FC2ブログ
2013/12/18 Wed 19:35 野球
今日のFightersのHPを覗いてみると、いきなり「2014シーズン開幕まであと100日!」の画面が目に飛び込んできます。

今年もあと2週間足らず…なんて思ってたら来季開幕まであと3ヶ月強ですか。

一日も早くリベンジを果たすFightersを見たいファンにとっては、とても待ち遠しいですねぇ…

それは寸分違わず正直な気持ちなのですが…

今シーズンのメンバーと比べて、確実に戦力UPとなるような感じが今のところちょっとしないんですよねぇ…

3人の新外国人、ドラフトでの新人獲得、トレードで2選手獲得…補強策は取っているのですが、例年に比べて正直ワクワク感があまり沸いてこないというか…

皆、未知数の戦力ですから、もちろん即戦力となり大化けする可能性もある一方で…逆のリスクもあるわけですし。

ここ数年、新人選手でも中田、ゆーき君、大谷とネームバリューの高い選手がいたというのも正直ありますよね…

今はじっと見守るしかない…自分にそう言い聞かせているのですが…

FA等で金でどんどんいい選手を釣り上げるやり方は先般書いたように気に入らないのですが…建設的なトレードとかもっとあってもいいのかなって思ったりはします。

# そういった意味ではBaystarsに行った加藤には頑張って欲しい!

ってことで、何でこんな気持ちになっているのか?

それは九州にフランチャイズのある某電話会社のチームの派手な戦力補強を見せ付けられているからですかねぇ…

FAでの鶴岡獲得、さらにスタンリッジ、サファテ、そして今日ウルフの獲得も発表!

さらに李大浩の獲得も時間の問題とのこと…

1軍外国人枠4人に対して、新規に獲得したカニザレス、そして李も含めると8人の外国人…いったいどうするのでしょう?

ペニー、パディーヤのメジャー実績投手を獲得するも結果は散々で失敗に終わった反省で国内実績のある選手に方向転換したのかもしれませんが…やや「形振り構わぬ感」はかつての某新聞社のチームを彷彿とさせますね…

ちょっとひがみモードになってしまいました…対象チームのファンの方、すいません。

スポンサーサイト