FC2ブログ
2013/06/27 Thu 06:57 野球
両チーム合わせて7本のアーチが飛び交う空中戦!

守備のミスからの失点も双方であり、それが延長に入って出てしまったHawksを破ってFightersが今シーズン初のサヨナラ勝ちで3連勝!

先発:大谷は6回を3失点と何とか及第点と言えますが、最後はリードを守り切れずの降板だったのは残念でしたが…

で、Buffaloesが敗れ、5月9日以来の5位浮上!

いよいよ巻き返しの夏が始まったと期待したいですね!

で…だからこそ本当に考えなくてはならないこと…それはクローザー。

昨日の試合も8回裏に代打:ホフパワーの勝ち越し2ランが出て完全な勝ちムード!

が、それを受けて登場したクローザーはいきなりアーチを浴び、さらに味方のエラーもあっての失点ではあったものの、そもそも走者を簡単に出すことが問題であり、2点差を守り切れず…

今年19試合の登板の中でパーフェクトリリーフはわずかに3試合…

昨日の試合でGaoraをご覧になっていた方は9回表のクローザー登板時に解説の西山秀二氏が言っていた解説を聞いていたと思います。

彼が言っていた要旨として、今のクローザーの現状として…

  • 微妙な制球力がなくボールが先行
  • 結果として甘い球を投じて打たれる
  • ストレートも140㎞が出ず
  • 変化球にキレがなく三振も取れない

過去の実績は当然評価すべきものがあり、投手陣からのリスペクトもあり、また彼のプライドもあるだろうが…

2点差を背負いながら簡単にアーチを許したり常にピンチを招いているようなクローザーではチームの士気も覚束ず、選手の力量と役割のあり方に対して鉈を振るう事がチームの勝利に対して必要であると…

何度もこの場で「新クローザー待望論」を言ってきた私として、プロ野球解説者の方が同じような想いを抱いていたのは嬉しくもありましたし…

未だに「不動のクローザー」なんて持ち上げてる無知なメディア…ある意味触れてはいけない部分なのか、そんな中で、西山氏はスッパリと斬ってくれたのも痛快でした!

もちろん本人が一番この現状を理解しているのでしょう…そうあって欲しいですが…

ならば序盤の稲葉同様、自ら再調整を志願するなり、ポジション変更を申し出るなり、ベテランとしてのやり方もあるはず!

どうする、ひさし君。

5位浮上だからこそ、これからより勝っていかなければならないのです!

# この内容、色んな方からまたお叱りを受けるんだろうなぁ…



第65戦 福岡ソフトバンクホークス(6月26日 東京ドーム)

  6x-5(延長10回)  宮西  千賀  なし

              内川 長谷川 中田 陽 アブレイユ
               ホフパワー
 江川


  ホフパワー(-1)
 昨日のブログを読んで奮起してくれた…訳はないですがカウント1-1
 からの代打は不安でしたがそんな悪条件を見事に跳ね返すGW以来
 のアーチは効いた…はずでしたが…とにかくお立ち台立ててよかった…

  小谷野(+1)
 ここ数試合スタメンから外れ、この日も途中出場でなかなか結果を出し
 ていませんでしたが難敵:千賀からサヨナラへの口火を切るあわやホー
 ムラン性の2ベース!これで復帰確定?あとは今シーズン1号に期待!
スポンサーサイト