FC2ブログ
2014/10/12 Sun 08:08 野球
いよいよ始まりました、クライマックスシリーズファーストステージ!

大谷と金子千尋、球界最速と球界最強の対決なんて書いてる人もいましたが…

初回は両投手ともスコアリングポジションに走者を許しながら無失点、そして金子千尋は2回は三者凡退に仕留め立ち直りの兆しを見せた一方で、大谷は2死を取りながら2ベースを打たれた後に4連続四死球で2失点と前途多難の状況…

この2点差は金子千尋にとって十分な点差かと思われましたが、5回に近藤のラッキーなヒットから大野のタイムリーで1点差!

さらに6回にはまた近藤、そしてミランダのタイムリーで逆転、金子を引き摺り下ろしました!

3~5回は三者凡退に抑えてきた大谷でしたが味方の逆転で気持ちが焦ったか、6回裏には川端のタイムリーで追い付かれ、さらに2塁に走者を置いて伊藤にライト前に運ばれたが西川の好返球と大野のナイスブロックで逆転を許さず!

このプレーがこの試合のポイントになったかもしれませんね!

その後、両先発投手が降板しリリーフ陣が登場…その救援陣の差が明暗を分けた…

シーズン通りの投球ができず失点を許したBuffaloes:岸田、佐藤。

一方、Fightersはクロッタがパーフェクトリリーフ!そして宮西、増井は四球も出したものの相手の拙攻にも助けられ無失点。

ただこの二人の内容は決して褒められたものではなかったですね。

ってことで、難敵:金子千尋を攻略し初戦を取ったのは非常に大きい!

初戦を取ったチームのファイナルステージへの進出率は88%と心強い数値もある!

これでファーストステージは王手!昨日の試合を見ていると近藤、クロッタあたりがこのシリーズのキーマンとなりそう。

一方、元々金子との相性の悪さもあったものの陽がちょっと心配ですかね…

とにかく今日一気に決めてもらいましょう!

先発:上沢は今季4勝3敗…しかし完封1つを含め2完投で防御率2.63と好内容!

一方、ディクソンはFighters戦は4勝1敗…こちらも完封1つ含む2完投で防御率2.49と逆に抑えられている…

投手戦となるのは必至の様相…何とか先制点を奪って逃げ切りたいですね!



クライマックスシリーズ ファーストステージ
 第1戦 オリックスバファローズ
(10月11日 京セラドーム大阪)


  6-3  大谷  岸田  増井

          なし


  大野(-2)
 追撃のタイムリー、そして勝ち越しに繋ぐ犠打と攻撃面で、そ
 して守っては6回裏の逆転を許さぬ気迫のブロックがFighters
 を守った!調子の上がらぬ救援陣をどう盛り立てるかがカギ!

  近藤(+2)
 追撃開始のポテンヒット、そして6回の同点打に8回のダメ押し
 犠飛と何やらこのシリーズ、彼がラッキーボーイとなる様相と
 なってきたか?あとは本塁憤死のスライディングを改善しろ!

 ※ クライマックスシリーズではポイントを2倍にしています!
スポンサーサイト