FC2ブログ
2014/12/31 Wed 12:15 ラーメン
今日は大晦日と言うに話は1か月半位前の10月の3連休の中日の話で^^;

台風接近前の北海道は好天に恵まれ絶好の紅葉日和…類に漏れず我々も朝9時過ぎには家を出て恵庭渓谷で紅葉を堪能、そして登別からオロフレ峠を越えて最後は北湯沢で温泉に使って帰ってくる予定を目論んでおりました。

が、途中の支笏湖で温泉の祭とぶつかって大渋滞に巻き込まれ40分ほどロスをしてしまい…数㎞に渡っての渋滞は迂回路もなく待つしかなくて…皆様支笏湖でのイベント時は御注意を!

で、その渋滞を抜けると同行の娘が某ショッピングチェーンの店でAKBの「ま●ゆ」(バレバレですが…)がCMで来ている服を自分も欲しいとのことで一路苫小牧の店へ…結局、商品は売り切れで断念…

で、そこから近いお店で昼食ってことになり、定番のラーメンを…

近くには札幌から移転してきた「O」さんもありましたが、いくつかのサイトにて検索した結果苫小牧で最も人気のあるお店の一つと言われる「縄文」さんもすぐ近くにあるってことで今回はそちらに行くことに決定!

車で3~4分ほど走った国道36号線はイオンの筋向い当たり、大型店舗が並ぶ一角の隅にこのお店はありました。

昼をやや過ぎてはいたもののカウンター、座敷、そしてテーブル席と割と広めの店内でありながら満席で前には6組待ちの状態…その後も続々と入店してくる当たりはさすがに苫小牧の人気店であることを証明しています。

で、結局30分ほど待ってテーブル席へ案内されました…この店のウリは濃厚味噌ラーメンのようですが、他にも塩・醤油、そしてカレーラーメンとメニュー多彩。

中でもカレーラーメンは、苫小牧は室蘭と共に本場です!ちなみに苫小牧市内のラーメン店でカレーラーメンを推し進める取り組みをHP(とまこまいカレーラーメン振興局)を興して行っているようでぜひ一度見てみてください!

ってことでオーダーですが、元々は限定メニューから格上げで標準メニューとなった拘りのカレーラーメンと言える「亜細亜GONZ麺」に”とろけるチーズ”を増量(850+150=¥1,000)してオーダーです。

縄文 

麺は中太縮れ麺…やはりこの種類の麺がカレー風味にはもっとも合うんですかね?スープをしっかりと絡め取り麺自身の味わいも確かめられてとっても美味い!

湯切りもしっかりとなされているのはさすがにラーメン屋さんです…ちなみにオーダ時に麺の固さ、スープの脂、背脂、辛さを選べるようで麺の固さをやや固めで頼もうと思ったのをすっかり忘れておりましたが、結果的には特に問題はありませんでした。

スープも若干のドロリ感、さらには味噌味にも感じ、いやいやカレー味を主張している、いい意味でどちらとも言えない濃厚感がとっても美味いです!

チリペッパーも表面に軽くかけられていましたが、本当に隠し味程度に感じるくらいで辛さはほとんど感じず、むしろ色んなスパイスで構成されたカレーとしての旨味が本当に美味しく感じられます!

トッピングは8種。パリパリの海苔に柔らかい味付けのゆで卵、チャーシューは小さくぶつ切りにされた豚、そして柔らかく煮られた鶏の2種。

白髪ネギは柔らかく、木耳も味が染みていて美味いです!さらに水菜、そして追加のチーズがカレー風味と抜群のマッチングで味わいにコクを増してます。

ってことで、割と当たり外れの激しいカレーラーメンにあって、このメニューはカレーとラーメンそれぞれの個性をトッピング含めて巧く引き出している味で、カレーラーメンのこれまでの中でベスト5に入る味と言っていいでしょうね!

ちなみに嫁さんは元祖味噌ラーメン(「がんみそ」と言うそうな^^;)を注文、麺にスープがねっとりと絡み生姜風味が食欲を増す美味さです。

また上の娘は「和香潮ラーメン」をオーダ、出汁の旨さを岩ノリ等が引き立てて美味い!

まだまだ他にもメニューはあり、もちろんカレーライス単独であったりして…今回はミニカレーを注文しましたが、じっくりと煮込んだ感が伝わって来てこちらも美味しい!

縄文 カレー 

こちらは、今度機会があれば普通盛りを注文の上で「カレーなる旅」の方でもご紹介しましょう!

とにかく苫小牧に行ったら是非!のお店です。

 らーめん縄文
 苫小牧市新開町4丁目1‐1
 ☎:0144‐57‐7767
 営業時間:11:30~22:00
 定休日:水曜
 
 URL:HPはありません?


大きい地図・ルート検索  ( powered by ゼンリン地図 いつもNAVI )
スポンサーサイト