FC2ブログ
2015/01/23 Fri 00:13 ラーメン
久しぶりに一家4人が揃っての昼食。

嫁さん、そして娘たちが気を使ってくれて、しばらく…と言っても1週間ですが^^;ラーメンを食べてないようだから、昼食はラーメンでいいよってことになり…

当初は、とあるものを買いに遠出のついでにってことで別なラーメン屋さんが候補に挙がってたのですが、近場で購入することができたので、そこから遠くない範囲でってことで選ばれたのが「常」さん。

羊ケ丘展望台入口横にあって、ワンコインラーメンとリーズナブルなお店ですが、家族4人そろっての来店は初めてになります。

昼時を過ぎていましたがほぼ満席…たまたまテーブル席が空いていてそこを確保。

その後数組の家族連れやカップルが続々来店で気が付けば待ち行列も店内にできるほどでギリギリセーフって感じです。

で、券売機で先にチケットを買う方式ですが、右下に「限定(650円)」のボタンが!

券売機横の看板には「限定」のメニューが書いてあって…客心をくすぐる1日限定10食の言葉あり!

近くにいた店員さんに「これまだありますか?」と聞くと「大丈夫ですよ!」とのことで「常豚骨 味噌」(¥750)をオーダです…

が、チケット確認の際に限定のチケットを見て「芳醇鰹の味はどうします?」とのこと…あれっと思ってもう一度券売機の看板を見るとそこにはもう一種の限定メニューも横に書かれていて…

「すいません、常豚骨をお願いしたいんですけど」と尋ねると「それでしたら100円増しになります」とのことなので100円玉を店員さんに渡して一件落着…

と思ったら1~2分して店主の方が「実は今日の分、もう常豚骨のスープなくなっちゃったんだよね。で、明日の分を今仕込んでるんだけどまだ煮込みが足りなくて…濃度が本当は14位のところまだ11位なんだけど、どうする?」とのこと。

その濃度の数値もよくわからないですし、まぁ普通の味噌とは違う味なんでしょうから「それでいいですよ」と答えると「わかりました」の言葉とともに厨房に…

すると1分くらいしてまた店主が現れて「まだ品物として完璧じゃないから味噌の値段にします」と言ってなんと200円返してくれて…

いやぁプロのプライドと言うのでしょうか、逆に何か恐縮な気持ちになりますね…

Joe 常豚骨 

で、濃度が11くらいと言われたスープですが、十分濃厚な味わいです…但しそう言われるとまだドロリ感や煮詰めることでの濃厚さは出るんだろうなという感じは何となく想像できます。

そうなるとまだこの味噌の味が円やかかつ重厚感を持って染み出すだろうなと思いますね!

もちろんこのままでも文句なく濃厚味噌味として堪能することもできますよ!

麺は中太縮れ麺。やや固めの茹で加減がいいですね!もちろん豚骨には合いますし、スープを絡ませながらも麺自身の味もしっかり感じさせてくれるいいコンビネーションです。

トッピングはネギ、野菜の味がちゃんと残った絶妙の焼き具合の焼き野菜、豚骨系にはよく合う刻みキクラゲ、薄手ながら適度な柔らかさと歯応えがあって美味いチャーシュー、甘く味付けされ結構な量も入っている挽肉、そして小さくサイコロ状にカットされたメンマは柔らかさもあってよいのですが、逆にちょっとインパクトが弱くなってしまいましたかね…

ってことで、店主の方が言うような不満感は感じなかったのですが、帰り際、店主の方が現れて「やっぱりパンチがなかったでしょ?いやぁ本当申し訳ない。次はちゃんとしたの出しますから…」と言ってくださって。

いえいえ「こちらこそそんな恐縮です。十分美味しかったですよ。」と告げつつ、次回来店時のリベンジに期待を抱きました。

★ 過去記事「ラーメン日記<272> 札幌豚骨ラーメン 常(JOE)(その2)」
        
「ラーメン日記<72> 札幌豚骨ラーメン 常(JOE)」