FC2ブログ
2014/08/30 Sat 22:27 ラーメン
この日は午前中ワールドカップの日本戦を観戦の後、珍しく芸術の森なんぞに大物写真家の写真展を嫁さんと上の娘と見に行くことに。

ちょうど昼時の出発ってことで芸術の森に向かう途中で昼食を…

で、ラーメン系で3者合意しているものの石山東・常盤方面でラーメン屋さんの話をあまり聞いたことがなく(無知ですいません…)、多少遠回りになるものの石山・藤野方面で物色ってことで久々に石山通に面した「田中商店」さんを選択!

外の駐車場が満杯で一瞬躊躇しましたがちょうど1台出てくれてそこに即座に停めます。

店内はテーブル席2席とカウンターが6席くらい。

入店時は満席でしたがちょうど帰るお客さんが多く、程なくカウンターに案内されました。

店の壁にはメニュー代わりに各品物の説明ポスターが…人気No1とある味噌は前回頂きましたので、今回はNo2の「焦がし醤油らーめん」(¥750)をすんなり選択です。

田中商店  

スープの表面にはラードの膜が覆いモヤシ、玉ねぎ、そして挽肉から滲み出た香ばしさを引き立てています。

そしてオリジナルの醤油ダレもこの香ばしさを後押ししますね。

ただ案外あっさり系というかそんな濃い味ではなくちょっとインパクトに欠けるかっていう気も個人的にします。

麺は中太縮れ麺…割と固めの茹で加減は私好みでありますし、香ばしいスープの味をしっかり絡めながら自らの存在もアピールしています。

トッピングは前述の焼き野菜・挽肉にチャーシューは独特の味付けで柔らかい…メンマは優しい味わいもやや脇役にに徹しすぎているかなぁ?

あとはネギにナルトは珍しくてよいですよね!

ってことで全体的にもまとまりがあって美味しいのには違いないのですが、やはりラードの風味・香ばしさが終始勝っていてウリとしたい焦がし醤油のインパクトが弱いかなぁって気がしますね…

まさか焦がしって野菜の焦がしのことではないかと思いますが(笑)

同系のメニューだとすみれ系や武蔵系の濃い口醤油を連想・比較してしまうのでそう感じてしまうのかもしれませんが、それと別口であれば、やはり個性が欲しいなぁという欲深い感想です。

★ 過去記事
 「ラーメン日記<46> らーめん 田中商店」
スポンサーサイト