FC2ブログ
2014/10/19 Sun 08:04 野球
互いにシリーズ王手を掛けたい第4戦!

4時間20分の長期戦…が、その内容はその時間に見合った濃さとはとても言えなかったですね…

Fighters投手陣は13安打5四球を許し5失点、Hawks投手陣は4安打に抑えるも四球は8で2失点…

何ともダラけた試合と言うか、特に敗れたFightersファンは本当に疲れてしまったでしょう…

1、2回と中田、木佐貫と両先発投手がもたついた立ち上がり…

Hawksはそれぞれ1点を奪うも併殺でチャンスを潰している…一方、Fighters打線は初回は3・4番が1死2塁から連続三振、2回は1死満塁から1・2番が凡退で1点しか奪えず…

ここで中田を潰せなかったのが痛かった…Fightersは木佐貫を2回で諦め、メンドーサを投入も2死から2点を奪われる、前の日にまさにFightersがやっていたことをやり返された…

だから昨日、「逆になってはいけない」と言ってたのに…

5、6回にも満塁のチャンスを掴みながら小谷野、中島が凡退…上位打線に決定打が出ず敗戦…

まぁ疲れは残ったでしょうが、後に尾を引く敗戦ではなかったでしょう…

これでHawksに王手をかけられましたが、気にすることなく今日・明日と連勝すればよいのです!

大谷、そして上沢の盤石の先発、あとは打線が再び目覚めてくれれば!

セ・リーグはリーグ2位のTigersがCS史上初の4連勝で日本シリーズ進出!

いよいよ自分的に夢だったTigers vs Fightersのシリーズ実現が見えてきた!

ちなみにFighters進出時の札幌ドームでの第5戦、既にレフト指定席をゲットしています…これを唯の夢物語に終わらせないでくれっ!



クライマックスシリーズ ファイナルステージ
 第4戦 福岡ソフトバンクホークス
(10月18日 ヤフオク!ドーム)


  2-5  中田  木佐貫  サファテ

          柳田


  木佐貫(-4)
 決して球が走っていなかったわけではないと思いますが、配
 球に何か迷いがあったのか?フォークを出し惜しみしたりで
 行けるところまで飛ばすって感じではなく…悔い残る内容…

  中島(+3)
 2、6回と二度の満塁のチャンスを活かすことなく凡退…ここ
 で得点できなかったのは痛かった…カットしての粘りもよいの
 ですがそれだけではダメ…ここぞの巧打があってこその2番!

 ※ クライマックスシリーズではポイントを2倍にしています!