変えてしまい、最終的には小笠原にサヨナラ3ランを浴びての敗戦…

もちろんここには完全にムードに飲まれてしまった増井のメンタル的な弱さの露呈もありましたか…

打つ方では大引4つ、大谷3つ、アブレイユ・鶴岡2つと三振が多かった…

あと一本が出ないいつもの展開で痛い敗戦になりました。

さて今日は木佐貫が先発!

昨日は小笠原が古巣相手に恩返しでしたが、今日は逆に木佐貫が恩返しだ!



第52戦 読売ジャイアンツ(6月5日 東京ドーム)

  1-4x(延長11回)  山口  増井  なし

               陽 小笠原 


  増井(-2)
 ひさし君不在の今、クローザーとして打者3人に1アウトも取れず
 3安打3失点であっけなくサヨナラ負けとはあまりに情けない…
 決め球のフォークも制球が暴れ牛状態では使えないのもつらい…

  鶴岡(-3)
 8回の3つのプレーは吉川の降板も促すことになり試合の流れを
 変えてしまった…少なくとも立岡のミエミエの盗塁を刺せなかった
 ことは捕手として致命傷ともいうべき痛いミス…弱肩露呈つらい…
スポンサーサイト