FC2ブログ
2015/08/22 Sat 16:51 ラーメン
GWも暦的には終わった頃…溜まっていた有休を引き続き取りましてさらに大型連休としました!

とは言え、上の娘に祖母と嫁さんに母の日のプレゼントを買いたいからと午後から買い物に付き合わされることに…

午前中出掛けていた上の娘と桑園駅で待ち合わせ…で、当初は近くの大型ショッピングモールでの昼食も考えていましたが、以前より娘が「二郎」に行ってみたいと言っていたのを思い出し、意向を聞いたところ二つ返事でOK。

数分、車を走らせ近くのパーキングに駐車しお店の方へ…GWが明けたせいもあり店内外共に待ち行列なし!すぐにカウンター席へ案内されました!

厨房のスタッフは男性のマスター、そして清水実紗似の女性スタッフ…この女性の方が厨房ではマスターと笑いの絶えない会話、そしてお客さんが来ると丁寧に明るい声でしっかり応対してとても好感を持てますね。

ややすればむさ苦しくなりそうな店の雰囲気を明るくしてくれています。

一方、椅子が結構ギシギシいいますね…前回来たのは約2年前、開店から1か月経過した辺りでその時から時間も経ち什器にも年期が入ってきたってところでしょうか?

で、オーダは控え目に「小豚」を…但しこの2年でトッピングが増えたようでそのうち生姜と卵(700+50+50=¥800)をオーダ。

もう一つのタマチ(玉ねぎをキムチ風味に味付けた酢漬け?)は次回のお楽しみってことで…

で、札幌店ではお店の方からは「ニンニク」のみ聞いてきますので、当然の如く「投入」でオーダします。

ふと見ると娘の隣に座っている方、食事中に一度トイレに向かわれ気合を入れ直して再び「小」へ挑んでいますが、同じものをオーダした方のそんな姿を見るとやや不安になって参りますねぇ…^^;

で、数分で登場!

ラーメン二郎 札幌 

いやぁ、さすがにいくら「小」と言えどもそのボリューム感には圧倒されますね。

で、まずは山盛り状のヤサイたちですが「天地返し」する勇気がなく、小まめに混ぜていきます。

スープですがお馴染みの濃い口醤油味…ヤサイからの水分も出ているのかやや薄目に感じました…が、後にそれは単に「混ぜ」が足りなかったっていうことを痛感させられます。

東京方面のスープに比べればアブラも少な目?これは土地柄を意識したせいなのでしょうか、これは道産子に合います。

麺もお馴染みの極太縮れ麺。茹で加減もしっかりモチモチ感とコシを感じさせる固さで程よい感じ。

ようやくヤサイが捌けてきたこの辺りからスープの濃さを感じるようになり…。

で、トッピングの「ヤサイ」「ニンニク」そして「肉」については今更何も言うことはないでしょう。

ニンニクの痺れ感もなく、また肉の冷たさもなく脂身の比率もそんなに高くない感じですね。

で、この辺りで追加トッピングを一気に投入!生姜は先般紹介した別のお店でもそうでしたが、醤油味をとても引き立てる力があるんですね!一気に醤油の濃厚さが炸裂してきました!

そして生卵は地元インスパイア系の「S」さんからの逆輸入なのか?

無意識のうちに溶き卵として丼に展開!想定の通り円やかに…いやそれ以上スープの甘み、そしてここでもさらに濃さを引き立てた感があります。

冷静に考えると「S」さんでやったようにすき焼き風よろしくつけ麺とすればよかったかな?そうこうしているうちに当初の不安を他所にあっという間に完食していました。

同行の娘は普通盛りをオーダでこちらもしっかり完食!味や雰囲気に大変満足していました…

で、ちなみに横のお客様、我々が完食した時点でまだ1/3くらいの麺とスープが残っていて表情も悶絶&苦悩&後悔の念が一杯…

甞めてたんだね二郎を…

★ 過去記事
 ラーメン日記<270> ラーメン二郎」
スポンサーサイト