FC2ブログ
2014/05/15 Thu 07:07 ラーメン
1月中旬3連休の最終日の午前中、この日は結構な吹雪ではありましたが、ちょっとした用で嫁さんと野幌方面へ。

その帰り、昼食はラーメンってことで厚別/大麻方面のお店を何点かピックアップしていましたが、ふと私が「帰り道の途中なら菜々兵衛もあるなぁ」と呟いたところ、嫁さんがそれに乗ってきて…

急遽ターゲットをこの店に定め発進!

14時前に店に到着したものの店内、玄関から溢れた待ち行列が店の前にも4人ほど続いています…そして店内・玄関には10人ほど待っていて…

陽が差していた空も、いつしか吹雪模様に…暖簾を笠代わりに頭に載せ(笑)待つこと10分ほどでようやく玄関に…

さらに10分ほどで店内に案内され…それからは2~3分で座敷席に案内されました。

このお店、食べログの北海道ベストラーメン2013で1位に選ばれ、これで4年連続のトップ!

で、さすがに人気店、この時間でも待つのは当たり前なんですね。

オーダは店内に入った際に聞かれていて、過去に来た際に娘が醤油を食べた「鶏白湯」を今回は「塩」で、そしてチャーシューをトッピング(750+200=¥950)でオーダ!

菜々兵衛 

まさに鶏の出汁、そして白湯のトロリとしたスープがやや生姜風味の混じった塩味にとてもよく合って美味いですねぇ!

以前、醤油味は堪能済ですが同じように塩味もよく合う…湯温もちょうどよく、無化調らしくベタ付き感もなくズンズンと蓮華に浸されたスープが胃袋に運ばれます。

麺は中細のストレート麺、ギリギリの柔らかさ、そしてストレート麺にしては見事にスープを絡め、さらに麺自身の味も相まって美味いですねぇ…

このお店ではスープによって麺を変えているのですが、そのマッチ度があまりストレート麺ってことを感じさせないから不思議です。

トッピングは追加のチャーシューの他には浅葱、そして長いメンマの3種のみ。

チャーシューはやや冷た目で丼から食み出る形で盛られてきますが、スープに浸すと脂肪分がいい感じで解けて柔らかみを増し、さらに肉の部分の歯ごたえが力を発揮し美味いですねぇ!

長いメンマは前も書きましたが、「支那竹」という方がふさわしいか、素材の味、筍の味を活かしつつも独特の味付けと、そのホワイトアスパラのような柔らかさが何とも言えず食欲を増長させて、しかもこれがタンマリ入っていていいですね。

ってことで食べるのはあっという間に終わってしまいますねぇ…ちょっとそんな虚しさも感じつつまた来ます!

★ 過去記事ラーメン日記<138> 麺屋 菜々兵衛(その2)
      ラーメン日記<118> 麺屋 菜々兵衛
スポンサーサイト