FC2ブログ
2013/07/22 Mon 19:43 カレー
嫁さんと2人で昼食の場合、「カレーなる旅」となるケースも増えてます!

今回は東区まで足を伸ばして…訪れたのは「ホットスパイス」さんです。

正式名称は「覚醒的香辛料厨房札幌スープカリー ホットスパイス」と冠名が長いですね。

この店を選んだ理由として、そのメニューに魅かれたのももちろん、倉庫の跡を利用した店舗…その昔は「キャプテンベーリング」という魚介料理の美味しい店だったはずで…

その店にも1~2回くらい行ったかな、なんて懐かしさもありまして…

で、内装は当然ながら当時とは大きく変わっていて、2階が喫煙/1階が禁煙と分煙化されており、私たちが案内された1階はカウンターとBOX席が4~5席の中ですぐにカウンターへ案内されて…

スープのベースは深みのあるトマト風味の「ジュマールスープ」とあっさりコク旨&スパイシーな「覚醒スープ」の2種類、またそれぞれのスープに対して共通メニューがあったり、専用メニューがあったりと、非常にバラエティ多彩です。

で、スープの種類を嫁と分けて頼むこととし、私は「覚醒スープ」の限定メニュー「厚切り炙りベーコンtoほうれん草エッグ 」に揚げ餃子をトッピング(1,000+50=¥1,050)で注文…

で、オーダしてから15分から20分くらい…

結構待ちましたが…ようやく注文の品が手元にやってきました。

ホットスパイス No2 

ホットスパイス No1
 
      
「あっさり」とメニューには書かれて入るものの、しっかりとスパイシーさは出されていて…

ブイヨン系や野菜がベースになっているのか、逆にトウガラシやゴマ、ペッパーなど素材の味が良く活かされていて、入っている具材にもすーっと染み込んでいます。

具材は炙りベーコン、ほうれん草エッグを中心にニンジン、炙りブロッコリー、レンコン、ジャガイモとゴロリと入っていますが、しっかり煮込まれているのでスープもすぐに染み込んで行きます。

ライスは若干何かしらの味付けをされているのでしょうか、しかしいい硬さでこちらもスープに入れるとほんわりと柔らかみを増して美味しい!

そういえば辛さについてですが…

「ジュマールスープ」についてはカウンターにある「旨辛の壺」から辛味エキス(お土産で買う事ができます!)を数杯掬って調節するのですが、こちらの「覚醒スープ」は「悶絶激辛ハバネロソース」を瓶で持ってきてくれて…

1滴で70倍に辛さが増す?とか説明を受けたので、まずはスプーンに1適落として、さらにカレースープを混ぜて恐る恐る啜ると…

おおっ後から辛さがやってくる!

これは油断ならぬってことで本体には2適程垂らしましたが、これだけでも辛さはちょっと増しました!

おそるべき、ハバネロソースよ…

ってわけで具も含めて美味しく頂きましたが…

正直言うと嫁さんが食べた「ジュマールスープ」ベースの方がさらに魚介系のベース味もして旨みが増す感じで好きかなぁ…

次回は角煮、ザンギ系をもっと攻めてみますね!

 覚醒的香辛料厨房札幌スープカリー ホットスパイス
 札幌市東区伏古9条3丁目3-3
 ☎:011‐782‐3711/050‐1479‐3711 
 営業時間:11:30~15:00/17:30~21:30(土日祝は通し営業)
 定休日:月曜(月曜が祝日の場合は営業、翌火曜休)
 
 URL:www.soupcurry.net/


大きい地図・ルート検索  ( powered by ゼンリン地図 いつもNAVI )
スポンサーサイト