FC2ブログ
2013/11/06 Wed 21:33 ラーメン
嫁さんの叔母が名古屋から遊びに来ていて、日帰りドライブで由仁の「ゆにガーデン」を見て、そして三笠の日帰り温泉等に向かうため岩見沢方面へ。

「その途中で昼飯を」という事で、国道234号線沿いを模索。

基本的にラーメン屋さんが主流となるのですが、以前行った栗山町のお店は避けて、今回は栗沢の人気店である「おとん食堂」を選択!

以前にも旧店舗(下記、写真向かって左側…現在は記念館?)の頃に訪れたことがあり、また新札幌の支店にも行ったことはありましたが、新店舗になってからは初の訪問。

おとん食堂 外観 

隠れた人気店だけあって、店舗前の駐車場は満車で店舗横の第2駐車場もラスト1台の空き。

しかしながら店内の待ち客は1組のみで5~6分で小上がりに。

旧店舗は小学校の給食をコンセプトに、机や食器なども昔の学校の机やアルミ食器を使っていましたが、新店舗は昭和レトロの田舎駅をモチーフにした掘立小屋のような作り…

なので、店内の席も規則性なく小上がり席や屋台席、さらには駅のホームを意識しつつ、店裏に広がる空知平野が一望できる屋外カウンター席など千差万別の構成です。

メニューもラーメン単品もしくはあんかけ焼きそば単品もあるのですが、メインはセットメニューになりまして、今回はカレーの匂いにも魅かれ「かつカレーセット」(¥930)を注文です。

ちなみにあくまでもラーメンメインのメニューですので、今回は「ラーメン日記」として紹介です。

おとん食堂 ラーメンのみ 

おとん食堂 ラーメン&カレー ラーメンのみで…

スープは至って昔風のあっさり系。

鶏ガラから出汁を取った醤油味のスープ…無化調ではないのでしょうが、口の中に変な味は残らなくスイスイと行けます!

麺はやや細目の縮れ麺…こちらもしっかりとコシもあってスープへの絡みも問題なく、湯切りもしっかりとされています。

これ以上柔らかくなると味がボケてしまうと思いますので適切な固さでの茹であがりですね。

トッピングは麩、メンマ、チャーシュー、ネギ、ナルト、ほうれん草。

ほうれん草が懐かしさを誘いますね…味ももちろん良いです。

チャーシューも柔らかい食感でスープを染み込ませてますし、メンマも市販品の味ではなかったですね。

量的にもセットメニューですからちょうどよいのではないでしょうか?

ちなみにカレーは地味に本格的なルーというか、インスタントチックなものではなくしっかりと煮込まれた濃厚なビーフカレー…もちろんビーフも入っています(笑)

またカツもしっかりと揚がっており時間が経ってもダレることはありません。

但し熱くなった鉄板上に盛り付けられているので手と舌の火傷にご注意を。

ってことで地味に満腹感漂うガッツリ系メニューですのでご注意を!

 醤油屋本店・別館 おとん食堂
 岩見沢市栗沢町北幸穂81-4
 ☎:0126‐45‐4818
 営業時間:11:00~20:00
 定休日:月曜(祝日の場合は火曜)
 
 URL:shouyuya.com/


大きい地図・ルート検索  ( powered by ゼンリン地図 いつもNAVI )
スポンサーサイト