FC2ブログ
2015/05/17 Sun 08:17 野球
昨日のBuffaloes戦…吉川とディクソンの投手戦となりましたが…

6回に安達が今季1号となる貴重な2ランを放ち、結果的にはこれが決勝点となり…

Fighters打線は走者を出さなかったのは2イニングのみでBuffaloesと同じ5安打でしたがあと一本をディクソンから打てず…

吉川は開幕からの続いていた連勝が5でストップし今季初黒星…

そのシーズンの1本目のアーチにしてやられるのって何とも悔しいというか…ちなみにパで各チームの「今季お初アーチ」の献上数は以下の通り…

被1号数試合数被1号率
Lions11390.28
Hawks9380.24
Fighters7390.18
Marines6370.16
Eagles9380.24
Bufflaloes10410.24

と、いうようにむしろ初物献上は少ないのですが、食らった時のインパクトが逆に大きいってことでしょうか…

# むしろ首位のLionsが一番食らってるっていうのも意外ですが…

さらにディクソンに対しては今季1勝3敗…しかしその内容を見ると、防御率こそ1.38と抑えられているものの1試合当たり(防御率や奪三振率と同じ考え方)のヒット率は7.27、被三振率:5.54と数値的には沈黙しているわけではなく…

一方で奪四死球率が3.11と制球の良さも見えていて、打たされているというか、要所で抑えられているというところでしょうか…だからこそ苦労しているのかもしれませんが、ここらでそろそろ苦手意識を払拭・克服しないと…

いつまでも同じ相手にやられているわけにはいきません!

さぁ今日はドームに参戦します!

ディクソン同様、前回抑えられた西がBuffaloes先発、そしてFightersは上沢。

同じ相手に連敗は許されず、そして上沢はここで結果を出さないと先日の有原デビューもあり自らの位置付けも大きく揺らぐものとなる…

当然ながら4カードぶりのカード勝ち越しも必須!



第39戦 オリックスバファローズ(5月16日 札幌ドーム)

  0-2  ディクソン  吉川  平野佳

          安達


  吉川(+5)
 所謂「一発に泣く」展開…但し安達ということでやや安易に投
 じた球ではなかったか?開幕からの連勝は5でストップ、次の
 登板がこの負けを引き摺るのか?But リラックスして臨めるか?

  浅間(-1)
 この日も三度の走者を背負った場合に結果を残せず…バント
 失敗の後に併殺の最悪の結果となることもあった…ここのとこ
 ろチャンスでの凡退が散見…ここが1軍の壁?これを克服だ!

スポンサーサイト