FC2ブログ
2015/07/16 Thu 07:41 野球
年に一度の帯広シリーズ第2戦。

結果的に4時間47分の長い試合になりましたが…試合内容としては何ともピリッとしない決定打に欠く展開…

しかも負けってことになると帯広のお客さんもさぞかし疲れ倍増だったでしょう…

初回、陽の3ベースから相手のミスも絡めて2点を先制…で、2回表、いきなり李大浩にホームランを浴びたまではしょうがないですが…

その後、松田の何でもないピッチャーフライを野手連携のまずさで2ベースとし、今宮の3塁線へのサードゴロをいつものようにレアードは捕れず2ベースとして同点に…

その裏、柔らかいマウンドに悩まされるHawks先発:バンデンハークから2つの四球で無死1・2塁としながらレアードが三振、そして次の左打者の西川の際、何を思ったか2塁走者の岡が三盗を試みて失敗…これが流れを悪くした…

5回には中島のセーフティースクイズで勝ち越し、その後無死満塁と攻め立てるも…中田が併殺、近藤が四球の後、岡もチャンスを活かせず追加点を奪えず…

とりあえず上沢も5回を投げて1点リード…で、6回、当然ここは大谷?と思ったら前日の試合で打たれた谷元が登場…リベンジ登板としたかったのでしょうがまたもピンチを招き降板…左打者を迎え宮西?かと思ったら石井が登場し結果タイムリーを打たれ同点…

続く7回、今度こそ大谷?と思ったら鍵谷が登場…内川のファールフライを市川が捕れず、その後また3塁線のサードゴロをレアードが捕れず2ベースに…

これで鍵谷はすっかりビビッて李大浩にヒット、そして松田に3ランを浴びて万事休す…

9回にはレアードの代打で大谷が登場も三振…大谷の中継ぎ待機の体制は何だったのか?

ハナから客寄せパンダ的な話だったわけでもないでしょうし、まして明日のオールスター第1戦先発に向けて遠慮したわけでもないでしょう…

いずれにせよベンチはこの大谷と言うオールマイティーの切り札を使いきれず、また選手は何か「おだって」プレーが空回りして結果に繋がらず逆にミスに繋がる…

6年連続アーチがかかっていた中田もまさに空回り…おかわりにホームラン、打点と大きく離され出したことへの焦りもあるのか…オールスターで気分を変えて欲しいですね。

ってことで、首位を行くHawksとは正直戦力の絶対値に差があるのは歴然なのですから、ミスは絶対に起こさず逆に相手のミスを活かす野球をしなければ勝ち目はないですよね。

その辺りを改めて後半に向けた課題として捉えるいいきっかけになったと前向きに捕えましょう。

また陽が今季2回目、約2か月半ぶりの猛打賞も後半に向けての光明!

球宴を挟んで20日のEagles戦からペナントレースは再開…ドーム参戦します!



第82戦 福岡ソフトバンクホークス(7月15日 帯広の森野球場)


  4-7  寺原  鍵谷  なし

          李大浩 松田


 鍵谷(-5)
味方のエラーの不運はあったもののそれに動じていては救援投手
の資格はない!走者を許すと一気に「オドオド」オーラを発散…で、
松田に3ランを浴びて試合もFinish…ワンポイント起用から再建?

 レアード(+1)
記録はヒットでも明らかにエラー…松田との守備の差を見ていれば
歴然でしたね…そして相変わらずチャンスでも打てず、この日の敗戦
の影の主犯…守備位置にしても打ち方にしてもアドバイス聞いてる?



【マジック情報】

Hawks 5位以上 M43 4位以上 M48 3位以上 M49
北海道日本ハムファイターズ 5位以上 M46 4位以上 M51
千葉ロッテマリーンズ 2位以下 M50
Eagles 2位以下 M50
オリックス・バファローズ 2位以下 M43 3位以下 M46

スポンサーサイト