FC2ブログ
2015/06/26 Fri 07:39 ラーメン
3月は就職・進学の季節であり、上の娘も何とか次の進路が決まってひと段落。

前から落ち着いたら、3月中にでも久しぶりに泊りで温泉にでも遠出しようなんて言ってましたが、下の娘が3月いっぱいは都合が付かないことが判明。

この日も同じで仕方なく嫁さんと上の娘を連れて、ここ1~2年すっかり常連となっている小金湯温泉へ…その前に腹ごしらえってことで立ち寄ったのが簾舞にある「鬼そば」さんです。

カウンターに滑り込みセーフで即着座できまして、早速注文へ!

前回の鬼退治の激闘の余韻はもちろん記憶から消えることはなく…但し今回は再戦は回避…(っていうか今後挑んでも小盛でしょう…)

で、今回は前回来た際にはなかった限定メニューの「鬼そば塩」(¥730)をオーダです!

そのオーダを聞いてくれたのは初老のおばちゃんでしたが…前回来た時には若奥様風の方でこの方はいなかったようなぁ…

で、このおばちゃん、まだ慣れてないのか明らかにパニクってるんです。

一気に客が来たのか食器洗いや下げるのが間に合ってないようで…で、我々のところにコップがなくそれを頼むも2人分しか来なくて愛想笑いで「もう1つです…」とお願いして…

さらに一度帰った客が血相を変えて「やっぱりお金合ってないよ!」と飛び込んできた!

どうやら別の客の伝票と間違った(金額的にどうやらうちの伝票のようでした(笑))ようで…

差額を返そうとすると客の方は一回全部返してとかやっぱり差額計算してとか大声で叫ぶも、何故かその客もパニクっていて…

こちらからすると帰る前に確認しろよ、ったくうるさい!って感じでした。

それはともかく我々の分もちゃんとオーダ聞いてくれたかちょっと不安でしたが、数分後に着丼したものはもちろんオーダ通りでした。

鬼そば

スープはなんとなく緑がかったようにも見えなくもない…これって煮干しのせいなんでしょうね。

そんなことを考えさせるくらいの煮干しの風味がとても活かされていて美味い!

以前に嫁さんが醤油味を食しましたが、そちらよりも煮干しの味を感じることができるのでは?もちろん煮干しの味だけでなく相対的にもしっかりと塩味を感じる旨味をあります!

麺は細ストレート麺…割と固めの茹で加減…うん、自分好みであります…割と煮干し系の味の店は柔目の麺・茹で加減の場合が多いだけにある意味貴重?

もちろん固めの茹で加減であっても美味しい煮干しスープにはしっかり合いますね!

トッピングは海苔、さらに食感を保ったチャーシューの上には煮詰めた鰹節でしょうかこれがいい味を出してくれてます!

さらには刻み葱、そして細筍はやや甘めで柔らかすぎることなく適度な歯応えを残してこちらも美味しいですね!

ってことでさすが限定メニューと言いますかある意味醤油味をも超えている味わい、堪能させていただきました!

ちなみに嫁さんが頼んだ激ニボ…スープも緑からグレーがかったどんよりとした色、しかしこれは煮干しペーストから形成されたものであり、その味はまさにクセになる味!

煮干しが苦手方にはともかく、大好きな私のストライクゾーンを射抜いてくれまして…次回のオーダはこれに決定です!

またパニクっていたおばちゃん、我々が帰るころには多少落ち着きを取り戻し、お金の計算も間違いませんでした(笑)

★ 過去記事
 ラーメン日記<362> 鬼そば」
スポンサーサイト