FC2ブログ
2013/07/28 Sun 16:03 ラーメン
ラーメンのメガ盛りとして全国的にクローズアップされたのはここ3~4年でしょうか?

札幌にも「インスパイア」と称され、その盛りや味付け、具材を継承する店が相次いでできました。

ラーメン好きの私としてもそんな流れを無視することはできず、インスパイア系の代表店を制し、そしてとうとう東京は三田にある本店にも足を運び1時間近く待って聖地の味と量を堪能した…

しかしその本家の味を札幌で味わえることになろうとは、その時は知る由もなかった…

ってことでここまで書くともうお分かりでしょう…今年3/31にオープンした「ラーメン二郎」の札幌店!

1ヶ月近い冷却期間を置いての訪問となりました!

多少の危機感を感じつつ、開店20分前に到着したのですが、既に5組待ち。

開店間際にはさらに待ち行列が増え、自分の後ろには20人近くに並びました。

ってことで開店と同時にとりあえずすぐ着席はできました。

本店と比べてかなり広い店内…店内に待ち席があるのも札幌バージョンの寒冷地仕様でしょうか?

さらにカウンター席の下にはそれぞれ外套を入れる籠も用意されていてこちらも良心的な札幌仕様です。

さて注文の方は、せっかくなので「大豚」(¥850)に致しました!

が、「大」を頼んだのは私くらいで…券売機に書いてある「初めての方は小で」に迷われたか、それとも様子見なのか…

# 若い男が多いのに…だらしないのぅ

その割には店主に慣れ慣れしく話しかける常連ぶった客もいたり(東アジアの人、黙って食え!)、一緒に来た男に二郎についてうるさく聞き続けているおばはんがいたり(店に来る前に予備知識くらいつけてこい!)とやかましい!

そうこうするうち、5~6分くらいで例のコール…と思ったら「ニンニク入れますか?」との問い。

他の客は「××マシマシ」とか言ってましたが、私は単に「ハイ!!」とのみ。

だってこれ以上増したくないですもんね、アブラもカラミもヤサイも…

そして、そのお品はカウンター越しにやってきました。

二郎 札幌 ⇒間違いました 

さすがになかなかの山盛りぶりで、ちょっと圧倒。

やっぱ「大」は多かったかなぁと思いつつ箸をつけようとすると…

店のお姉さんが「すいません、戻してもらっていいですか?」とのこと。

何で?と確認すると、私の次の客のオーダと間違えたとのことでリターン(笑)

そしてちょっとして「大変失礼いたしました」とのお詫びと共に一回り大きな丼と共に「二郎マウンテン」が登場!

二郎 札幌 ⇒こっちが正解 ちょっと量の多さが伝わらない?

おぉこれは…さらにその量に動揺…

ここは気持ちで負けちゃいけないとチャレンジ開始!

キャベツ、モヤシといった野菜の山を崩しつつ、中からチャーシューと麺を発掘。

レンゲがないので直接スープは啜れませんが、豚骨ベースの背油混じりの醤油味は本家と変わらず?

いや、本家に比べて、う~ん、ちょっと円やか?

これならカラミ増しでもいいかな?と思いつつ麺を啜ります。

極太平打ち麺は自家製のようでコシもあってしっかりスープも絡んでます。

チャーシューも柔らかい!

こちらも味がしっかり染み込んでいて美味しいです。

で、だんだん胃袋の方も落ち着きだしてきて、一つ溜息が出たのは2/3位を食した辺り…

改めて量の多さに「大」をオーダしたことをちょっと後悔しつつ、事前に買った黒烏龍茶をゴクリと飲み、あとは力技のラストスパートです!

そういえばこの辺りからスープのしょっぱさを感じるようになってきた…

やはり最初の方で「天地返し」をしなければダメなのか?

ただあのヤマをひっくり返す勇気はなくて…黒烏龍茶を口にする頻度も高くなりつつも何とか完食!

さすがにスープとチャーシューの脂身は残させて頂きました(^^ゞ

本店でもそうでしたがしばらくはいいかなっていう気持ち…でもいつの日かまた来たくなるのが二郎マジックで…

そういえば既存のインスパイア系と比べると、正直言って豊平に移転後のSさんの方が麺もスープも美味しかったかなぁ…

ただ今回は量に圧倒されたのもあり、再度公平に判断しなくては!

結局、また来るんです、やっぱり。

 ラーメン二郎 札幌店
  札幌市北区北6条西8丁目8-11
 ☎:非公開
 営業時間:11:00~14:00、17:30~21:00(月~金)
      11:00~15:00(土曜)
 定休日:日曜、祝日不定休
 
 URL:HPはありません?


大きい地図・ルート検索  ( powered by ゼンリン地図 いつもNAVI )
スポンサーサイト