FC2ブログ
2014/05/22 Thu 07:00 野球
今年の交流戦はパ・チームのホームゲームで投手が打席に入ります。

この日も2回裏1死満塁で武田勝が打席に入り、結果はショートフライも6球ファールで粘るなど11球を大野@Dragonsに投じさせファンを沸かせた…

しかし皮肉にもこの試合を決めるポイントになったのは5回表の大野の打席だと思います。

2ストライクを取っておきながら、ほぼストレート一辺倒で最後はヒットを打たれ、ここから最終的にはルナの逆転2ランまでつながっていく結果に…

前の回、1死1塁の場面から谷繁を併殺に仕留め、この回大野から始まる打順としただけに、猶更ここで大野に打たれてはいけない場面だった。

しかもこの打席で6球投じた中で変化球は1球のみ…カウントも2-2だったのでもう一球余裕があり、相手も投手なので猶更変化球を使うべき場面だったでしょう、大野@Fighters。

ちなみに前の回の4回裏、1死1塁で武田勝が打席…ここでは何もできず三振。

この後、西川にヒットが出ただけに猶更この打席で走者を進塁できていればとの感が…

その後、ミランダのホームランで一旦追いつくも、武田勝の後を受けたアンソニー・カーターが2死から連打を浴び、さらに継投した石井が打たれ勝ち越しを許しそのまま1点差で敗戦。

石川のタイムリーで先制した展開でもあり何とか連勝したかったところではありました…


今日はお休みでまた明日から札幌ドームでBaystars戦!

ホームゲームですし、順位も踏まえると、Baystarsファンには申し訳ありませんが連勝しかありません!



第45戦 中日ドラゴンズ(5月21日 札幌ドーム)

  3-4  大野  アンソニー・カーター  岩瀬
          ルナ ミランダ


  武田勝(-3)
 決して全般的に悪い内容ではなかったと思いますが時折甘く入る
 球を狙われていた5回7安打2四球で3失点…球の切れもともかく
 やはり四球の数や3ボールまで行くことが多く…制球の安定を!

  アンソニー・カーター(-1)
 来日初戦が2連続四球でどうなるかと感じていましたがその後無失
 点の投球を続けていたものの2死から連打されイニング途中降板、
 そして失点、黒星も来日初。次の試合どう立ち直ってくるかがカギ。


スポンサーサイト