FC2ブログ
2016/04/30 Sat 08:14 野球
昨日から幕張のQVCマリンでMarines戦。

最大13mを超える強風の中、GWに肖りバックスクリーン上のポールに掲げた3匹の鯉幟のうち2匹はこの風でいつの間にか東京湾に帰ってしまいまして…

同じようにFightersの貯金の夢もこの強風に飛ばされてしまいました…

先発:メンディー、さらにその後の加藤も、この強風によるゴミの散乱や砂埃で度々タイムが取られてリズムに乗れないのはあったでしょう。

二人合わせて与四死球8…勝ち越し、さらにダメ押しの2点が四球をトリガとした失点であり…

また同点とされた中村のヒット、清田の2ラン、そして勝ち越しのナバーロの犠飛もボール先行でノーストライクからの痛打でした。

無駄な四球は絶対回避しなければならず、一方でカウントが悪くなってからのストライクを不用意に取りに行ってはならず…こんな天候だからこそと思う一方、そもそも天候によらず基本的なセオリーが守れていないところに敗戦のカギがありましたね。

そして打つ方はMarines:涌井の老獪かつ粘り強い投球の前に往なされた感じ…先制し追加点が欲しい3回表無死2・3塁のチャンスで中島、賢介、そして中田が凡退して追加点が取れなかったのが、あまりに痛い…

涌井を立ち直らせるきっかけになってしまいましたね。

ということで4月期の勝ち越しの夢は飛ばされ、本日のゲームで最低限の目標:5割を目指すことになります。

相手は難敵:スタンリッジであり、こちらはバース…正直、この対決で白星へのキーとなるのは、調子の上がらない中田、レアードの快打!

ホームランと言わずとも長打でチャンスメーク、ポイントゲットの中心に2人がなってもらわなくてはチームの調子も上がらない!



第27戦 千葉ロッテマリーンズ(4月29日 QVCマリンフィールド)


  3-4  涌井  メンドーサ  西野
          清田


 メンドーサ(-2)
強風の影響でメンタル面の弱さも刺激され5回持たずに6与
四球で逆転を許しての降板…規定回数を超える投手でK/BB
が1未満は彼だけ…制球の改善が勝ち星を増やすカギに…

 中田(-1)
調子が上がらない…この強風をむしろ強みにしての活躍を
見たいが…3度のチャンスに凡退は痛かった…打点は多くと
も勝利打点は少…全てが平均点の成績では4番の脅威なし!
スポンサーサイト