FC2ブログ
2016/02/27 Sat 19:08 ラーメン
この日は嫁さんと下の娘、さらに上の娘がそれぞれ用事があり、相変わらず週末暇な私は嫁さん・下の娘ペアのお迎えを指令され、それまでの間はお迎え先の近くにある屯田の某スーパー銭湯へ行くことに!

で、その前に昼食ってことで、普段なかなか北方面のエリアに足を運ぶ機会が少ないので、せっかくだからと新琴似・新川・屯田あたりのエリアでラーメン屋さんを物色。

その中で長年にわたり札幌のラーメン屋さんの中で人気店として君臨し、西岡に支店を出したり狸小路にはカレー屋さんを出したりと、挑戦的な進化(?)を遂げている新琴似の「黒帯」さんに決定です。

このブログでは紹介したことはないですが、今から5年位前に一度行ったことがあり、その際は開店直後にも拘わらず長蛇の列で30分くらい待った記憶が…そのせいかちょっと足も遠ざかってしまっていたかなぁ?

この日は既に14時を過ぎていたせいか、さすがに待ち行列もなく、店内にも帰り際の客のみで、すんなりと着座できました!

オーダですが、かつては結構濃厚系のメニューが中心だった記憶がありますが、今はバラエティに富んでいる感じですね。

その中で狙っていたのはあっさり系の「潮麺 真髄」(¥760)…2010年の某雑誌の塩部門で1位を獲得してたんですね!

店のHPには…

「可能な限りの添加物を排除し、利尻昆布・貝柱・煮干し・鰹節・椎茸・スルメ等の天然食材のハーモニーにより、完成したスープ(究めました!)を使用。しかも低カロリー。!!これぞ真髄!!
燃料消費は従来のものの10分の1だから、作り上げるまでの二酸化炭素排出量がきわめて少ない、地球に優しく、体にも優しいエコ(eco)らぁめんです!」

と豪快に歌われているメニューですから期待十分!

ってことでオーダから10分程度で品物が登場です。

黒帯 

スープは見た目も綺麗な透明感のある塩味、HPにもあったように魚介系を中心とした出汁がしっかりと活かされている、いや引き出されていますね!

強いインパクトのある味ではないですが、自然とスープが飲まさってしまう、そんな味で美味いです。

麺は細縮れ麺、スープを絡めつつも自らの味をしっかりと主張しています。

そんな意味ではスープとお互いに味の主張がありバランスはギリギリの線かもしれませんが、ほどよい固さの茹で加減もよく、麺自身のの美味さも感じさせてくれています。

で、トッピングは柔らかいチャーシュー、ナルト、大柄のメンマ、焦がしネギに普通のネギ、糸唐辛子、味玉、青梗菜、そして炙り油揚げが面白い!ってことで丼内に9種、さらに別の器には味のバリエーションを変える柚子皮、梅、柚子胡椒(?)の3種の付け合わせで合わせて12種類!

どれもそれぞれが自らの個性を放ちつつも全体のバランスは損なわない。

これだけの多彩なトッピングにお目に掛かることはなく、また全体としてもしっかり美味さがある!

さすがに長い間人気を維持してきただけのことはありますね!次回は伝統(?)の濃厚系、もしくは系列店にも行きますね!

 らぁめん道場 黒帯 本店
 札幌市北区新琴似6条16丁目4-12 岡田ビル1F
 ☎:011-765-8021
 営業時間:11:30~15:00/17:00~21:00(土日祝は通し営業)
 定休日:なし(年末年始を除く)

URL:www.kuroobi.biz/


大きい地図・ルート検索  ( powered by ゼンリン地図 いつもNAVI )