FC2ブログ
2014/08/11 Mon 23:10 ラーメン
GWの狭間の平日、この日は会社からお休みを頂いて家族の中でも私だけフリー。

で、当然こういう日の昼食はラーメンとなるわけですが、なかなか普段行けない西区・手稲区方面のお店を物色してみようって気持ちになり、メディアからいくつかのお店の情報をピックアップしていたのですが、ふと目に止まったのが「熊本ラーメン」の言葉。

たぶん北海道の人って博多も熊本も鹿児島も九州系のラーメンって「豚骨」で一括りにしがちですよね。

そんな勝手なイメージを解消すべくここはその店に行ってみようってことで今回向かったのは手稲区は前田、樽川通り沿いにある「火の国」さん。

店前の駐車スペースは既に埋まっていて、さらに店内も2組ほどのお客さんが陣取っていましたが、何とか着座することができました。

で、オーダのほうはメニュー上トップに位置する「火の国しおラーメン」に決定!

味にインパクトを求めるためスープは「黒」に、そしていつものようにトッピングのチャーシューは珍しいピートロが目についたので「ピートロチャーシュー麺」をチョイス(700+200=¥900)!

で、店主の方へオーダ、小気味よいオーダ確認が心地よく感じます!

火の国 

スープはニンニクをしっかりと焦がしてマー油とともに塩とんこつスープに混ぜ合わせたやや黒っぽい見た目。

しかし化学調味料も使わず、過剰な塩分も使わずお客様がスープを最後まで飲んでもいいよう健康にも配慮した味付けとのこと。

で、店主も言うように人によってはやはりちょっとインパクト不足を感じてしまいますかね。

かと言ってせっかくの配慮なので卓上の旨味汁もあえて投入はしませんでしたが…全く物足りなさを感じるわけではないのでここは完全に個人差で別れるところだと思います。

とりあえずこってりのイメージが強い九州系ラーメンですが、鹿児島系の櫻島さん同様、こちらの熊本系も実はあっさり系の味だったりするんですね…強烈なのは久留米系ぐらいなのでしょうかね?

麺は細ストレート麺、隣の人がオーダしていたように固めで注文すればよかったかなぁ、やや柔らか目に感じてしまい…

この九州系の細ストレート麺&豚骨スープの組み合わせでは固めの茹で加減が合うかなぁ、個人的には。

トッピングはネギ、味玉、刻みキクラゲ、海苔、そして柔らかい短冊状のピートロチャーシューはしっかり味がしみ込み香ばしさもあって旨い、さらに最初なかなか気付き難かったキャベツが1~2cm角に切られて入っているのが地味に旨い!これが熊本ラーメンの特徴なんでしょうか?

なお卓上にあった紅ショウガは当然のごとく途中でトッピングとして加えさせていただきましたが、さすがに合いますね!

ってことで客層的に近所の方、もしくはお仕事途中の方も多く見えられるようで、替え玉や〆のめしも¥100(平日ランチタイムは¥50!)と手頃な値段でのボリューム感を提供。

さらにカウンターに老眼鏡が置いてあり、何だかその珍しさに笑わされる一方で何か暖かいものも感じます。

この辺りも近所の客層を反映しての配慮なんでしょうね…肩肘張ることなく自然な姿で熊本ラーメンを真摯に追及されている店主や店のスタイルに非常に好感を持てるお店でした。

 九州とんこつ 火の国
 札幌市手稲区前田8条10丁目2-16
 ☎:011‐695‐9960
 営業時間:12:00~15:00/18:00~21:00 定休日:不定休
 
 URL:HPはありません?


大きい地図・ルート検索  ( powered by ゼンリン地図 いつもNAVI )
スポンサーサイト