FC2ブログ
2013/08/21 Wed 20:00 カレー
カレーなる旅は地道に続けております。

新しい店の開拓、もしくはその店の再訪が概ね半々くらいでしょうか?

今回はその後者、南区にある老舗「木多郎」さんへの再訪になります。

再訪と言っても、その昔から数えると…少なくとも両手では足りない回数になっていると思いますが…

ナス、ニンジン、トマト等の野菜が大きくカットされしっかり煮込んである独特のスープ、そこにチキン、もしくはベーコンといった肉類、もしくは菜の花等の個性的な具材が追加されて形作られる野菜カレー系が木多郎の基本メニュー。

そんな中にあってカキ系メニューは今までもありましたが注文したことがなくて…

今回それがパッと目に入って、さらには卵というパートナーもいる「かきたま(卵)」(¥1,050)を3辛で発作的に注文です。


木多郎~かき卵 湯気で曇っちゃった^^;

木多郎~ライスを添えて 

やや半熟な部分も残る溶き卵がトッピングされており、さらに他の具材としてはニンジン、菜の花、そしてメインのカキのみとシンプルな構成なのですが…

美味いですねぇ!この一言に尽きます!

カキの生臭さは一切なく、玉子やベースの野菜スープとの相性も抜群です。

で、3辛を頼みましたがこの卵のせいかかなりマイルドな味わいとなり、一緒に嫁さんが頼んだ従来のチキンカレー2辛と比べるとむしろそちらの方が辛く感じるくらい。

このメニューに限っては、辛さも求めるなら4辛以上でもいいかもしれませんね。

カキも柔らかく煮込んであり内臓部分の苦み・臭みも一切せずに、本当にオイスターソース的なカキの風味がきちんと活かされています。

まぁカキ風味ももちろんなのですが、やはりこのメニューの真の功労者は卵ですね。

スープも無意識の内にどんどん飲まさる感じであっという間に完食でした。

さすが老舗の味!またもちろん参ります。

★ 過去記事カレーなる旅<11> スープカリー木多郎 澄川本店
スポンサーサイト