FC2ブログ
2014/05/03 Sat 08:22 野球
Fightersは連勝で札幌ドームに凱旋!

小谷野の長期離脱、ひさし君もファーム落ちとベテラン勢の離脱から、より若手が発奮してチームを引っ張っていかなければならない。

昨日の試合でもスタメンでは近藤が5番サード起用のサプライズ!

また”可愛すぎるスラッガー”谷口が2番に座り…で、そんな状況を皆ヒシヒシと肌で感じたのか、首位Buffaloes、しかも球界を代表する絶対エースの金子千尋相手にその若手選手が力を発揮し攻略!

サトケン⇒中島⇒谷口と連打で2点を先制、さらに西川⇒中田が連夜のアベックアーチ!

金子千尋は8回を投げて105球でしたから、逆に言えば追い込まれる前に積極的に打ちに行っていたと言えましょうか。

確かに8三振は奪われたものの、その積極性は若手のパワーそのものと言っていいでしょう!

そして投げては上沢が前回のプロ初黒星のリベンジを果たすべく好投を見せた!

7回をヘルマンのホームランの1失点のみに抑え、ゲームを作った!

そのあとは先輩の宮西⇒増井がしっかりと抑え快勝!

チームは借金2まで返済で単独4位。

そして今日の先発は武田勝。

前回はようやく光も見える内容ではありましたから、吉川に続いて今季初勝利を捥ぎ取ってほしいですしチームもそれに向けて一丸とならなくてはなりません!

で、今日は札幌ドーム参戦です!



第30戦 オリックスバファローズ(5月2日 札幌ドーム)

  4-1  上沢  金子千尋  増井

          西川 中田           


  上沢(+3)
 小気味よいピッチングが戻ってきました!金子千尋と堂々渡り合え
 る好投を見せてくれました!しいて言うならば金子とは対照的に7
 回で投じた120球の球数。これを減じることなしには完投はきつい?

  中島(+1)
 今季は西川らと共に期待されながら西川とは対照的に今ひとつこれ
 といった活躍を見せませんでしたがようやく爆発!プロ入り初の猛打
 賞でチームの雰囲気も向上!若手のリーダーを自覚し牽引車に!
スポンサーサイト